葵わかな、W主演の佐野勇斗に感謝 「私ができないことをできるのが佐野くん」

2018年7月31日 / 17:12

W主演の葵わかな(左)と佐野勇斗

 映画『青夏 きみに恋した30日』の前日祭舞台あいさつが31日、東京都内で行われ、出演者の葵わかな、佐野勇斗、古畑星夏、岐洲匠と古澤健監督ほかが登場した。

 南波あつこ氏の人気コミックを実写化した本作は、夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵)と、そこで出会った地元の男子高生・吟蔵(佐野)との“夏限定の恋”の物語。

 葵は、公開を明日に控え「心臓が出そうなぐらいドキドキしているのですが、この気持を皆さんとちょっとでも共有できたら」と笑顔でコメント。佐野も「楽しみな気持ちでいっぱい。皆さん一人一人が宣伝隊長のつもりでよろしくお願いします」とアピールした。

 この日は、青春よりも熱い“今年の青夏体験”をそれぞれが発表することに。佐野は、青夏体験は“これから”だとし「海で青夏したい。海水パンツをはくからその前にO脚を治したい」と目標を掲げた。

 一方、葵は今後の予定として「おじいちゃんと山登りに行きます。私、おじいちゃんと青夏します!」と声を弾ませ、会場を和ませた。

 撮影から宣伝活動まで共に行ってきた2人。改めて佐野への思いを問われた葵は「共演が2回目で安心感があった。結構、私は『落ち着いているね』とか『大人っぽいね』と言われることが多いけれど、やっぱり不安なことも多い。そんな中で私ができないことをできるのが佐野くんだった。私がどんなに気合を入れても届かない部分を、本当に佐野くんに助けられました」と感謝を述べた。

 佐野は「葵さんとは出会って4年以上。役者仲間というよりは幼なじみのような印象。僕はこんな感じで頼りない男なので申し訳なかったけれど、今回もすごく葵さんに助けられました。理緒が葵さんで良かったと心から思っている。お疲れさまでした」と葵にねぎらいの言葉を掛けた。

 映画は8月1日から公開。


芸能ニュースNEWS

吉田鋼太郎「田中圭が止まらない」 『劇場版おっさんずラブ』のシリーズ化を希望

映画2019年8月23日

 『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』初日舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、沢村一樹、志尊淳、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎と瑠東東一郎監督が登壇した。 … 続きを読む

りゅうちぇる、生きづらさを感じた過去を語る 「自分を偽ったりもしたけど結局孤独だった」

トレンド2019年8月23日

 「True Colors Festival-超ダイバーシティ芸術祭-」記者会見が23日、東京都内で行われ、アンバサダーに就任した、作家・スポーツライターの乙武洋匡氏、タレントのりゅうちぇる、IVAN、ラブリが出席した。 続きを読む

竹中直人「映画館を出たら街が荒野に見えるはず」 「この映画は『許されざる者』を超えている」

映画2019年8月23日

 映画『荒野の誓い』のトークイベントが23日、東京都内で行われ、俳優の竹中直人が登場した。  本作は、退役間近の陸軍大尉(クリスチャン・ベール)、家族を殺された未亡人(ロザムンド・パイク)、死期が迫るシャイアン族の族長(ウェス・ステューディ … 続きを読む

星野源のサプライズ登場にファン歓喜 6年ぶりの主演映画は「すてきな喜劇になった」

映画2019年8月23日

 映画『引っ越し大名』公開直前イベントが23日、東京都内で行われ、お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹とキャイ~ンのウド鈴木が出席した。  本作は、引っ越し奉公に任命された姫路藩の引きこもり侍・片桐春之介(星野源)が、お国の一大事を救うため、超難関 … 続きを読む

蒼井優、結婚祝福に「ありがとうございます」 池松壮亮、ピエール瀧への思いを語る

映画2019年8月23日

 映画『宮本から君へ』完成披露舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の池松壮亮、蒼井優、井浦新、一ノ瀬ワタル、真利子哲也監督、原作の新井英樹氏が登壇した。  本作は、新井氏の伝説的漫画を実写映画化。金なしコネなし勝ち目なし…。でも情 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top