「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

2018年12月9日 / 21:00

-久武は西郷をどんなふうに見ていたのでしょうか。

 最初は久武の方が身分もずっと上ですが、男として見込んだからこそ、手紙のやりとりをするなど、交流を深めていったに違いありません。ただ、不器用な人間だとは思っていたでしょうね。自分の意見を言い過ぎて、島流しに遭ったりもしているので…。それでも、自分ないものを持っている西郷は、絶対に薩摩に必要な人間だと考えていた。それほど信頼していたからこそ「西郷が行くなら…」と、西南戦争にも同行したのでしょう。

-明治編の西郷と大久保の関係については、どんなふうにご覧になっていますか。

 2人が決別していく様子は、見ていて悲しくなりますよね。一度、薩長同盟を結ぶ前に、西郷と大久保が廊下の隅でこっそり話しているところに久武が通りかかって、何を勘違いしたのか、2人の仲を誤解する場面があったんです(第29回)。「おまえら、そうなの…?」と(笑)。ただ、久武にはそれぐらい仲がよく見えていたわけです。そういう2人が仲違いをするのは、やっぱり寂しいなと…。

-弓の名人である久武は、西南戦争でも活躍するようですね。

 鉄砲の弾が次々と飛んでくる中、部下に止められながらも意地を見せて弓を射るという見せ場があります。弓を引くのは初めてでしたが、頑張って練習したので、カッコよく映っていたらいいですね。重い話ではありますが、世の中が移り変わっていく時代ということもあって、みんなバラバラな格好をしている辺りは西南戦争の見どころではないでしょうか。僕も、頭は七三分けなのに、鎌倉時代のような格好をしていますから(笑)。

-1年間、大河ドラマに出演してみて今後、俳優への意欲は?

 こればかりはオファーが来ないと何とも言えませんが、その気にはなっています。マネジャーにもしっかり、「その道はあるぞ」と伝えてあります(笑)。

(取材・文/井上健一)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「勘九郎くんの芝居が、お父さまにそっくりで驚きました」大竹しのぶ(池部幾江)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年4月21日

 ストックホルムから帰ってきた金栗四三(中村勘九郎)は、故郷・熊本で幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)と結婚する。だがそれは、病気で亡くなったスヤの夫の家・池部家に四三が養子に入り、改めてスヤを嫁に迎えるという、四三にとって予想外の展開によるもの … 続きを読む

【映画コラム】14歳の少年が体だけ大人になって…『シャザム!』

映画2019年4月20日

 「DCエクステンデッド・ユニバース」の第7作となる『シャザム!』が公開された。  14歳の少年ビリー・バットソン(アッシャー・エンジェル)は、魔術師に選ばれ、中身は14歳のまま、超能力を備えた大人のヒーロー(ザッカリー・リーバイ)に変身す … 続きを読む

【2.5次元】「メサイア-黎明乃刻-」インタビュー、橋本真一&山本一慶の私生活での「メサイア」は?

舞台・ミュージカル2019年4月19日

 テレビドラマや舞台、実写映画などのメディアミックスを展開している「メサイア・プロジェクト」の最新作となる舞台「メサイア-黎明乃刻-」が9月5日から上演される。情報戦争が激化した世界を舞台に、スパイとして生きる「サクラ」候補生を描く本プロジ … 続きを読む

【インタビュー】『愛がなんだ』岸井ゆきの「『この役を逃したら駄目だ!』と思いました」今泉力哉監督「テルコ役は『ぜひ岸井さんで』とお願いしました」

映画2019年4月18日

 友人の結婚式の二次会で出会った田中マモルに恋した山田テルコ。その日からテルコの日常は、マモルこと“マモちゃん”一色に染まり始める。平日の朝でも電話で呼び出されれば、平気で仕事もぶっちぎる。だけど、そんなテルコにマモちゃんは気まぐれな態度を … 続きを読む

【インタビュー】「明治東亰恋伽」伊原六花 映画&ドラマでW主演 自分なりの“芽衣ちゃん”に自信!

ドラマ2019年4月15日

 昨年“バブリーダンス”で注目を集めた大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンで、卒業後は女優として活動する伊原六花。デビューからわずか1年で、恋愛ファンタジーゲームを基にした「明治東亰恋伽」の連続ドラマと映画でW初主演を果たす伊原に、撮影 … 続きを読む

page top