【インタビュー】「生中継!第73回トニー賞授賞式」井上芳雄 堂本光一との共演に「やりやすさは2倍、負担は2分の1」

2019年6月7日 / 12:00

 演劇、ミュージカルの世界における世界最高峰のトニー賞。第73回となる今年度の授賞式が6月10日(日本時間)に開催される。WOWOWではこの様子を生中継で放送。番組のナビゲーターは、昨年に続き井上芳雄が務める。井上といえば、「ミュージカル界のプリンス」とも呼ばれ、日本のミュージカルシーンを引っ張る俳優の一人だ。そして、同番組には6年連続で出演し、番組の顔ともなっている。今回、そんな井上にトニー賞の楽しみ方、そしてスペシャル・ゲストとして番組に出演する堂本光一について聞いた。

「生中継!第73回トニー賞授賞式」ナビゲーターを務める井上芳雄

-多くのミュージカル作品に出演されている井上さんですが、ミュージカルの魅力はどんなところにあると感じていますか。

 ミュージカルは、物語の中に歌と踊りが入っているのが特徴です。物語だけ見ても、素晴らしい作品がたくさんあり、さらにそこに歌とダンスが加わるので、間口が広いジャンルだと思います。例えば、言葉が分からなくても、楽しさやうれしさ、悲しみが歌やダンスを通して伝わってくるので、幅広い方に楽しんでいただけると思います。

-「トニー賞」は井上さんにとってどんな存在ですか。

 僕は小学校4年生ぐらいのときにミュージカルと出会ってから、興味の第一がずっとミュージカルなんです。ミュージカルはブロードウェーで生まれたものなので、その生まれた場所でどんなものが最新なのかということに、興味が尽きないんです。それを知ることができる重要なショーがトニー賞なんです。毎年、よくこんなに新しい作品が生まれるなというぐらい、驚きの作品がノミネートされるので、とても刺激を受けますし、自分ももっと頑張らなきゃいけないなとも思います。過去にトニー賞で数々の賞を取った作品には、映画化もされた「レ・ミゼラブル」やディズニーの舞台化作品もありますので、きっとこれからも、皆さんの目に留まる作品がここから生まれてくると思います。知名度はアカデミー賞にかないませんが、それでも少しずつ認知されていると思いますし、僕は注目し続けている賞です。

-「トニー賞授賞式」でナビゲーターを務めるに当たって、楽しみにしていることは?

 毎年、ゲストの方に来ていただいているんですが、今年は、堂本光一くんが来てくださいます。光一くんとは(同番組の取材および「トニー賞直前SP 2019~僕たちのブロードウェイ物語~」収録のため)一緒にニューヨークにも行きました。当日も一緒に賞の行方を見守ってくれます。光一くんが参加してくれることで、さらに番組に広がりもできると思うので、楽しみしかないです。もちろん、どの作品が受賞するのかというワクワクやドキドキもあります。

-堂本さんも舞台愛に満ちあふれた方だと思いますが、井上さんから見た堂本さんはどんな方ですか。一緒に行かれたニューヨークの思い出も教えてください。

 昨年、ミュージカル「ナイツ・テイル-騎士物語-」という作品でご一緒してから、公私ともども仲良くさせていただいているんですが、とはいえ、海外に1週間一緒に行くというのは初めてだったので、とにかく楽しみでした! 実際に、すごく楽しかったです。日本では、お互いの作品を見に行くことはあっても、一緒に観劇することはほとんどないので、一緒に観劇できたこともすごく面白かったです。毎晩、見終わったら、お酒を飲んで、感想を言い合っていたんです。別々の作品を見た日もあったので、光一くんが見た作品の感想を聞いたり、僕が見た作品について話したりしました。
 その中で、光一くんは舞台裏のことにもすごく興味を示しているなと思いました。光一くんは、「SHOCK」で演出もしているからかもしれませんが、「この装置はどこにしまってあるんだろう」とか、「バトン(舞台セットをつるして昇降させるパイプ)が何本ある」とか、そんなことも話していました。正直、僕は役者さんや彼らの歌い方には興味があるけど、舞台裏のことにはあまり興味がなくて(笑)。光一くんはそういうところも含めて楽しんでいるんだなっていうのは感じました。

-ニューヨークでは、多数のノミネート作品をご覧になったそうですが、今年のノミネート作品の傾向があれば教えてください。

 今年は超目玉作品はないですが、拮抗している作品がたくさんあって、どれが賞を取るか分からないという雰囲気があります。それから、すごく多様性が進んでいることを感じました。もちろん、ニューヨークの街自体、もともと多様性の嵐なんでしょうが、僕が観劇した作品は、ほとんどのヒロインが白人ではなかったし、徹底して多様性を追求している作品が多いように思いました。レズビアンの高校生が主役の「ザ・プロム」という作品がノミネートされていますが、そういうLGBTQをテーマにした作品も当たり前のようにあります。多様性のある街で、いろいろな人がいて、いろいろな問題がある中で、どうにか融合して生きていくという、今の時代を表している気がします。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】名作アニメを27年ぶりに実写映画化した『アラジン』

映画2019年6月15日

 「千夜一夜物語」の「アラジンと魔法のランプ」を原案に、自分の居場所を探す貧しい青年アラジンと、自由に憧れる王女ジャスミン、そしてランプの魔人ジー二―の運命を描いたディズニーのアニメーション映画『アラジン』(92)が27年ぶりに実写映画化さ … 続きを読む

【インタビュー】『柴公園』渋川清彦 「主演に興味ない」淡白な言葉の裏に垣間見える役者のプライド

映画2019年6月14日

 作品の脇を締め、時には主役を食うほどの演技力を見せつける“バイプレーヤー”。その一人として、多くの監督から起用を望まれる俳優・渋川清彦。昨年は映画14本、今年も5本の作品に名を連ねている。その渋川が、ついにドラマ「柴公園」で初主演を果たし … 続きを読む

【インタビュー】『女の機嫌の直し方』早見あかり 結婚と成長による著しい変化! 原因不明のイラつきも芝居に対する苦痛も解消

映画2019年6月14日

 あるカップルの結婚式を舞台に、リケジョの真島愛が脳科学を駆使して男女トラブルを解決するハートフルコメディー映画『女の機嫌の直し方』(6月15日公開)に主演した早見あかり。昨年末に結婚してラブラブな結婚生活を送る早見にトラブルはなさそうだが … 続きを読む

【インタビュー】舞台「殺してもいい命」篠田麻里子、結婚で役柄への思いも変化「自分のことよりも人のことを思いやれる人間になった」

舞台・ミュージカル2019年6月14日

 映画・ドラマ化もされ、大ブームを巻き起こした秦建日子のベストセラー小説『刑事 雪平夏見シリーズ』。2018年2月にはテレビドラマ&映画『アンフェア』の原作となった推理小説の続編「アンフェアな月」が篠田麻里子主演で初舞台化された。そして、6 … 続きを読む

【インタビュー】『泣くな赤鬼』柳楽優弥「十代の頃を思い出し、ものすごく共感しました」川栄李奈「柳楽さんとようやく、きちんとした夫婦を演じることができました」

映画2019年6月12日

 ベストセラー作家・重松清の短編集『せんせい。』所収の同名小説を映画化した『泣くな赤鬼』が、6月14日から全国公開となる。本作は、1人の高校教師とその教え子の再会を描いたヒューマンドラマだ。かつて甲子園出場を目指し、その熱血指導から“赤鬼先 … 続きを読む

page top