佐藤隆太の主演舞台にTravis Japanが出演 七五三掛龍也「恋するバクバクが止まらない」

2018年10月5日 / 18:37

宮近海斗(左)と七五三掛龍也

 舞台「いまを生きる」公開舞台稽古&囲み取材が5日、東京都内で行われ、出演者の佐藤隆太、大和田伸也、Travis Japan(ジャニーズJr.)メンバーの宮近海斗、七五三掛龍也、中村海人ほかが登場した。

 本作は、ニューイングランドの全寮制学院を舞台に、同校に赴任した英語教師ジョン・キーティング(佐藤)と学生たちの交流を描く学園ドラマ。ロビン・ウィリアムズ主演で映画化もされた。

 佐藤は「多くの方から愛されている名作なので、プレッシャーを抱えながら始めた稽古でしたが、やっと初日を迎えました。生徒役のみんなが本当にキラキラしているので、パワーを持って帰ってもらえる作品になりました」と自信をのぞかせた。

 「お気に入りのシーンは?」と聞かれると、生徒たちの中心的存在のニールを演じる宮近は「キーティング先生と僕が1対1で対峙(たいじ)するシーンです。先生と目と目を合わせて話しをして、先生からちゃんと受け取るところは、僕にとって大切なシーンです」と答えた。

 真面目な生徒キャメロン役の中村は「生徒たちが学校から抜け出して、洞窟に行くシーンが好きです。子どもが秘密基地に行くような気持ちで、洞窟でみんなで和気あいあいと詩を読んで、高揚する感じがすごく楽しいです」と声を弾ませた。

 紅一点のクリス(羽瀬川なぎ)に一目ぼれするノックスを演じる七五三掛は「クリスとノックスの2人のシーンです。稽古のときからすごく心臓がバクバクしていて、リハーサルや公演が終わって楽屋に戻っても、恋するバクバクが止まらないです」と明かして、笑いを誘った。

 「大先輩の大和田さんと佐藤さんから学んだことは?」と質問された宮近は「いろいろなところで活躍されているザ・俳優のお二人には、舞台の所作とか、お芝居を始めるときのスイッチを学びました。お二人には感化されました」とコメントした。

(左から)中村海人、永田崇人、大和田伸也、佐藤隆太、宮近海斗、七五三掛龍也


芸能ニュースNEWS

山崎賢人「人間としての弱さや愚かさに共感できた」 松岡茉優「言いたいせりふがたくさんあった」

映画2020年3月27日

 映画『劇場』の完成記念イベントが25日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、松岡茉優、寛一郎と行定勲監督、原作者の又吉直樹が登壇した。  芥川賞作家の又吉による同名小説を映画化した本作は、劇作家を目指す主人公・永田(山崎)と、彼を必死に支 … 続きを読む

Matt、伝えたいメッセージは「LOVE」 「大変な時期だからこそ、思いやりの気持ちを」

イベント2020年3月27日

 「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」テープカットセレモニーが26日、東京都内で行われ、モデルでタレントのMattが出席した。  この日は、同ブランド初の“ジャパンアンバサダー”に就任したタレントのローラも出席 … 続きを読む

松雪泰子「黒木華ちゃんは本当に天使だった」 『甘いお酒でうがい』で40代の独身女性役

映画2020年3月24日

 映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントが24日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、黒木華、清水尋也が登壇した。  お笑い芸人シソンヌ・じろうが、40代の独身女性・川嶋佳子が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。松 … 続きを読む

市川染五郎「声優初挑戦はすごく不安だった」 父・松本幸四郎は「良かったよ」

映画2020年3月24日

 映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』完成報告会が23日、東京都内で行われ、声優を務めた市川染五郎、杉咲花とイシグロキョウヘイ監督が登壇した。  本作は、俳句以外では思ったことがなかなか口に出せないチェリー(染五郎)と、見た目のコンプレ … 続きを読む

今泉佑唯が美しき刺客を演じ切る 舞台「あずみ~戦国編~」

舞台・ミュージカル2020年3月20日

 舞台「あずみ~戦国編~」の公開稽古が19日、東京都内のBunkamura シアターコクーンで開催された。  原作の『あずみ』は、第43回小学館漫画賞を受賞した小山ゆう氏の人気漫画。激動の戦国時代に、刺客という過酷な使命を背負い、屈強な男た … 続きを読む

page top