高杉真宙、舞台あいさつで“涙”を我慢 「ちょっと待って。絶対に嫌なんです!」

2018年9月1日 / 14:48

必死に涙をこらえる高杉真宙

 映画『君の膵臓をたべたい』の初日舞台あいさつが1日、東京都内で行われ、声優を務めた高杉真宙、Lynn、藤井ゆきよ、内田雄馬、和久井映見と牛嶋新一郎監督が登壇した。

 本作は、2017年に公開された実写版映画もヒットを記録した、住野よる氏の人気小説を劇場アニメ化したもの。主人公の「僕」と膵臓(すいぞう)の病気を抱えるヒロイン「桜良」のみずみずしい関係性を、アニメーションならではの幻想的な世界観で描く。

 「僕」役で声優に初挑戦した高杉は「今回この作品に関わることができて改めて良かったと思っています。冷静にここに立っていますが、めちゃくちゃ心の中で盛り上がっていて…。今までにない感情。緊張ももちろんあるのですが、どんどん素の僕が出てきそうで、ずっと押さえつけている感じがあります」と本音を漏らした。

 司会者から「それだけ本作が好き?」と聞かれると、「全然、ここで『大好きで~す!』って叫べます。皆さんがいるから、はしゃぐのもアレですが、なかなか舞台あいさつでここまで変な気分になることもない。恥ずかしい」と語り、うつむいた。

 この日は、劇中に登場する「真実か挑戦か」ゲームを実施した。「ステージ上の誰かをお姫さま抱っこする」という「挑戦」を選んだ高杉は、「準備はできている」とアピールしてきた内田を抱っこ。内田が「最高だぜ!」と喜ぶと、高杉も「力強さを感じました」と語り、会場を盛り上げた。

 そんな高杉だったが、最後のあいさつでは感極まり涙する場面も。「いろんな人と出会い、この作品に参加することができて本当に良かった」と語ったところで、声が震え出した。

 「ちょっと待ってくださいね。絶対に嫌なんです!」と歯を食いしばり、客席に背を向けた高杉。前に向き直ったものの、涙をこらえるのに精いっぱいで言葉が続かず、「くそ~」「(カメラマンに)パシャパシャされてるなぁ」と語り、苦笑いを浮かべた。

 それでも高杉は、必死に「本当に大好きな作品になりました。皆さんにも大好きになってもらえたらうれしい。ありがとうございます」と思いを伝え、目に涙を浮かべながらイベントを締めくくった。

内田雄馬(左)をお姫さま抱っこする高杉真宙


芸能ニュースNEWS

木村佳乃主演「恋する母たち」“禁断の恋”に反響 「実際にやられたら嫌だけど、不倫ドラマは大好き」

ドラマ2020年10月31日

 木村佳乃が主演するドラマ「恋する母たち」(TBS系)の第2話が、30日に放送された。   本作の原作は柴門ふみ氏。脚本を大石静氏が担当し、息子が同じ有名私立学校に通う3人の母親・杏(木村)、優子(吉田羊)、まり(仲里依紗)の恋愛と友情を描 … 続きを読む

北村匠海「今日ここに立つことが少し怖かった」 「僕は決してかわいそうなやつではない」

映画2020年10月30日

 映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、出演者の北村匠海、山本舞香、浅香航大、池間夏海と二宮健監督が登壇した。  出演者の一人である伊藤健太郎は、29日、道交法違反(ひき逃げ)などの疑いで警視庁に逮捕され … 続きを読む

大倉忠義、ファンに迎えられ「ただいまです」 「本当の本当は誰も知らない」

映画2020年10月30日

 映画『窮鼠はチーズの夢を見る』大ヒット記念舞台あいさつが30日、東京都内で行われ、主演の大倉忠義と行定勲監督が登壇した。  本作は、水城せとな氏の人気コミックを映画化。主人公の大伴恭一を大倉が、恭一をいちずに思う今ヶ瀬渉を成田凌が演じた。 … 続きを読む

「ルパンの娘」深田恭子と橋本環奈と山本美月に囲まれて 「瀬戸康史くんは令和一のモテ男か」

ドラマ2020年10月30日

 深田恭子が主演するドラマ「ルパンの娘」(フジテレビ系)の続編・第3話が、29日に放送された。  本作は、代々泥棒一家“Lの一族”の娘・三雲華(深田)と、代々警察一家の息子・桜庭和馬(瀬戸康史)の恋愛を描くラブコメディー。  今回は、華と和 … 続きを読む

妻夫木聡「500円で芸能界に入りました」 きっかけはゲームセンターのオーディション

映画2020年10月30日

 映画『STAND BY ME ドラえもん2』完成報告会が29日、東京都内で行われ、声優を務めた妻夫木聡、宮本信子、八木竜一監督と脚本・共同監督の山崎貴氏が出席した。  本作は、3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『STA … 続きを読む

page top