【インタビュー】『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』窪田正孝「アニメでなければできない表現が満載」広瀬アリス「カッコいいバトルシーンだけでなく、人間ドラマにも注目してほしい」

2018年10月5日 / 18:14

-完成した映像を見た感想は?

窪田 もう、別世界でした。アニメでなければできない表現が満載で…。例えば今、実写映画を渋谷のど真ん中で撮影しようと思っても、なかなか難しい。まして、無人の渋谷なんて絶対に無理。アクションシーンにしても、例えばユウナ(声:悠木碧)というキャラクターは大きな棺桶型の武器を持って走り回るけど、実写ではあんなことできない。僕もアクションをやりますが、三味線を背負って戦うだけでも、ものすごく大変ですから(笑)。でも、アニメであれば、そういうものを実写以上に迫力ある映像として作ることができる。そういうところがアニメの特権だなと、今回改めて思いました。

広瀬 東京の風景がリアルに描かれているのが楽しかったです。工事中の場所などもそのままなので、よりリアリティーが増したし、そういう見慣れた風景が崩壊していくのも面白くて…。普段は絶対に見られないですからね(笑)。しかも、バトルシーンは迫力があるだけでなく、色彩的にもとても美しいんです。思わず見入ってしまいました。声を録音したときに想像していた以上のものが出来上がっていたので、本当に今のアニメーションはすごいなぁと…。

-お二人が考えるこの作品の魅力とは?

窪田 若い子向けなのかと思っていたら、実は大人に向けた部分もすごく多い。例えば、「人間は必ずしも正義ではない」という指摘ですが、目の前に害虫がいた場合、駆除するのは人間にとって当たり前のことだけど、害虫の立場に立てば、俺たちだって生きている、ということになる。でもそれができるのは、人間は自分たちが頂点にいると思っているからで、人間にとって都合のいい考え方をしていることも少なくないんだなと。そういうふうに、アニメだからこそできる設定を生かした今までとは違う視点の物語からは、いろいろなことに気付かされました。

広瀬 カッコいいバトルシーンはもちろん大きな見どころですが、「戦って、勝って、めでたしめでたし」というだけではないんです。ソラとカナタの友情やトウヤ(声:細谷佳正)とユウナの兄妹の絆とか、いろいろな人同士の関係が描かれています。とてもシンプルだけど「子ども向け」という枠に収まらない、しっかりとした人間ドラマにも注目してほしいです。

窪田 子どもの頃に見たアニメって、大人になっても心の中に残りますよね。そういう意味で、これが子どもたちの心に残ってくれたらいいなと。何十年かたって大人になったとき、その子たちのルーツになってくれたら、この作品をやった意味がもっと生きてくるのではないでしょうか。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)XFLAG

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」最終回直前! 脚本家・宮藤官九郎&チーフ演出・井上剛「『いだてん』と出会えて良かった」

ドラマ2019年12月15日

 本日、最終回を迎える大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。放送を前に、全47回の脚本を執筆した脚本家の宮藤官九郎とチーフ演出の井上剛がコメントを発表した。  まず「歴史の資料を基にドラマを描くのは、僕にとってチャレンジで … 続きを読む

【映画コラム】“映画の始まり”を知ることができる『カツベン!』

映画2019年12月13日

 舞台は、映画が活動写真と呼ばれ、まだサイレント(無声)だった大正時代。周防正行監督が、映画を説明する「活動弁士」に憧れる染谷俊太郎(成田凌)の夢や恋を描いた『カツベン!』が公開された。  弁士の語りはもちろん、活動写真風のスラップスティッ … 続きを読む

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

page top