【インタビュー】The Brow Beat HAKUEI×Ryuji「破竹の勢いで進み続けたい」 待望の全国ツアーに向け発進!

2018年12月11日 / 12:00

 PENICILLINのHAKUEIトータルプロデュースのもと、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。2019年1月1日には、待望の2nd Album「Hameln」の発売が決定し、1月17日からはツアーも控えている。飛ぶ鳥を落とす勢いで活動を続けるThe Brow BeatのRyujiとHAKUEIに、アルバムについて、そしてツアーについて聞いた。

The Brow Beat HAKUEI(左)とRyuji

-今回のアルバムはどのようなコンセプトから生まれたものでしょうか。

HAKUEI いろいろなアートワークから発生したアルバムです。タイトルの「Hameln」はRyujiくんが考えたものですが、そこから童話っぽい世界観のアートワークを作ろうと。童話といっても、ダークファンタジー。例えば、グリム童話ならば、子どもが読む童話ではなく、原作の世界観です。そういうアートワークを作っていき、そこからつながっていきました。

Ryuji 「Hameln」はグリム童話(ハーメルンの笛吹き男)からきているんですが、この物語は子どもが男に連れ去られてしまうという話です。今回のアルバムは、われわれがお客さんを連れ去る、というイメージを思い浮かべて付けました。

-1st Album「ラグナロク」はバラエティーに富んだ楽曲でしたが、今回もバラエティー豊かなラインナップになりそうですか。

HAKUEI そうですね。ただ、前作はどういう曲がRyujiくんに合うのか探り探りだったので、今回は前作よりは狙えたと思います。1個作品を作って、ツアーも回ってRyujiくんの歌のポテンシャルや表現力をリアルに実感したからこそ、どんどんアイデアが出てきて、今回のアルバムができた。そこは前作とはかなり違います。

The Brow Beat HAKUEI(左)、Ryuji

-Ryujiさんは「Hameln」の楽曲の数々を実際に歌ってみていかがでしたか。

Ryuji 先日の、MV撮影時に、(バンドメンバーの)CHIROLYNさんやなるさん(鳴風)、かどしゅんさん(かど しゅんたろう)が、「Brilliant Transparency」という曲が難しいってHAKUEIさんにおっしゃっていたんです。あのレベルの方たちが難しいっていうぐらいなので、当然、難しいって感覚でした(苦笑)。

-そういえば、「OVER」もライブで歌うのは難しいかもっておっしゃっていましたよね。

HAKUEI 無理だね。

Ryuji 努力どうこうではなく、不可能なんですよ(笑)。なので、ライブではどうなるんでしょうね(笑)。今、いろいろと話しています。

HAKUEI 原曲を作ったtatsuoくんは、2人歌唱を見越したんだろうと思うんですよ。それぐらいの歌の詰め方だよね。でも、2人で歌っちゃうと「Black & Black」と似てしまうと思って、一人で頑張ってもらったんです(笑)。

Ryuji サビはブレスがないので、興奮している犬ってぐらい、息が吸えない(笑)。

-では、ライブでどんな形で歌われるのかも見どころですね!

HAKUEI ご期待ください。

-11月19日には「Snow White」のMVが公開され、話題となっています。

HAKUEI 「Snow White」は2人で歌詞を書いた楽曲です。白雪姫をモチーフにしようと決めて、ラップ部分はRyujiくん、メロディー部分は僕が書いています。でも、MVは歌詞の内容とはまた違った世界観で撮影してるんです。MVではRyujiくんが主人公で、さまざまな葛藤に苦しんでいると、覆面をかぶった悪いやつが出てくるんですよ。あれは僕なんですけどね(笑)。そんなときに、赤いやつが「ダークサイドに落ちちゃ駄目だよ」と導いてくれる。それで、導かれた先で「Brilliant Transparency」という曲につながっていくんです。

-Live Tour 2019“Hameln”についても聞かせてください。すでにプランは考えられていますか。

Ryuji どうなんですか? プランは?

HAKUEI 思いっ切りやるだけです。さっき、Ryujiくんが、「The Brow Beatはロックバンドという音楽スタイルのプロジェクト。ロックはスリリングな感じや勢いが大事だから、予定調和じゃなく、頭を空っぽにしてやるだけだ」って言っていて、これは僕もPENICILLINのインタビューで使わせてもらうかもしれないなと、心のメモ帳にメモしました(笑)。僕もそう思うし、同じ気持ちだから、何をやっても大丈夫だし、(Ryujiとは)波長も合う。だから、何が起こるか分からないライブになると思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

【インタビュー】「おかあさんといっしょ」卒業インタビュー「“子ども”ではなく初めて出会った人とどう楽しむか」(小林よしひさ)、「子どもたちと一緒に遊べた7年間、幸せだった」(上原りさ)

インタビュー2019年6月19日

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の、第11代たいそうのお兄さん(2005年4月~2019年3月)・小林よしひささんと、身体表現「パント!」のお姉さん(2012年4月~2019年3月)・上原りささんが、今年3月、そろって卒業した。それ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top