「山県有朋は、西郷と大久保の間で揺れ動いていたに違いありません」村上新悟(山県有朋)【「西郷どん」インタビュー】

2018年12月2日 / 21:00

 沈黙を保っていた西郷隆盛(鈴木亮平)が、ついに不平士族たちを率いて鹿児島を出立。いよいよ次回、日本史上最後の内戦・西南戦争が幕を開ける。この戦いで政府軍を率いて西郷軍を迎え撃つのが、かつて西郷の下で徴兵制の実現を目指した陸軍卿・山県有朋。演じる村上新悟が、役作りの裏話、西郷に対する山県の思いなどを語ってくれた。

山県有朋役の村上新悟

-山県有朋役に決まったときのお気持ちは?

 ありがたいお話しでしたが、「難しい役どころがきたな…」というのが素直な気持ちです。というのも、総理大臣を2度務め、「国軍の父」とも呼ばれて歴史の教科書に載る一方で、「軍国主義の権化」という批判的な捉え方もある人物。だから、どんなふうにアプローチしたらいいのか、最初は悩みました。

-そんな山県の役作りはどのように?

 山県有朋は83歳まで生きていますが、僕が演じるのは西南戦争直後の40歳頃まで。つまり、人生の半分ぐらいなんです。良くも悪くも、歴史に残ることをしたのはその後。だから、それまでどんなふうに生きてきたのか、詳しいことは分かりませんでした。山県について書かれた本もかなり読みましたが、40歳までの人生ついては、3分の1書いてあればいい方で、あとは西南戦争以後のことが大半。山口県の方に話を聞いても、若い頃に何をやっていたのかは、あまり知られていないらしく…。

-となると、役作りも大変ですね。

 ヒントになったのは、下級武士の家に生まれ、家庭環境にも恵まれず、愛情や家庭的なものに飢えて育ったということ。そうした細かい逸話の中から、劣等感が生まれ、反骨精神が育まれていったのだろうと、自分の中で人物像を作り上げていきました。

-演じる上で心掛けていることは?

 初登場は第41回でしたが、その前から放送されている本編を見て、「このときは既に西郷さんに会っている」、「この頃は奇兵隊にいた」みたいな感じで、自分なりのサブストーリーを作っていました。だから、今出演している場面で、例えしゃべっていなくても、それまでの人生を踏まえて、「こんなことを考えているんだろうな」と考えながら演じています。

-初登場となった第41回では、かつての仲間に勝手に大金を貸して利益を得る汚職事件「山城屋事件」を起こし、西郷に政府を追い出されましたが…。

 初登場でいきなりどんちゃん騒ぎをするので、「何だこいつ?」と思われないか心配でした(笑)。とはいえ、「『なぜこんなやつらに政府を任せてしまったのか』と西郷に思わせたいので、思い切り騒いでください」と演出からも指示があり、思い切ってやらせてもらいました。ただ、山県は非常に用心深くて疑心が強く、慎重な性格。奇兵隊にいた頃、みんながフグを食べている中、毒に当たることを恐れて1人だけタイを食べたという逸話もあるぐらい。だから、あんな汚職事件を起こした理由が分かりませんでした。おそらく、明治維新後の急激な時代の流れに飲まれていたのでは…と想像しましたが。また、史実ではその後、西郷さんに助けられています。

-そんな西郷に対する山県の思いは?

 西郷さんのことは心から尊敬しています。西郷さんは太陽のような人。懐が深くて物腰も柔らかいので、周りに人が集まってくる。それに対して山県は「有朋」という名前に「月」の字が三つ入っているように、月のような人。「有朋」の「朋」は「仲間」の意味ですが、寂しい少年時代を過ごしたので、仲間を求める思いもそこに込められていたのではないかと。太陽がなければ月は輝きません。西郷さんは歩む道を照らしてくれる存在だったのではないかと。そんなところも、西郷さんのことを尊敬するようになった理由の一つではないでしょうか。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 世にも奇妙な君物語」黒島結菜「『これをやるのは嫌だな…』と思ったぐらい不気味で奇妙な話」 朝井リョウ原作のオムニバスドラマに主演

ドラマ2021年3月3日

 『桐島、部活やめるってよ』『何者』などで知られる直木賞作家・朝井リョウの小説を原作にしたオムニバスドラマ「世にも奇妙な君物語」が、3月5日からWOWOWで放送開始となる(全5話/第1話無料放送)。世の中を鋭い視点で見つめた斬新なアイデアを … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「GHOST」 咲妃みゆ「課題は『自立した女性の色気』」名作映画のミュージカル版の再演に挑む

舞台・ミュージカル2021年3月3日

 1990年に公開され、世界中で大ヒットした映画『ゴースト/ニューヨークの幻』のミュージカル版「GHOST」が3月5日から上演される。日本では2018年に初演された本作は、同作で第63回アカデミー賞脚本賞を受賞したブルース・ジョエル・ルービ … 続きを読む

【インタビュー】映画『NO CALL NO LIFE』優希美青&井上祐貴、期待の若手俳優が挑む「若さ故の危うい恋」

映画2021年3月3日

 ホリプロ60周年を記念した映画『NO CALL NO LIFE』が3月5日から公開される。本作は、壁井ユカコの同名小説を原作に、親からの愛情を知らずに育った主人公の女子高生・有海と、同じ境遇の不良少年・春川の、痛いほどに切ない恋を描いた青 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三回「栄一、仕事はじめ」庶民の日常を見つめるドラマと大河ドラマらしいスケール感が一体化した作品の魅力

ドラマ2021年3月2日

 手塩に掛けて育てた藍葉が虫害に遭い、苦境に陥った家業を助けたい一心から、母・ゑい(和久井映見)に頼み込み、父・市郎右衛門(小林薫)に無断で、他の村から藍葉を買い付けてきた栄一(吉沢亮)。それを怒られるのではないかと、庭に積まれた藍葉の山を … 続きを読む

【インタビュー】舞台「陽だまりの樹」早乙女友貴 手塚治虫原作の「今の世の中の状況とリンクする物語」で挑む武士役

舞台・ミュージカル2021年3月2日

 手塚治虫の名作『陽だまりの樹』が舞台化され、3月5日から上演される。本作は、幕末を舞台に、ちゃらんぽらんな性格だが、医師としての情熱と優れた技術を持つ手塚良庵と、剣の才能に恵まれ、正義感が強い下級武士・伊武谷万二郎が、時に恋敵となり、時に … 続きを読む

amazon

page top