「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

2018年12月9日 / 21:00

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。初の時代劇出演ながら、バラエティー番組のときとは異なるその落ち着いたたたずまいは、多くの視聴者から好意を持って迎えられた。物語が大詰めを迎えた今、1年以上にわたる撮影を振り返ってくれた。

桂久武役の井戸田潤

-出演が決まったときの感想は?

 最初はドッキリじゃないかと思ったんです。時代劇どころか、今までレギュラーでドラマに出演したこともなかったのに、いきなり大河の話がきたので。(相方の)小沢(一敬)さんもびっくりしていました。喜んでくれましたが、「西郷さんが連れている犬の役?」とか、だいぶいじられました(笑)。

-その他の反響などは?

 久武さんの子孫の方から「一族そろって応援しています」という手紙を頂きました。その後、鹿児島で行われたトークイベントにも皆さんそろって来ていただいたので、終了後に改めてごあいさつして、一人一人と握手させていただきました。ただ、そのときは小松帯刀役の町田啓太くんと一緒で、久武さんの子孫の中にも町田くんのファンがたくさんいたんです。そうしたら、町田くんが出てきた瞬間に、僕の手を振りほどいて「町田くーん!」と(笑)。

-事前に予習などはしましたか。

 撮影で鹿児島に行ったとき、学芸員の先生からお話を伺いました。歴史の表舞台で活躍した人ではありませんが、地元ではかなり人気があるそうです。西郷さんとは手紙のやりとりも多かったらしく、島流しに遭ったときは家族のことを任されていたとか、山奥の土地を開拓したとか、いろいろなことを教えてもらいました。すごいイケメンだったそうですが、その先生によると「井戸田さんにピッタリ」だと。おかげで、気持ちよく演じることができました(笑)。

-演じる上で心掛けたことは?

 薩摩の武士には血気盛んなイメージがありますが、監督と話をしていたら、久武さんは少し違った印象を受けました。演出でも、戦に出るときに雄たけびを上げたりせず、落ち着いた様子だったので、「穏やかな人」というイメージで演じました。

-久武は、薩摩藩の家老を務めた人物なので、重要な場面に立ち会う機会も多かったと思います。中でも印象深いのが薩長同盟の場面ですが、撮影時の思い出は?

 実は最初の予定では、あのシーンの口火を切るのは僕のはずだったんです。薩摩と長州の武士が互いに意地を張って沈黙が続く中、久武が茶菓子をつまんで、開口一番「うまい。皆さんもどうぞ召し上がってください」と。リハーサルまでやったんですけど、本番で急に「あそこ、ナシで」と言われてしまいました(笑)。あとはもう、緊迫感を壊さないように、背筋を伸ばして座っていただけです。とはいえ、あの場にいさせてもらっただけでもありがたかったです。

-他に思い出に残ったことは?

 まだ渡辺謙さん(島津斉彬役)がいた頃、本読みがあったんです。机を囲んで、亮平くんや北川景子さん(篤姫役)、青木崇高くん(島津久光役)たちが座る中、ちょうど僕の向かいが謙さん。しかも、本読みなのに、僕以外の人はほぼ台本を見ない。それにまず緊張しました。僕は謙さんに「久武!」と呼ばれて「はっ!」と答えるだけでしたが、失敗したら皆さんに申し訳ないので、自分の番が来るまで、心の中で「はっ!」を繰り返し練習していたんです。「もうすぐ来る、もうすぐ来る…」と思いながら。で、いよいよ自分の番になったら、謙さんの「久武!」がものすごい迫力で…。圧倒されて、「はっ!」が少しおかしくなりました(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『よこがお』筒井真理子「深田監督の幹が、どんどん太くなっていく様子を頼もしく見ていました」 深田晃司監督「溝口健二監督の名作『西鶴一代女』をイメージしました」

映画2019年7月24日

 第69回カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門審査員賞を受賞し、世界の注目を集めた『淵に立つ』(16)から3年。深田晃司監督が、同作で名演を披露した筒井真理子を主演に迎えたヒューマンサスペンス『よこがお』が7月26日から全国ロードショーとなる … 続きを読む

【アニメコラム】『天気の子』 新海誠監督が今描く「セカイ系」の物語

映画2019年7月23日

 2016年に『君の名は。』で歴史的大ヒットを記録した新海誠監督の最新作『天気の子』が公開された。  本作は、天候の調和が狂っていく時代の東京を舞台に、離島から上京した家出少年・帆高と不思議な力を持つ少女・陽菜が出会い、運命に翻弄されながら … 続きを読む

【インタビュー】『トイ・ストーリー4』 新木優子「コンプレックスが、ギャビー・ギャビーを通して自信につながった」

映画2019年7月22日

 世界初の長編フルCGアニメーションとして映画の歴史を変えた『トイ・ストーリー』シリーズの最終章『トイ・ストーリー4』が、7月12日に公開された。製造不良のためおしゃべりができず、長い間店の奥で忘れられていたアンティーク人形ギャビー・ギャビ … 続きを読む

【映画コラム】今度の舞台は雨が降り続く東京『天気の子』

映画2019年7月20日

 『君の名は。』(16)を大ヒットさせた新海誠監督の新作アニメーション映画『天気の子』が公開された。  天候の調和が狂い、雨が降り続く東京。離島から家出し、東京にやってきた高校生の帆高(声:醍醐虎汰朗)は、雨をやませる能力を持つ少女・陽菜( … 続きを読む

おでん屋でのアドリブ歌唱は無念の「9割カット」、それでも朝ドラに注ぐ熱い思い 山口智子(岸川亜矢美)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月20日

 30年前、「純ちゃんの応援歌」で女優人生をスタートさせた山口智子にとって、朝ドラは特別なステージだ。「ご恩返しをしたい」と、ダンスシーンに挑戦したり、編集でカットされるのも承知の上で、おでん屋のカウンター内で“一人懐メロ歌謡祭”を繰り広げ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top