【インタビュー】「炎上弁護人」真木よう子 初挑戦の弁護士役は「演じやすい」 ネット社会に対する憂いも吐露

2018年12月4日 / 19:03

 アウトローな弁護士・美帆と、火事の映像をネットにアップしたことで炎上し、彼女に助けを求める主婦・朋美が世間に立ち向かいながら、やがて固い絆で結ばれていく姿を描いたヒューマンドラマ「炎上弁護人」。本作で主人公・美帆役を演じる真木よう子が、初の弁護士役に挑戦する思いや、世間を騒がせるSNSの炎上など、ネット社会に抱く素直な気持ちを語ってくれた。

アウトローな弁護士・美帆を演じる真木よう子

-今の時代を象徴したインパクトのあるタイトルですが、本作のオファーを受けたときの率直な感想は?

 今はSNSで事件が発覚して炎上することが多いので、一般の方でも身を正して生きていかなければいけない世の中になったと思います。だから、この題材は注目を浴びるだろうし、共感を得られる面白いドラマになる気がしました。

-弁護士役は初めてだそうですね。

 専門用語とかが難しそうだなぁと、ずっと避けていた弁護士役がついにきたか…という感じです。やりたくないなぁと思いましたが(笑)、話を聞いたらお堅い弁護士ではないということでやらせていただくことにしました。

-確かに、宅弁(自宅を連絡先にする弁護士)で、スーツを着用せず、法廷シーンもないということなので、通常の弁護士役とは違いますね。美帆とはどのようなキャラクターですか。

 以前は大手の事務所で企業のリスクマネジメントを担当するやり手の弁護士でしたが、ある炎上案件をめぐり、人間関係のこじれなどもあって辞めて、今はネットをめぐる案件を主に担当しています。とても正義感の強い女性です。

-制作統括の高橋練さんは、真木さんについて「芝居の力があり、せりふを言わないときのたたずまいや存在感が力強く、炎上に立ち向かう弁護士役にピッタリ」と話されていましたが、美帆役はしっくりきましたか。

 私も正義感は強い方だと思っているので、演じやすかったです。

-その中でも演じる上で意識されたことはありますか。

 最初は、ネットの世界は嫉妬と悪意に満ちあふれたえたいの知れない人ばかりいるんでしょと思っている美帆と、ネットの世界にどっぷりはまっている朋美が対立しますが、美帆が朋美を身をていして守ったり、朋美も自分のことをいろいろと話したりしているうちに、だんだんバディものになっていきます。そういうこともあって、美帆にとって朋美はただの依頼人ではなく、面倒な妹みたいに接するようなせりふ回しを心掛けました。

-印象的なシーンを教えてください。

 ものすごい数の記者に囲まれるシーンで、マイクが目の前にぶわっと出てくるのですが、昼のワイドショーでよく見る、悪いことをしたお偉方がやられているみたいで、実際にあったらすっごいイヤだなぁと思いました。逃げ場がないですからね。迫られる怖さというか、新しい気持ちを感じさせられました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】緊急事態宣言の中、公開にこぎつけた『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』『ジェントルメン』

映画2021年5月6日

 今回は、緊急事態宣言の中、細々とではあるが、5月7日の公開にこぎつけた映画を2本紹介する。まずは、“もう一つの世界”に迷い込んだ主人公を描いた『ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから』。  高校時代に知り合い結婚したラファエル … 続きを読む

【インタビュー】「宇宙なんちゃら こてつくん」ムロツヨシ「台本に『面白い言い方で』と書いてあるのがプレッシャーです(笑)」 テレビアニメの声優で二役に挑戦!

アニメ2021年5月5日

 人気クリエーター、にしむらゆうじのWEB漫画を原作に、宇宙飛行士を目指すアニマル国宇宙アカデミーの生徒、こてつ(声:藤原夏海)と仲間たちの日常を描いたテレビアニメ「宇宙なんちゃら こてつくん」が、NHK Eテレで好評放送中(毎週水曜午後6 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「DOORS」奈緒 初舞台の地での初主演に「少しでもあのときよりも成長した姿を皆さんにお見せしたい」

舞台・ミュージカル2021年5月4日

 5月16日からM&Oplays プロデュース「DOORS」が上演される。本作は、演劇のみならず、ドラマ、ラジオ、バラエティー番組の脚本などで、幅広く活躍する劇作家・演出家の倉持裕による1年半ぶりの新作。物語は、小さな地方都市に住む … 続きを読む

【芸能コラム】第93回アカデミー賞最大のサプライズ! 主演男優賞決定の理由を考察

映画2021年5月4日

 4月25日(日本時間26日)に開催された第93回アカデミー賞授賞式。コロナ禍による異例づくめのセレモニー中、最大のサプライズとなったのが主演男優賞だった。5人の候補者の中で最有力と見られたのは、『マ・レイニーのブラックボトム』(Netfl … 続きを読む

【インタビュー】舞台「魔法使いの約束」第1章 山田ジェームス武&橋本汰斗&新正俊 魔法使いと賢者の関係が魅力の人気ゲームが初舞台化

舞台・ミュージカル2021年5月3日

 5月14日から舞台「魔法使いの約束」第1章が上演される。本作は、スマートフォン向けソーシャルゲームで、配信開始からすでに500万超ダウンロードされている人気ゲーム『魔法使いの約束』の舞台版。魔法使いと人間が共存する五つの国が存在する世界を … 続きを読む

amazon

page top