鈴木亮平、「並々ならぬ気合を持って臨んだ」 西郷どん「無血開城」の撮影

2018年9月27日 / 17:46

主人公・西郷吉之助(隆盛)役の鈴木亮平

 NHK大河ドラマ「西郷どん『第37回江戸無血開城』」の試写会が27日、東京都内で行われ、主人公・西郷吉之助(隆盛)役の鈴木亮平と、幾島役の南野陽子、制作統括の櫻井賢氏が出席した。

 「江戸無血開城」を描く今月30日放送の第37回では、“戦いの鬼”となり、江戸に軍を進める吉之助。江戸総攻撃が目前に迫る中、江戸の街を救うように天璋院(北川景子)と幾島(南野)、そして、勝海舟(遠藤憲一)に強く説得され、吉之助は大きな決断を迫られる。

 鈴木は「歴史のハイライトとなる大きなシーン。僕らも並々ならぬ気合を持って臨みました」とアピール。勝が持ちかけた「無血開城」に吉之助がどのように応じるのか、鈴木自身、注目していたという。「台本を開いた時に書いてあったのは“長い間”(というト書き)。そして『わかりました』というせりふ。その“長い間”をどう埋めるか。何の“長い間”なのか…? 監督と、遠藤憲一さんとかなり話し合って、今回のシーンのようになりました」と話した。

 同放送では、吉之助が3人の人物(天璋院、勝、慶喜)と一対一で向き合うシーンが描かれる。鈴木は「その3人を吉之助がどう“受けて”いくのかが見どころの1つ。これから吉之助は“攻める人間”でなく“受ける人間”になっていく。『鈴木亮平の受ける力を100パーセント発揮してほしい』と言われ、僕の中でもそれを意識してやりました」と振り返った。

 無血開城の後には、吉之助が多数の本に囲まれて過ごす“束の間の休息シーン”も。鈴木は、「二宮尊徳さんの本などもありました。僕の写真集、その横に北川景子ちゃんの20歳ぐらいの時の写真集も置かれていて現場が和みました」と裏話を披露。「本番ではさすがに取っていますが、リハではありましたね。南野陽子写真集もあって、素敵な幾島様がいらっしゃいました」と明かし、南野は「申し訳ありません」と苦笑していた。

 そんな南野は今回でクランクアップ。「とにかく皆さんが温かく迎え入れてくださった。幾島を演じた歴代の方たちは素晴らしい人たちで到底及ばないが、自分なりに楽しくやらせていただきました」と感謝の気持ちを述べていた。

幾島役の南野陽子


芸能ニュースNEWS

「リモラブ」波瑠と松下洸平の“リアルな恋”が始動 濃厚接触覚悟のバックハグシーンが公開

ドラマ2020年12月2日

 波瑠が主演するドラマ「#リモラブ ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系)第7話の場面写真が、2日に公開された。  本作は、恋愛をさぼってきた“おひとりさま”の産業医・大桜美々(波瑠)が、SNS上で知り合った檸檬(れもん)こと青林風一(松下洸 … 続きを読む

「姉ちゃんの恋人」有村架純と林遣都の観覧車シーンに反響 「林遣都の泣き顔がたまらない」

ドラマ2020年12月2日

 有村架純が主演するドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系)の第6話が、1日に放送された。  本作は、ホームセンターで働きながら3人の弟を養う“肝っ玉姉ちゃん”安達桃子(有村)が、職場で出会った吉岡真人(林遣都)に恋をする様子を描 … 続きを読む

「恋あた」“まこっちゃん” 仲野太賀に祝福の声 「キキはまこっちゃんと一緒が絶対に幸せ」

ドラマ2020年12月2日

 森七菜と中村倫也が出演するドラマ「この恋あたためますか」(TBS系)の第7話が、1日に放送された。  浅羽(中村)から、「君の気持ちには応えられない」と告白を断られた樹木(森)は、とっさに「あれは冗談です」とごまかし、浅羽のことは諦めよう … 続きを読む

「Endless SHOCK」舞台と映画を同時上演! 堂本光一「傷ついた心が潤ってくれれば」

舞台・ミュージカル2020年12月2日

 「Endless SHOCK -Eternal-」制作発表が1日、東京都内で行われ、出演者の堂本光一、上田竜也、越岡裕貴、松崎祐介ほかが登壇した。  本作は、今年2月に新型コロナウイルスの影響を受けて中止となった、帝国劇場での「Endle … 続きを読む

フワちゃん、「流行語」受賞に「まじサイコー!」 「いろんな大御所の人と友達になった」

授賞式2020年12月1日

 年末恒例の「2020ユーキャン新語・流行語大賞」発表・授賞式が1日、東京都内で行われ、「年間大賞」は「3密」に決定した。  「トップ10」には、「愛の不時着」「あつ森(あつまれ どうぶつの森)」「アベノマスク」などの他、人気ユーチューバー … 続きを読む

page top