吉高由里子、仕事のモットーは「スタッフさんの名前を覚えること」 向井理は「遅刻しないこと」

2019年4月8日 / 19:36

32歳の独身OLを演じる吉高由里子

 ドラマ「わたし、定時で帰ります。」舞台あいさつが8日、東京都内で行われ、出演者の吉高由里子、向井理、中丸雄一、内田有紀、ユースケ・サンタマリアが出席した。

 本作は、朱野帰子氏の同名小説の実写化。過去の事情から「定時で帰る」をモットーにしている32歳の独身OLの東山結衣(吉高)が、くせ者モンスター社員が抱えるさまざまなトラブルを解決する様子を描く。

 イベントでは第1話が上映された。その後登壇した吉高は「16日の放送が待てないぐらいみんなのリアクションが見たくて。どうですか? 面白かったですか?」と満面の笑みで客席に質問した。

 大きな拍手を受け、司会者からOL役初挑戦であることが紹介されると「仕事をしている設定は(演じたことが)ありますけど、全体的に作品が会社の中というのは初めてです」と話した。

 ワーカホリックな結衣の元婚約者・晃太郎役の向井は「仕事は好きです。だから考えることはすごく分かります」と役への共感を語った。

 また「ただ、ブラック社員みたいなキャッチフレーズですけど、みんなが悪いことをしようとしているわけではなく、僕も含めて晃太郎も仕事が好きだったり、真面目だからこそ信念が出て結衣とぶつかると思うので、それぞれの信念があるからこのドラマは面白いのかと思います」と見どころを解説した。

 その後のトークでは、主人公にちなんで仕事のモットーを告白。ブラック上司を演じるユースケは、幅広い人間と仕事をするドラマの現場に触れ「年下の子を呼び捨てにしないというか、できない。かといってさん付けもなんじゃないですか。だから、年下の女の子はちゃん付けで、男性は君付けで呼んでいます」と気遣いを紹介。

 向井は「遅刻しないことですかね。決められた時間の中でやっていて、ドラマの1話を作るのに2週間ぐらい。それだけ膨大な時間とたくさんの人数でやっているので、そういうルールは守りながらやりたいと思っております」とコメントした。

 吉高は「スタッフさんの名前をより早く覚えることかなと思います。その方が現場に自分も入り込めるというか、楽しめる環境になるし、ちゃんと関係している実感も持てるので、そうするようになってから楽しめるようになりました」と語った。

 ドラマは16日から、毎週火曜午後10時に放送。

(左から)内田有紀、向井理、吉高由里子、中丸雄一、ユースケ・サンタマリア


芸能ニュースNEWS

永瀬廉、共演者に“褒め言葉”の復唱をおねだり 「ちょっと聞こえへんかったわ」

映画2019年5月18日

 映画『うちの執事が言うことには』の公開記念舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者でKing & Princeの永瀬廉と神宮寺勇太、清原翔、優希美青、神尾楓珠と久万真路監督が登壇した。  本作は、名門・烏丸家第27代当主となる主人公 … 続きを読む

長澤まさみ、小手伸也に“東宝シンデレラ”を譲る?! 小手「この1年で僕の生活が激変した」

映画2019年5月18日

 映画『コンフィデンスマンJP』の初日舞台あいさつが17日、東京都内で行なわれ、出演者の長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、小手伸也、織田梨沙、竹内結子、三浦春馬、江口洋介、田中亮監督が登壇した。  本作は、昨年放送の“月9ドラマ”「コンフィ … 続きを読む

松坂桃李「本当にうれしく思う」 『居眠り磐音』公開に安堵

映画2019年5月18日

 映画『居眠り磐音』の初日舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、木村文乃、芳根京子、柄本佑、本木克英監督ほかが登壇した。  本作は、佐伯泰英氏の人気シリーズ小説が原作で、松坂にとっては時代劇初主演映画となる。麻薬取締法違 … 続きを読む

阿部サダヲ「ショーケンさんに最後にたたかれた役者になると思う」 大河ドラマ「いだてん」新キャスト発表

ドラマ2019年5月17日

 NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の新たな出演者発表取材会が17日、東京都内で行われ、新キャストの麻生久美子、桐谷健太、薬師丸ひろ子、リリー・フランキー、加藤雅也、塚本晋也と、第2部の主人公・田畑政治役の阿部サ … 続きを読む

岸恵子、ショーケンとの“初対面”を振り返る 「彼は私に年齢を誤魔化して言ったんです」

トレンド2019年5月17日

 「岸恵子 ひとり語り『輝ける夕暮れ』」の囲み取材会が17日、東京都内で行われ、女優の岸恵子が、本番を目前にさまざまな思いを語った。 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top