【インタビュー】劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎《亞》alternative『けむりの軍団』清野菜名「『これぞ新感線』というものがたくさん入った作品に」

2019年6月7日 / 12:00

 劇団旗揚げ39周年を迎えた劇団☆新感線が、感謝の気持ちを込めて“39サンキュー興行”と銘打った興行を開催中だ。生田斗真が主演した“春公演”『偽義経冥界歌』に続き、“夏秋公演”では倉持裕が書き下ろす、いのうえ歌舞伎《亞》alternative『けむりの軍団』の上演が決定。劇団員生活35年目という節目を迎える古田新太が主演し、黒澤明作品などの名作映画へのオマージュをちりばめた娯楽時代劇で観客を魅了する。正室として嫁いだ家を飛び出し、古田演じる十兵衛らと共に珍道中を繰り広げる姫君・紗々姫を演じる清野菜名に、公演への思いを聞いた。

紗々姫役の清野菜名

-『髑髏城の七人』Season 花(以下、髑髏花)以来、2度目の新感線の舞台になりますね。

 一度出演させていただいて、またこうやって呼んでいただけるのはすごく光栄なことだと思います。今回、記念すべき古田(新太)さんの35周年ということで、これからも歴史として残っていくであろう回に自分も参加できるのはとてもうれしいです。

-髑髏花以前から新感線の作品はご存知でしたか。

 はい! なかなかチケットが取れないので劇場では見ることができなかったのですが(笑)、実は高校生のときに(劇団員の)オーディションを受けたこともあるんです。なので、髑髏花の出演が決まったときは夢みたいで、憧れていた人たちに囲まれて同じ舞台に立てることが感慨深くて、一生懸命頑張ろうと思いました。

-清野さんは、本格的な時代劇は本作が初挑戦だそうですね。制作発表では「苦戦しそうだ」という言葉もありましたが。

 台本を読んでも分からない言葉ばかりで、一つ一つ調べながら読みました。なので、最初に読んだときはなかなか話が入ってこなかったんです。(共演者の)皆さんは本当にすんなり意味が入ってきているのかな。1回で読めているのかなって、今、気になっています(笑)。

-時代劇は言葉が独特ですから。では、本作で魅力を感じたのはどんなところですか。

 新感線は、“装置”がたくさんちりばめられていて、からくりがいっぱいあるじゃないですか? 今回もそういった新感線らしい“装置”が仕掛けられているので、私自身もどういうふうに繰り広げられるのか楽しみです。

-早乙女太一さん、須賀健太さん、そして清野さんが出演するということで、アクションにも期待が高まります。アクションシーンは多いのでしょうか。

 実際にどこまであるのかはまだ分かりませんが、せっかくの新感線の舞台なのでたくさんやりたいなとは思っています。

-主演の古田さんとは髑髏花に続いての共演になりますね。古田さんの印象は?

 安心感がある方だと思います。髑髏花では古田さん(の登場シーン)は途中からだったんですが、その場の空気を一瞬で変えてしまう力を持ってらして、本当にすごい方なんだなって思いました。どこの場にいっても主(ぬし)な感じがして(笑)。ドシッと構えていて、すごく大きな人だなと思います。

-早乙女さんと須賀さんの印象は?

 早乙女さんは、踊るような、舞いのような剣さばきが素晴らしくて、うっとりと見ほれてしまうほどなので、そんな方のアクションを生で、稽古場から見られるっていうのはぜいたくだなと思っています。健太くんは、やっぱりお芝居がうまいですよね。健太くんの舞台は、「髑髏城」のSeason 月〈上弦の月〉で初めて見させていただいたんですが、さすがだなって。今まで、映像の現場でしかご一緒してなかったので、舞台でも共演できるのがうれしいです。

-髑髏花での、いのうえひでのりさんの演出はいかがでしたか。

 いのうえさんが身振り手振りをつけて全部やってくださるので、とても明確で分かりやすいんですが、それって結局いのうえさんがやるのが一番面白いんじゃないかって思っちゃって(笑)。いのうえさんに勝てないぞっていう不安を持ちながら稽古していましたが、今回も一生懸命やりたいと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

【インタビュー】映画『アンダードッグ』森山未來、勝地涼「この映画が、皆さんの背中を押せるようなものになればいいと思います」

映画2020年11月20日

 多数の映画賞を受賞した『百円の恋』(14)から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳らのスタッフが、再びボクシングを題材に、不屈のルーザー=負け犬たちに捧げた映画『アンダードッグ』が、11月27日から公開される。本作で、主人公の崖っぷちボクサー … 続きを読む

page top