【インタビュー】「S.W.A.T.シーズン2」相葉裕樹 ド派手なアクション海外ドラマに「ジムが何をしでかすか分からないワクワク感も楽しみ」

2019年6月19日 / 12:00

 1970年代の人気TVシリーズ「特別狙撃隊 S.W.A.T.」のリブート版となる海外ドラマ「S.W.A.T.」。米ロサンゼルスを舞台に、多発する凶悪事件に果敢に立ち向かう精鋭S.W.A.T.チームの活躍を描く全米大人気のアクション超大作だ。そのシーズン2がスーパー!ドラマTVで6月28日(金)から独占日本初放送される。今回は、S.W.A.T.チームのメンバーの一人であるジム・ストリートの吹き替えを担当している相葉裕樹に、作品の魅力や、シーズン2の見どころなどを聞いた。

相葉裕樹(スタイリスト:小田優士、ヘアメーク:福岡亜樹)

-シーズン1では海外ドラマの吹き替え初挑戦でしたが、シーズン2の吹き替えに臨む今の心境は?

 シーズン2が始まってくれて、本当にありがたいです(笑)。また挑戦させていただけるんだという気持ちが強いです。シーズン1では、ようやくジムというキャラクターに慣れてきたところで終わってしまったので、シーズン2ではもっといろいろなことを学びながら演じたいです。

-吹き替えをしてみて、どんなことを感じましたか。

 今まで声優としてはアニメはやらせていただいているのですが、僕の声質が海外ドラマにハマるのか最初はすごく不安だったんですけど、なんとか周りのキャストの皆さんに寄せるということで切り抜けてきました。収録初日はずっとドキドキでした。試行錯誤の繰り返しでシーズン1の3話ぐらいまでのジムの声を聴くと、やっぱり探っているのかなっていう感じはすごくしますし、後半になるにつれて、ちょっとなじんできたかなとは思います(笑)。

-本作の魅力を教えてください。

 ド派手なアクションはもちろんですけど、それぞれの人間ドラマや人間模様が本当に細かくリアルに描かれている点です。それに1話完結型で、起承転結がとても見やすい作りになっています。それと、本作はジム自身の成長物語でもあります。無鉄砲で未熟な部分が多いんですけど、才能もあるし、愛嬌(あいきょう)があって人に嫌われない魅力があるんです。ジムが何をしでかすか分からないワクワク感も楽しみだと思います。

-ジムに共感できる面はありますか。

 たくさんあります。先を考えずに行動してしまうとか、自分を誇示するために強気で無鉄砲に出てしまう部分というのは理解できます。若いときに人にかみついたりすることは誰にでもあったと思うんですけど、ジムもいろんな人にかみついて未熟なままなんです。本質としてそういう部分があるということに関しては理解できます。ジムのお母さんはずっと監獄の中にいたこともあって、彼は素直ではあるんですけど、愛情を注がれて育っていないのでゆがみはするだろうなということも理解できます。でも、ジムというのは感情移入をしやすいキャラクターなんです。それに、未熟な部分がちょっとかわいかったり、ちょっとワクワクしたりして、応援したくなるキャラクターでもあります。

-シーズン1のラストは、ジムがS.W.A.T.チームを脱退させられるという驚きの展開でした。シーズン2のジムにはどんなことが待ち受けていますか。

 ジムが街のパトロール警官として働きながらも、S.W.A.T.にどう復帰するかです。ジムはシーズン1でも未熟だったんですけど、シーズン2でも未熟なままなんです(笑)。どのように成長してくのかというのもまた見どころだと思うんですが、成長しない可能性もあるかもしれないです(笑)。シーズン2の全編を通してパトロール警官のままかもしれません(笑)。そんなジムがシーズン2ではどのように変化して成長していくのか、というのが、また気になって、見てくれる方もたくさんいるんじゃないでしょうか。

-その他にシーズン2の見どころを教えてください。

 S.W.A.T.チームが意外と恋愛に対して積極的だなというのが面白いです。ジムもシーズン1からデートアプリを使っていたりとかしていましたよね。S.W.A.T.のみんなはヒーロー的なイメージがあるんですけど、実際は人間として欠落している部分がどこかにあるんです。そこに人間味があって、一人一人のキャラクターがさらに際立ってくるという気がしています。

-この作品内ではS.W.A.T.チームを“家族”と表現していますが、海外ドラマの吹き替えキャストの皆さんもシーズンを重ねるごとに“家族”という感覚が芽生えるそうです。シーズン2で久しぶりに会った吹き替えキャストの皆さんとの共演はいかがでしたか。

 アフレコ現場でしか顔を合わせる機会がないので、そういう感覚が芽生えるのはシーズン2からだと思います。シーズン1でようやく緊張が解けたので、シーズン2で皆さんの輪の中にもう一歩踏み込めるんじゃないかという段階です(笑)。

-その感覚はシーズン1のジムと似ていますね。

 そうですね。本当にそんな感じでしたから、シーズン2ではもっと皆さんとコミュニケーションを取りながらやっていきたいです。

-収録現場の雰囲気はいかがですか。

 海外ドラマの声優さんとお芝居をするという経験がなかったんですけど、僕がみんなの輪に自然と入れるような空気を先輩方が作ってくださったんです。だから、緊張はしていたんですけど、緊張感のある中でも和気あいあいとした空気感で収録に臨めました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

【映画コラム】ロバート・レッドフォードの俳優引退作『さらば愛しきアウトロー』

映画2019年7月15日

 度重なる銀行強盗と16回の脱獄を繰り返しながら、誰もあやめなかった74歳の紳士的なアウトロー、フォレスト・タッカーの“ほぼ真実の物語”。タッカーを演じたロバート・レッドフォードの俳優引退作でもある『さらば愛しきアウトロー』が公開された。原 … 続きを読む

【インタビュー】男劇団 青山表参道X 第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」栗山航&西銘駿&塩野瑛久&定本楓馬「1年間の成長を見て」

舞台・ミュージカル2019年7月13日

 オスカープロモーション初の男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」(以下、O―AOX)による第2回公演「ENDLESS REPEATERS―エンドレスリピーターズ―」が7月20日に開幕する。今回は、O―AOXのメンバーが3チー … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top