【インタビュー】『輪違屋糸里 京女たちの幕末』松井玲奈「皆さんに時代劇を見ていただくための窓口の一つになれたら」

2019年1月7日 / 12:00

-糸里役の藤野涼子さんと共演した感想は?

 芯があって、とても強い人という印象です。糸里が少女から大人の女性に変わっていく過程を、目の力の強さで上手に表現していました。一緒にお芝居をしていても、激しく感情がぶつかるシーンでは、ものすごく力強さを感じましたし…。私が一緒にいない場面を見ると、知らないところで糸里という女の子が1人の女性に成長していく様子がよく分かります。

-映像からもその様子はよく伝わってきます。

 でも、待ち時間には2人で和気あいあいと仲良くやっていました。地方にロケに行ったときは、おいしいものがあると聞くたびに、着物のまま一緒に食べ歩きをしていました(笑)。

-時代劇に対しては、どんな印象を持っていますか。

 もともとは、お年寄りが見るもので、「必ず最後は悪い人が負け、正義が勝つのがお約束」という印象を持っていました。ただ、実際はそんな作品ばかりではないし、時代劇に触れる機会が減る中、他の国では歴史物のドラマや映画が広く受け入れられているのに、なぜ日本ではそうならないのかと考えるようになってきたんです。撮影所に通って「若い人が入ってこない」、「続けていくことが困難になっている」というお話を聞くと、さらにその思いが強くなって…。演者だけでなく、見る人たちも、もっと自分たちの国のすてきな文化を大事にしていけたらいいのに…と思うようになりました。

-この作品を経験して、時代劇に取り組む意欲は変わってきましたか。

 ますます意欲が高まってきました。もっと参加したいと思うのと同時に、私自身が皆さんに時代劇を見ていただくための窓口の一つになれたらと。そのためにも、さらに頑張っていくつもりです。個人的に殺陣の稽古をすることもあります。舞台で一度経験して「もっとやりたい」という気持ちが芽生えたので、いつお話がきてもいいように準備しておこうと思って。だから、機会があればぜひ殺陣にも挑戦してみたいです。

-この作品について、観客に伝えたいことは?

 時代劇は「難しい」と思われがちですが、描かれているのは人間ドラマであり、現代劇と何も変わることはありません。糸里や吉栄の思いは、今の人たちにも伝わるはずです。その上、この作品は若いキャストが中心で、普段のテレビドラマなどでは見られない姿や一味違った面もたくさん出ています。現代劇にはない映像美も見どころなので、新しい扉を開くような気持ちで、若い人たちにも楽しんでもらえたらうれしいです。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)2018 銀幕維新の会/「輪違屋糸里」製作委員会

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】舞台「KING OF PRISM ‐Shiny Rose Stars‐」橋本祥平インタビュー 第2弾ではお風呂シーンもパワーアップ!「楽しみにしていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月21日

 歌、ダンス、ジャンプなどのパフォーマンスで観客をどれだけ魅了できるかを競う「プリズムショー」に挑む男子プリズムスタァたちの成長と輝きを描いた、劇場版『KING OF PRISM by Pretty Rhythm』、劇場版『KING OF … 続きを読む

【インタビュー】映画『キャッツ』葵わかな「真っ白な状態の猫なので、純粋さを失いたくないという思いを込めました」

映画2020年1月21日

 ミュージカルの金字塔「キャッツ」がついに実写映画化され、1月24日から全国公開される。監督は、『英国王のスピーチ』(10)や『レ・ミゼラブル』(12)で知られるトム・フーパー。主人公の白猫ヴィクトリア役を、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパ … 続きを読む

【インタビュー】「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」佐藤隆太「覚悟を決めて挑んで、必死に戦えば、今までとは違う自分が見えてくる」

舞台・ミュージカル2020年1月20日

 今年デビュー20周年を迎える佐藤隆太が、海外で旋風を巻き起こした一人舞台「エブリ・ブリリアント・シング~ありとあらゆるステキなこと~」に挑戦する。本作は、上演前にキャストから直接手渡されたカードを持っている観客が、自分の番号が呼ばれたら、 … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」を手掛けるヒットメーカー鈴木おさむ「目標は仕事を辞めること。引退もダサいけど(笑)」

ドラマ2020年1月20日

 5月に上演される同名舞台と連動したWOWOWオリジナルドラマ「ワケあって火星に住みました~エラバレシ4ニン~」の放送が1月24日からスタートする。人気放送作家・鈴木おさむが手掛ける本作は、実在する火星移住計画「マーズワンプロジェクト」に着 … 続きを読む

「みんなが見たかったけど、今まで見ることができなかった明智光秀がいます」門脇麦(駒)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月19日

 ついに放送がスタートした大河ドラマ「麒麟がくる」。主人公・明智光秀(長谷川博己)を中心に、1年にわたって群雄割拠の戦国絵巻が繰り広げられることとなる。その光秀の歩みを間近で見守っていくのが、医師・望月東庵(堺正章)の助手で戦災孤児の駒だ。 … 続きを読む

page top