葵わかな、W主演の佐野勇斗に感謝 「私ができないことをできるのが佐野くん」

2018年7月31日 / 17:12

W主演の葵わかな(左)と佐野勇斗

 映画『青夏 きみに恋した30日』の前日祭舞台あいさつが31日、東京都内で行われ、出演者の葵わかな、佐野勇斗、古畑星夏、岐洲匠と古澤健監督ほかが登場した。

 南波あつこ氏の人気コミックを実写化した本作は、夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵)と、そこで出会った地元の男子高生・吟蔵(佐野)との“夏限定の恋”の物語。

 葵は、公開を明日に控え「心臓が出そうなぐらいドキドキしているのですが、この気持を皆さんとちょっとでも共有できたら」と笑顔でコメント。佐野も「楽しみな気持ちでいっぱい。皆さん一人一人が宣伝隊長のつもりでよろしくお願いします」とアピールした。

 この日は、青春よりも熱い“今年の青夏体験”をそれぞれが発表することに。佐野は、青夏体験は“これから”だとし「海で青夏したい。海水パンツをはくからその前にO脚を治したい」と目標を掲げた。

 一方、葵は今後の予定として「おじいちゃんと山登りに行きます。私、おじいちゃんと青夏します!」と声を弾ませ、会場を和ませた。

 撮影から宣伝活動まで共に行ってきた2人。改めて佐野への思いを問われた葵は「共演が2回目で安心感があった。結構、私は『落ち着いているね』とか『大人っぽいね』と言われることが多いけれど、やっぱり不安なことも多い。そんな中で私ができないことをできるのが佐野くんだった。私がどんなに気合を入れても届かない部分を、本当に佐野くんに助けられました」と感謝を述べた。

 佐野は「葵さんとは出会って4年以上。役者仲間というよりは幼なじみのような印象。僕はこんな感じで頼りない男なので申し訳なかったけれど、今回もすごく葵さんに助けられました。理緒が葵さんで良かったと心から思っている。お疲れさまでした」と葵にねぎらいの言葉を掛けた。

 映画は8月1日から公開。


芸能ニュースNEWS

「六本木クラス」“龍二”鈴鹿央士の境遇に「涙した」 “新”竹内涼真は「本当に愛情深い人」「長屋に負けるな」

ドラマ2022年8月12日

 竹内涼真が主演するドラマ「六本木クラス」(テレビ朝日系)の第6話が、11日に放送された。  本作は、韓国ドラマ「梨泰院クラス」をリメークしたジャパン・オリジナル版。絶望の淵に立たされた青年・宮部新(竹内)が復讐(ふくしゅう)を誓い、金と権 … 続きを読む

「家庭教師のトラコ」“トラコ”橋本愛の預金額に驚きの声 「8千万円を何に使ったんだろう」「施設への寄付?」

ドラマ2022年8月11日

 橋本愛が主演するドラマ「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)の第4話が、10日に放送された。  本作は、謎の家庭教師・トラコ(橋本)が、年齢も抱えている問題もバラバラの3人の母親と、その子どもを救う個別指導式ホームドラマ。遊川和彦氏が脚本を … 続きを読む

草なぎ剛、デビュー作の原田琥之佑にエール 「感謝の気持ちを忘れずにいれば、絶対にうまくいく」

映画2022年8月11日

 映画『サバカンSABAKAN』完成披露舞台あいさつが10日、東京都内で行われ、出演者の原田琥之佑、尾野真千子、竹原ピストル、草なぎ剛と金沢知樹監督が登壇した。  本作は、1980年代の長崎を舞台に、久田(番家一路)と竹本(原田)の2人の少 … 続きを読む

岩本照、天才詐欺師役は「アイドルに近いものがある」 お気に入りの“成り済まし”は「医者」

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 ミュージカル「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」プレスコール取材会が9日、東京都内で行われ、出演者の岩本照(Snow Man)、横山由依、吉田栄作が登壇した。  本作は、フランク・W・アバグネイル・ジュニアの自伝小説『世界をだました男』 … 続きを読む

玉木宏、子どものため庭のプール環境を整備 見守り用にテントも設置し「完結させました」

映画2022年8月9日

 映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』大ヒット御礼舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、日本語吹き替えキャストの玉木宏と木村佳乃が登壇した。  スティーブン・スピルバーグ監督が製作総指揮を務めた本作は、約30年にわたり、恐竜と人類 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top