向井理「泣くのをこらえていました…」 志尊淳「向井さんはものすごくクレバーな方」

2018年7月23日 / 16:25

向井理(左)と志尊淳

 NHKスペシャルドラマ「太陽を愛したひと~1964あの日のパラリンピック~」の試写会が23日、東京都内で行われ、出演者の向井理、志尊淳が登場した。

 本作は、1964年の東京パラリンピックを成功に導き、その後は障害者の自立のための施設を設立するなど、障害者の社会復帰に一生を捧げた伝説の医師・中村裕の人生を描く。

 中村を演じた向井は「中村先生が生きた時代と信念のエッセンスを、どれだけ表現できるかを考えて演じました。こういう人がいたからこそ、今の日本や、パラリンピックの環境が恵まれているんだなと思います。2年後のオリンピック、パラリンピックの先駆けとしての作品になればいいなと思います」とアピールした。

 また「台本では声に出して泣きそうになるようなシーンがたくさんあったんですけど、中村先生は人を泣かせるために言っているのではなくて、心の底から出てくるものが人の心を動かしているのだと思うので、泣いちゃいけないなって、こらえながら演じました」と撮影時を振り返った。

 事故で車いす生活を余儀なくされた患者のアキラを演じた志尊は「アキラは僕が経験したことのない境遇の青年なので、役柄に寄り添って、間違った表現をしないことを心掛けました」と語った。

 「共演してみて、お互いの印象は?」と聞かれると、向井は志尊について「真面目で器用な方です。車いすも、初めて現場で会ったときから(基本テクニックの)ウイリーができていましたし、うらやましいなって思いました」と回答した。

 一方、志尊は向井について「ものすごくクレバーな方で、現場でもクリエーティブなお話をされていて、大きい背中でした」と語った。

 ドラマは、8月22日午後10時から放送。


芸能ニュースNEWS

戸塚祥太「最初は絶望ぐらいからスタート」 ビートルズ創成期のメンバー役で一からベースを練習

舞台・ミュージカル2019年5月25日

 舞台「BACKBEAT」のフォトコールおよび囲み取材会が25日、東京都内で行われ、出演者の戸塚祥太(A.B.C-Z)、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平、演出の石丸さち子氏ほかが出席した。 … 続きを読む

西島秀俊「熱気を感じてわくわくしている」 斎藤工「見守る側になりたい」

トレンド2019年5月25日

 ジョルジオ・アルマーニ史上初となるクルーズコレクションを発表するファッションショーが24日、東京都内で開催され、約12年ぶりに来日したデザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏のほか、海外ゲストとしてハリウッド女優のユマ・サーマン、日本からは西島秀俊、斎藤工、上白石萌歌、剛力彩芽、鈴木保奈美、建築家の安藤忠雄氏ほかがコレクション発表に駆けつけた。 続きを読む

西島秀俊「平和の大切さを感じてほしい」 佐々木蔵之介「『空母いぶき』への参加は怖かった」

映画2019年5月24日

 映画『空母いぶき』初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の西島秀俊、佐々木蔵之介、本田翼、市原隼人、深川麻衣、藤竜也、若松節朗監督が登場した。  本作は、国籍不明の軍事勢力から攻撃を受け、戦後最大の危機に陥った日本を舞台に、命 … 続きを読む

京本政樹“大先輩”里見浩太朗と舞台初共演 「先生、私も還暦になりました」

舞台・ミュージカル2019年5月24日

 舞台「赤と黒 サムライ・魂」の囲み取材会が24日、東京都内で行われ、出演者の里見浩太朗、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)、小川菜摘、堤下敦(インパルス)、京本政樹が登場した。  本作は、往年の名俳優と次世代の … 続きを読む

松本白鸚、父の顔見せ「小さな喜び」 3人の子に自らの仕事を承継

トレンド2019年5月24日

 「松竹大歌舞伎」東コース制作発表が24日、東京都内で行われ、松本白鸚、松本幸四郎が出席した。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top