安田顕、妻の駄目出しを明かす 「あなたのPRコメントは弱い」

2019年2月23日 / 15:13

主人公のサトシを演じた安田顕

 映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』公開記念舞台あいさつが23日、東京都内のTOHOシネマズ日比谷で行われ、出演者の安田顕、倍賞美津子、松下奈緒、大森立嗣監督ほかが登壇した。

 本作は、心は優しいけれどちょっと頼りない青年サトシ(安田)と、がんを患った母親(倍賞)との日々を、笑いと涙を交えて描いた物語。

 安田は、大勢の観客を見渡し「こんなに大きな映画館とは。もっとこじんまりとしている映画館かと思いました。超大作みたい」と驚きながらも、喜びの笑顔を見せた。

 また、自分の妻から「あなたいろんな所で宣伝しているけど、あなたのPRコメント、ちょっと弱いのよ」と、駄目出しを受けたエピソードも披露した。

 映画については「良かった」と褒めてもらったものの、「『“温かい気持ちになって、前向きになれる映画”ってあなた、言っているじゃない? それだと弱い。あともう一つ何かあるとお客さんが来てくれるんじゃない?』と言われた」と明かし、笑いを誘った。

 一方、映画にちなみ「自分にとって母親の存在とは?」という質問に安田は「僕の目の前でカレーをこぼした瞬間に『私じゃない』と言った。そういう母なんです。それまで経てきた母の人生を垣間見たような気がして…」と語り出した。

 安田は、北海道夕張市に生まれた母親について「『小学生のときは日本舞踊を習うようないいところのお嬢様だったのよ』と言うんです。でも(母の)両親がやっていた商店が潰れて親が離婚し、中学2年のときには自分で新聞配達をしていたみたいで…」と生い立ちを紹介。

 「当時田舎だから偏見の目で見られることがあったらしく『それが一番悔しかった』と。『一番うれしかったことは?』と聞くと『それはお兄ちゃんとあんたを生んだことだよ』と。そんな母がカレーをこぼしたときに、条件反射で『私じゃない』と言う姿を見て、僕はこの人から生まれてよかった、育ててくれてありがとうって思いました」としみじみ語った。

(左から)原作者の宮川サトシ氏、松下奈緒、安田顕、倍賞美津子、大森立嗣監督


芸能ニュースNEWS

向井地美音、先輩・高橋みなみの著書を推薦 杉良太郎、ATSUSHIと更生支援企画に参加

イベント2020年10月23日

 杉良太郎、EXILE ATSUSHI、AKB48の向井地美音が23日、東京都内の法務省で行われた、「読書の日2020」企画にかかるイベントに出席し、上川陽子法務大臣を表敬訪問した。  コロナ禍において、特別矯正監と矯正支援官による矯正施設 … 続きを読む

川栄李奈&池田エライザ「5G体験を楽しんで」 新iPhoneの発売をオンラインで祝う

イベント2020年10月23日

 KDDI「iPhone12 Pro/iPhone12発売イベント」が23日、オンラインで開催され、同社のCMで織姫役を演じる川栄李奈、親指姫役を演じる池田エライザが出席した。  この日の午前8時、au5Gに対応した初めての「iPhone1 … 続きを読む

小栗旬「星野源ボイスは“罪な声”」 「気持ちを穏やかにさせる声の持ち主」

映画2020年10月23日

 映画『罪の声』公開直前イベントが22日、東京都内で行われ、出演者の小栗旬、星野源と土井裕泰監督が登壇した。  本作は、未解決のまま時効となった昭和の大事件をモチーフにした塩田武士氏の同名ミステリー小説を映画化。事件の真相を追う新聞記者・阿 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子演じる華が出産 「円城寺さんのダンスが意味不明で元気出た」

ドラマ2020年10月23日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第2話が、22日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の許されない恋愛を描くラブコメディー。  今回 … 続きを読む

「七人の秘書」木村文乃、菜々緒、大島優子らが悪を倒す 「現代版必殺仕事人」の声も

ドラマ2020年10月23日

 木村文乃が主演するドラマ「七人の秘書」(テレビ朝日系)の初回が、22日に放送された。  本作は、東都銀行常務秘書の望月千代(木村)、照井七菜(広瀬アリス)、長谷不二子(菜々緒)、朴四朗(シム・ウンギョン)、風間三和(大島優子)と情報屋の鰐 … 続きを読む

page top