「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

2018年12月9日 / 21:00

-久武は西郷をどんなふうに見ていたのでしょうか。

 最初は久武の方が身分もずっと上ですが、男として見込んだからこそ、手紙のやりとりをするなど、交流を深めていったに違いありません。ただ、不器用な人間だとは思っていたでしょうね。自分の意見を言い過ぎて、島流しに遭ったりもしているので…。それでも、自分ないものを持っている西郷は、絶対に薩摩に必要な人間だと考えていた。それほど信頼していたからこそ「西郷が行くなら…」と、西南戦争にも同行したのでしょう。

-明治編の西郷と大久保の関係については、どんなふうにご覧になっていますか。

 2人が決別していく様子は、見ていて悲しくなりますよね。一度、薩長同盟を結ぶ前に、西郷と大久保が廊下の隅でこっそり話しているところに久武が通りかかって、何を勘違いしたのか、2人の仲を誤解する場面があったんです(第29回)。「おまえら、そうなの…?」と(笑)。ただ、久武にはそれぐらい仲がよく見えていたわけです。そういう2人が仲違いをするのは、やっぱり寂しいなと…。

-弓の名人である久武は、西南戦争でも活躍するようですね。

 鉄砲の弾が次々と飛んでくる中、部下に止められながらも意地を見せて弓を射るという見せ場があります。弓を引くのは初めてでしたが、頑張って練習したので、カッコよく映っていたらいいですね。重い話ではありますが、世の中が移り変わっていく時代ということもあって、みんなバラバラな格好をしている辺りは西南戦争の見どころではないでしょうか。僕も、頭は七三分けなのに、鎌倉時代のような格好をしていますから(笑)。

-1年間、大河ドラマに出演してみて今後、俳優への意欲は?

 こればかりはオファーが来ないと何とも言えませんが、その気にはなっています。マネジャーにもしっかり、「その道はあるぞ」と伝えてあります(笑)。

(取材・文/井上健一)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

映画2019年7月19日

 7月19日に公開された、新海誠監督の最新作『天気の子』。主人公・森嶋帆高とヒロイン・天野陽菜の声は、オーディションで2000人以上の中から抜てきされた、俳優の醍醐虎汰朗と森七菜が演じる。声優初挑戦の2人が、本作に懸ける思い、新海監督作品へ … 続きを読む

「どうしてこんなことを言うんだろう」はっきりとした物言いをする役柄に葛藤 福地桃子(柴田夕見子)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月19日

 北海道の牧場を飛び出して大学に進学し、自立した女性として自分の人生を歩む柴田家の長女・夕見子を演じている福地桃子。はっきりした物言いは、時にその場の空気を乱し、キツい印象を与えがちで、当初は自分と真逆の性格の役柄に悩んだという。しかし、今 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top