「江戸無血開城の場面は、鈴木亮平くんや監督といろいろアイデアを出し合いました」遠藤憲一(勝海舟)【「西郷どん」インタビュー】

2018年9月30日 / 20:50

 西郷吉之助(鈴木亮平)率いる新政府軍による江戸総攻撃は回避され、ついに徳川家は江戸城を明け渡すこととなった。日本史に名を残す「江戸無血開城」である。旧幕府側の代表として西郷と交渉を行い、この歴史的決断に大きく関わったのが勝海舟。第37回で繰り広げられた2人の交渉は、西郷役の鈴木と勝役の遠藤の芝居の応酬が印象深い場面となった。これまで勝を人間味豊かに演じてきた遠藤が、江戸無血開城を中心に撮影の舞台裏を語ってくれた。

勝海舟役の遠藤憲一

-江戸無血開城の場面を終えた感想は?

 勝は正直な人なので、「この戦で江戸をつぶしてほしくない」という思いを、腹の底から心を込めて演じることをテーマにしました。そこで思いついたのが、「正装と正座はしない」ということ。この作品ではそういう格好で西郷に会っている場面が一つもなかったので、大事な話し合いとはいえ、普段のままでいきたいと。事前に見せてもらった絵では正座で向き合っていたのですが、その場を見た人は誰もいないという話だったので、監督の了解を得てそうさせてもらいました。

-鈴木さんとは無血開城の場面について何かお話をされましたか。

 亮平くんも、人に説得されたから攻撃を中止するということだけにはしたくなかったらしく、監督を交えていろいろアイデアを出し合いました。俺も、自分だけでなく西郷の芝居まで考えるほどのめり込んでいたけど、監督の方がずっといいアイデアを持っていて…(笑)。その結果、勝と話し合った西郷が「天下万民のために行動を起こした」と思い出した後、庭で美しく咲き誇る桜と、その花びらが散っていくさまを見て、命の大事さに気づくという芝居を加えています。亮平くんもいろいろ葛藤しながら演じていましたが、お互いに人間同士のやり取りができたので、いいシーンになったと思います。

-改めて、勝海舟の役作りはどのように?

 中学校の同級生が高校で歴史の教師をやっているんです。俺は歴史に詳しくないので、大河ドラマをやるときは必ず彼に話を聞くようにしています。今回は明治維新の話を聞いて、人間関係や歴史の流れを整理してから、勝を主人公にした小説を読み始めました。勝が主人公のドラマも2作品ほど見ましたが、キャラクターについては、その小説からものすごく刺激を受けています。ただ、分厚い本が6冊もある長い小説なので、読み終わらないうちに無血開城の場面をやることになってしまいましたが…(笑)。

-物語に大きな影響を与える人物を演じる心構えは?

 出番が多ければまた違いますが、今回は限られた登場の仕方なので、勝の役割がきちんとシーンごとに出るように深く考えて、練習する。練習して考える、練習して考える…。その繰り返しです。休みの日など、時間ができたときは、ウォーキングと読書をするようにしているのですが、今回はその小説を読んでいたので、撮影がない日も勝海舟でいることができました。

-そういうところを踏まえて、遠藤さんから見た勝海舟とはどんな人物でしょうか。

 とても正直な人。立場がどうであろうと、基本的に誰に対しても対応を変えない。もちろん、相手が幕臣の場合と庶民の場合とでは話す内容は違いますが、人を区別せず、向き合う姿勢は変わらない。そこが一番の魅力ではないでしょうか。

-西郷と普段着のまま向き合うというのも、そういうところから出てきたものでしょうか。

 そうですね。そこは誇張したかったところです。大事な場面だから、正装してお願いをする、みたいなことにはしたくなかった。事実は違うかもしれませんが、この作品で俺が感じた勝という人物には、その方がふさわしいと思って。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ミュージカル「フラッシュダンス」愛希れいか&廣瀬友祐「劇場で特別な時間を」

舞台・ミュージカル2020年8月10日

 日本初演となるミュージカル「フラッシュダンス」が、9月12日から開幕する。本作は、1983年に公開され、世界中で大ヒットを記録した青春映画『フラッシュダンス』を舞台化した作品。生演奏による「ホワット・ア・フィーリング」「マニアック」などの … 続きを読む

【インタビュー】『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』井上祐貴 「20年、30年後、先輩ウルトラマンの皆さんのように、僕もファンの前に立たせてもらいたいと思っています」

映画2020年8月6日

 8月7日全国ロードショーとなる『劇場版ウルトラマンタイガ  ニュージェネクライマックス』は、2013年の「ウルトラマンギンガ」以降の7年間に活躍した “ニュージェネレーションヒーローズ”と呼ばれるウルトラマンたちが集結する決定版だ。その中 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ぐらんぶる』竜星涼「日本のエンタメ界の火付け役になれば」 犬飼貴丈「初体験は『不安』から『自信』に」

映画2020年8月6日

 キラキラな青春を夢見て離島の大学に入学した北原伊織(竜星涼)と今村耕平(犬飼貴丈)。ところが、2人が入部したのは、なぜかマッチョな男たちが日夜ばか騒ぎを繰り広げるダイビングサークル「ピーカブー」だった…。癖が強めな女子メンバーも加わり、伊 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「正しいロックバンドの作り方 夏」栗原類&吉田健悟 藤井流星&神山智洋とは「自然と会話が生まれて、自然と会話が消える」関係性

舞台・ミュージカル2020年8月6日

 日本テレビ深夜ドラマ「シンドラ」の第12弾として放送された、ドラマ「正しいロックバンドの作り方」が舞台化され、「正しいロックバンドの作り方 夏」として8月9日から上演される。本作は、主演の藤井流星と神山智洋(共にジャニーズWEST)、そし … 続きを読む

【インタビュー】『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~!恋する汁なしタンタンメン!!の巻』石田秀範監督 20年ぶりの復活に「『どうすれば子どもたちが無邪気に喜んでくれるのか?』を一番に考えました」

映画2020年8月5日

 真っ赤なボディーに愛きょうたっぷりな顔、根性はあるけどドジなお手伝いロボット「ロボコン」が、昭和、平成に続き、令和の時代に三度目の復活! かつてのテレビシリーズを知る親世代も、子どもたちと一緒に楽しめる『がんばれいわ!!ロボコン ウララ~ … 続きを読む

page top