鈴木亮平、「並々ならぬ気合を持って臨んだ」 西郷どん「無血開城」の撮影

2018年9月27日 / 17:46

主人公・西郷吉之助(隆盛)役の鈴木亮平

 NHK大河ドラマ「西郷どん『第37回江戸無血開城』」の試写会が27日、東京都内で行われ、主人公・西郷吉之助(隆盛)役の鈴木亮平と、幾島役の南野陽子、制作統括の櫻井賢氏が出席した。

 「江戸無血開城」を描く今月30日放送の第37回では、“戦いの鬼”となり、江戸に軍を進める吉之助。江戸総攻撃が目前に迫る中、江戸の街を救うように天璋院(北川景子)と幾島(南野)、そして、勝海舟(遠藤憲一)に強く説得され、吉之助は大きな決断を迫られる。

 鈴木は「歴史のハイライトとなる大きなシーン。僕らも並々ならぬ気合を持って臨みました」とアピール。勝が持ちかけた「無血開城」に吉之助がどのように応じるのか、鈴木自身、注目していたという。「台本を開いた時に書いてあったのは“長い間”(というト書き)。そして『わかりました』というせりふ。その“長い間”をどう埋めるか。何の“長い間”なのか…? 監督と、遠藤憲一さんとかなり話し合って、今回のシーンのようになりました」と話した。

 同放送では、吉之助が3人の人物(天璋院、勝、慶喜)と一対一で向き合うシーンが描かれる。鈴木は「その3人を吉之助がどう“受けて”いくのかが見どころの1つ。これから吉之助は“攻める人間”でなく“受ける人間”になっていく。『鈴木亮平の受ける力を100パーセント発揮してほしい』と言われ、僕の中でもそれを意識してやりました」と振り返った。

 無血開城の後には、吉之助が多数の本に囲まれて過ごす“束の間の休息シーン”も。鈴木は、「二宮尊徳さんの本などもありました。僕の写真集、その横に北川景子ちゃんの20歳ぐらいの時の写真集も置かれていて現場が和みました」と裏話を披露。「本番ではさすがに取っていますが、リハではありましたね。南野陽子写真集もあって、素敵な幾島様がいらっしゃいました」と明かし、南野は「申し訳ありません」と苦笑していた。

 そんな南野は今回でクランクアップ。「とにかく皆さんが温かく迎え入れてくださった。幾島を演じた歴代の方たちは素晴らしい人たちで到底及ばないが、自分なりに楽しくやらせていただきました」と感謝の気持ちを述べていた。

幾島役の南野陽子


芸能ニュースNEWS

水卜麻美、最近痩せた理由を告白 「今のうちに“太りしろ”を作っている」

テレビ2020年8月5日

 日本テレビの水卜麻美アナウンサー、お笑いタレントの加藤浩次ほかが、4日放送のバラエティー番組「ウチのガヤがすみません!SP」(日本テレビ系)に出演。朝の情報番組「スッキリ」(同)のスタッフが、加藤らMC陣の“裏の顔”を告発した。  番組ス … 続きを読む

二宮和也「嵐の“推しメン”は大野さん」 「歌っていないときに休む癖がある」

イベント2020年8月5日

 「ソフトバンクと嵐の5Gプロジェクトに関する発表会」が5日、東京都内で行われ、嵐の大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤が出席した。  ソフトバンクは、臨場感あふれる視聴体験を実現する新コンテンツサービス「5G LAB」を発表。その一 … 続きを読む

浜辺美波、理想は「好きな男の子に写真を撮ってもらうシーン」 北村匠海「女子会感に付いていけない」

映画2020年8月5日

 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』公開直前生配信イベントが4日、東京都内で行われ、出演者の浜辺美波、北村匠海、ゲストとしてYouTuberのエミリンが出席した。  男女4人の高校生の恋愛模様を描いた本作は、『君の膵臓をたべたい』(17)で … 続きを読む

「私の家政夫ナギサさん」多部未華子の家族愛に感動の声 「不覚にも泣いた。やっぱり家族愛ステキ!」

ドラマ2020年8月5日

 多部未華子が主演するドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)の第5話が4日に放送された。  本作は、MR(医薬情報担当者)としてバリバリ働く28歳の独身女性・相原メイ(多部)が、おじさん家政夫の鴫野ナギサ(大森南朋)を雇ったことから巻き … 続きを読む

高橋真麻、石田純一の濃密宴会報道に一言 「治療してくれた医療従事者を思い出して」

テレビ2020年8月4日

 お笑いタレントのヒロミ、フリーアナウンサーの高橋真麻が4日放送のテレビ番組「バイキング」(フジテレビ系)に出演した。  番組では、俳優の石田純一が7月下旬、福岡県に出張で5日間滞在し、ゴルフや連夜の濃密宴会を楽しんでいたと、一部週刊誌が報 … 続きを読む

page top