【インタビュー】「僕らは奇跡でできている」高橋一生「僕は“足りていないところ”は、基本的にはもうないです」 “変わり者”の大学講師役で主演

2018年9月18日 / 15:12

-何かに没入すると、歯医者の予約を忘れたりしてしまったりする一輝ですが、高橋さんもそういう経験はありますか。

 約束を破ってしまうことはあります(笑)。友人と遊ぶ日に仕事が入ってしまったり、仕事がある日の夜に友人を呼んでしまい、間に合わず「ちょっと先に始めといて」と言ったり…。もうそりゃ非難ごうごうです(笑)。そういうときは、本当に平謝りです。

-高橋さんが、民放ゴールデン・プライム帯連ドラに主演するのはこれが初めてです。特別な意識はありますか。

 大変、失礼なことかもしれませんが、今まで通りです。ここで浮足立ってしまってもしょうがないですし、今まで通りお芝居に向かい合っていくというスタイルは変えていないです。それは皆さんが決めてくださればいいと思っています。「こいつ多分、意気込んでるな」という感じで(笑)。

-視聴者の反応は知りたいですか。

 そうですね。けれど、僕はそれを直接見ることはできない。まずは、スタッフの方々に「この人を使って良かった」と思ってもらえるのが一番です。それが拡大して見てくれている人(視聴者)になると思っているので。現場のスタッフの方々が「これは面白くなるぞ…」と感じている雰囲気って空気で分かるんです。それをいつも見ていて、反応がいいと「あっ、これでいいんだ」と演じる上での迷いもなくなっていく。自分だけで完結するのでなく、スタッフの皆さんが出してくれた反応を共有しながら、やっています。

-ドラマのタイトル「僕らは奇跡でできている」については、どのように感じましたか。

 「全くその通り。全部、同意します」と思いました(笑)。みんな、仕組まれたかのような奇跡的なタイミングで(この世に)存在しているわけですが、普段はあまりそのことに気付かない。人はどうしても「何か足りない」と思い、それを足していくような作業をしているけれど、真理は決してそういうものではないんじゃないかと思うんです。生きていく上では何かを求めていかなければいけないけれど、「全部足りている」というところからスタートできるのと、「足りないから何かを補充していく」というやり方では、随分生き方が変わってくると思います。

-高橋さんがご自分の中で「足りていないもの」「足りているもの」を意識することはありますか。

 僕は「足りていないところ」は、基本的にはもうないです(笑)。「足りている」ということに関しては、ただ感謝していくしかないです。先ほども話したように、みんなが「高橋一生、面白いな」と現場で思ってくれていて、それに対して自分が応えることができる環境にいられるって、僕にとっては既に「足りている」状態なんです。「足りていないものが何か…?」となると一生懸命考えなければ見つかりません(笑)。

(取材・文/山中京子)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『トイ・ストーリー4』 新木優子「コンプレックスが、ギャビー・ギャビーを通して自信につながった」

映画2019年7月22日

 世界初の長編フルCGアニメーションとして映画の歴史を変えた『トイ・ストーリー』シリーズの最終章『トイ・ストーリー4』が、7月12日に公開された。製造不良のためおしゃべりができず、長い間店の奥で忘れられていたアンティーク人形ギャビー・ギャビ … 続きを読む

【映画コラム】今度の舞台は雨が降り続く東京『天気の子』

映画2019年7月20日

 『君の名は。』(16)を大ヒットさせた新海誠監督の新作アニメーション映画『天気の子』が公開された。  天候の調和が狂い、雨が降り続く東京。離島から家出し、東京にやってきた高校生の帆高(声:醍醐虎汰朗)は、雨をやませる能力を持つ少女・陽菜( … 続きを読む

おでん屋でのアドリブ歌唱は無念の「9割カット」、それでも朝ドラに注ぐ熱い思い 山口智子(岸川亜矢美)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月20日

 30年前、「純ちゃんの応援歌」で女優人生をスタートさせた山口智子にとって、朝ドラは特別なステージだ。「ご恩返しをしたい」と、ダンスシーンに挑戦したり、編集でカットされるのも承知の上で、おでん屋のカウンター内で“一人懐メロ歌謡祭”を繰り広げ … 続きを読む

【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

映画2019年7月19日

 7月19日に公開された、新海誠監督の最新作『天気の子』。主人公・森嶋帆高とヒロイン・天野陽菜の声は、オーディションで2000人以上の中から抜てきされた、俳優の醍醐虎汰朗と森七菜が演じる。声優初挑戦の2人が、本作に懸ける思い、新海監督作品へ … 続きを読む

「どうしてこんなことを言うんだろう」はっきりとした物言いをする役柄に葛藤 福地桃子(柴田夕見子)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月19日

 北海道の牧場を飛び出して大学に進学し、自立した女性として自分の人生を歩む柴田家の長女・夕見子を演じている福地桃子。はっきりした物言いは、時にその場の空気を乱し、キツい印象を与えがちで、当初は自分と真逆の性格の役柄に悩んだという。しかし、今 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top