「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

2018年12月9日 / 21:00

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。初の時代劇出演ながら、バラエティー番組のときとは異なるその落ち着いたたたずまいは、多くの視聴者から好意を持って迎えられた。物語が大詰めを迎えた今、1年以上にわたる撮影を振り返ってくれた。

桂久武役の井戸田潤

-出演が決まったときの感想は?

 最初はドッキリじゃないかと思ったんです。時代劇どころか、今までレギュラーでドラマに出演したこともなかったのに、いきなり大河の話がきたので。(相方の)小沢(一敬)さんもびっくりしていました。喜んでくれましたが、「西郷さんが連れている犬の役?」とか、だいぶいじられました(笑)。

-その他の反響などは?

 久武さんの子孫の方から「一族そろって応援しています」という手紙を頂きました。その後、鹿児島で行われたトークイベントにも皆さんそろって来ていただいたので、終了後に改めてごあいさつして、一人一人と握手させていただきました。ただ、そのときは小松帯刀役の町田啓太くんと一緒で、久武さんの子孫の中にも町田くんのファンがたくさんいたんです。そうしたら、町田くんが出てきた瞬間に、僕の手を振りほどいて「町田くーん!」と(笑)。

-事前に予習などはしましたか。

 撮影で鹿児島に行ったとき、学芸員の先生からお話を伺いました。歴史の表舞台で活躍した人ではありませんが、地元ではかなり人気があるそうです。西郷さんとは手紙のやりとりも多かったらしく、島流しに遭ったときは家族のことを任されていたとか、山奥の土地を開拓したとか、いろいろなことを教えてもらいました。すごいイケメンだったそうですが、その先生によると「井戸田さんにピッタリ」だと。おかげで、気持ちよく演じることができました(笑)。

-演じる上で心掛けたことは?

 薩摩の武士には血気盛んなイメージがありますが、監督と話をしていたら、久武さんは少し違った印象を受けました。演出でも、戦に出るときに雄たけびを上げたりせず、落ち着いた様子だったので、「穏やかな人」というイメージで演じました。

-久武は、薩摩藩の家老を務めた人物なので、重要な場面に立ち会う機会も多かったと思います。中でも印象深いのが薩長同盟の場面ですが、撮影時の思い出は?

 実は最初の予定では、あのシーンの口火を切るのは僕のはずだったんです。薩摩と長州の武士が互いに意地を張って沈黙が続く中、久武が茶菓子をつまんで、開口一番「うまい。皆さんもどうぞ召し上がってください」と。リハーサルまでやったんですけど、本番で急に「あそこ、ナシで」と言われてしまいました(笑)。あとはもう、緊迫感を壊さないように、背筋を伸ばして座っていただけです。とはいえ、あの場にいさせてもらっただけでもありがたかったです。

-他に思い出に残ったことは?

 まだ渡辺謙さん(島津斉彬役)がいた頃、本読みがあったんです。机を囲んで、亮平くんや北川景子さん(篤姫役)、青木崇高くん(島津久光役)たちが座る中、ちょうど僕の向かいが謙さん。しかも、本読みなのに、僕以外の人はほぼ台本を見ない。それにまず緊張しました。僕は謙さんに「久武!」と呼ばれて「はっ!」と答えるだけでしたが、失敗したら皆さんに申し訳ないので、自分の番が来るまで、心の中で「はっ!」を繰り返し練習していたんです。「もうすぐ来る、もうすぐ来る…」と思いながら。で、いよいよ自分の番になったら、謙さんの「久武!」がものすごい迫力で…。圧倒されて、「はっ!」が少しおかしくなりました(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『劇場版 ダーウィンが来た! アフリカ新伝説』葵わかな「遠い世界だと思っていたアフリカに行ってみたくなりました」

映画2019年1月16日

 2006年の放送開始から世界中の動物たちを紹介してきたNHKの人気自然番組「ダーウィンが来た! 生きもの新伝説」がついに映画化され、1月18日から全国ロードショーされる。今回の舞台は、野生動物の宝庫アフリカ。ライオンやゴリラの家族を中心に … 続きを読む

【2.5次元】財木琢磨、2019年は「挑戦する」年に! 初めてづくしの「Dimensionハイスクール」からスタート

アイドル2019年1月15日

 2次元のアニメーションパートと3次元の実写ドラマパートを行き来しながらストーリーが展開する異色のテレビアニメプロジェクト、超次元革命アニメ「Dimensionハイスクール」の放送が1月10日から開始された。本作は、補習中の男子高生たちが次 … 続きを読む

【映画コラム】シリーズを見続けてきた者にはたまらない『クリード 炎の宿敵』

映画2019年1月12日

 前作『クリード チャンプを継ぐ男』(15)で新章に突入した『ロッキー』シリーズの最新作『クリード 炎の宿敵』が公開された。  前作でのアポロの息子アドニス・クリード(マイケル・B・ジョーダン)の登場に続いて、今回は『ロッキー4/炎の友情』 … 続きを読む

【2.5次元】佐藤流司、「仕事は難しい方がいい」 愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」ではシュールな笑いに挑む

舞台・ミュージカル2019年1月10日

 ミュージカル『刀剣乱舞』の加州清光役やライブ・スペクタクル「NARUTO—ナルト—」のうちはサスケ役など2.5次元ミュージカルで活躍する佐藤流司が、「愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』」に出演する。原案・演出・上演台本を務める … 続きを読む

【インタビュー】『輪違屋糸里 京女たちの幕末』松井玲奈「皆さんに時代劇を見ていただくための窓口の一つになれたら」

映画2019年1月7日

 ベストセラー作家・浅田次郎の時代小説を映画化した『輪違屋糸里 京女たちの幕末』が、12月15日から有楽町スバル座ほかで絶賛上映中だ。本作は、幕末の京の色街を舞台に、新選組の志士を愛した女たちの生きざまを端正な映像美と共につづった本格派時代 … 続きを読む

page top