【インタビュー】『アラジン』中村倫也「大人になったから納得するようなせりふも数々ある」 木下晴香「年齢を重ねることで魅力を感じるところが変わっていく」

2019年6月17日 / 18:30

-本作では、アラジンとジャスミンの運命の出会いが印象的ですが、お二人は運命の出会いに憧れはありますか。運命を信じますか。

木下 もし、この人だと思う人が現れたらと思うとすごくドキドキしますし、1回はそういった経験もしてみたいなって思います。舞台ではそういう出会いのシーンを演じたことはあるんですが、(運命の出会いをしたら)天にも昇る気持ちということは役を通して経験したので、すてきなものだとは思います。

中村 僕は、まだ起こっていないことを、運命だと信じることはないです。ただ、過ぎ去ったことを振り返ったときに、もしかしたらあれは必然だったのかなって思うことはあるかもしれない。何事も努力して勝ち取っていくものだと思っているので、そうして勝ち取ったものが運命と呼べたらすてきだなと思います。

-男性から見ると、劇中のアラジンとジャスミンの“運命の出会い”はどう感じますか。

中村 僕は(性格が)ひねくれていますし(笑)、作る側の人間なので、一般的な男性と見方が違うかもしれませんが…、“運命”ということであれば、例えばこうして取材を受けて話していることも一つの出会いだと思いますし、街ですれ違うことも一つの出会いだと思います。そこから、恋愛関係になったり、師弟関係になったり、仕事のパートナーになったりと、関係が深まったり、変化していって初めて“運命”だと思うので、大事なのは関係がどう変わるか。アラジンとジャスミンも、偶然出会って、アラジンがジャスミンを助けて一緒に逃げて、話をしてみたら意見があって、という積み重ねが大事だったんだと思います。

(取材・文・写真/嶋田真己)

(C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」竹野内豊「ゆり子さんには、女優さんに感じる壁が全くない」石田ゆり子「竹野内くんはミントガムみたいな人」15年ぶりの共演を語る

ドラマ2021年5月15日

 東野圭吾原作の「連続ドラマW 東野圭吾『さまよう刃』」(全6話)が、5月15日からWOWOWで放送・配信される。男手一つで育ててきた娘を少年たちに惨殺され、復讐(ふくしゅう)の道に走る主人公・長峰重樹を竹野内豊が演じ、長峰の正体を知りつつ … 続きを読む

【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」松本まりか 「殴りたい衝動に襲われた」体当たりで挑んだDVシーンを語る

ドラマ2021年5月14日

 松本まりかが連続ドラマに初主演する「WOWOWオリジナルドラマ 向こうの果て」が5月14日から放送される。本作は、ドラマ・舞台・小説の三つのコンテンツで展開されるオリジナルシナリオの連動プロジェクト。昭和60年の東京を舞台に、放火殺人を犯 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第十三回「栄一、京の都へ」 栄一と喜作「生涯の相棒」の新たな魅力を引き出した珍道中

ドラマ2021年5月13日

 慌てて荷物をまとめる喜作(高良健吾)の様子を見た栄一(吉沢亮)は、「おい、何してんだ?」と声を掛ける。すると喜作が「え、逃げるしかねえだんべ!」と答え、それに続いてこんな珍問答が行われた。  「どこへ?」(栄一)、「えっ、どこかしらに。  … 続きを読む

【インタビュー】舞台「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第7弾 横山由依「初めての挑戦となる喜劇」ジャズドラムも初披露

舞台・ミュージカル2021年5月13日

 熱海五郎一座「Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー ~日米爆笑保障条約~」が5月30日から、新橋演舞場で上演される。本作は、“東京の笑い”を継承すべく、2006年に三宅裕司を座長として旗揚げした「熱海五郎一座」の新橋演舞場シ … 続きを読む

【映画コラム】記憶や脳内こそが最大のミステリー『ファーザー』

映画2021年5月13日

 ロンドンで独り暮らしをしているアンソニー(アンソニー・ホプキンス)は、認知症で記憶が薄れ始めていたが、娘のアン(オリビア・コールマン)が手配した介護人を次々に拒否する。  そんな中、アンソニーはアンから、新しい恋人とパリで暮らすと告げられ … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top