高橋一生、村上淳との“不思議な縁”を告白 小学生の頃「“山なり兄さん”と呼んでいた」

2018年2月24日 / 18:10

高橋一生(左)と村上淳

 映画『blank13』全国拡大公開初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の高橋一生、神野三鈴、村上淳、佐藤二朗、永野、リリー・フランキー、齊藤工監督が登壇した。

 本作は“映画監督”齊藤工が手掛ける初の長編作品。13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まる、ある家族の心の軌跡を描く。

 齊藤監督は、拡大公開が決まり「本当に胸がいっぱい。映画大好き少年がそのまま大人になったような人間なので本当に夢のようです」と感無量の面持ちであいさつした。

 齊藤監督から直々にオファーを受けた佐藤は「僕は無名のときから知っていて、どんな作品を撮るんだろうと思っていたけど、完成作を見たらすごく面白かった。工に感謝を伝えたい」と語った。齊藤監督も「二朗さんにおんぶに抱っこでしたよ」と感謝の思いを伝えた。

 一方、主人公のコウジを演じた高橋は、村上との“不思議な縁”についてエピソードを披露した。バスケットボールを抱えて登壇した村上だったが、それには意味があるそうで、高橋は「僕が小学生の頃、校庭開放ですごく格好いいお兄さんがいて、バスケットのシュートを練習されていた。そのお兄さんはタンクトップを着て『ボールは放物線で、山なりにシュートをするんだよ』と教えてくれたので、僕は“山なり兄さん”と呼んでいたのですが、あるときから、コンビニに行くと、山なり兄さんが本の表紙になっている。それが村淳さんだったんです」と振り返った。

 その後、村上が持参したボールを観客に向けて“シュート”するサプライズ企画が実施された。見事キャッチした観客に向けて、村上が「全員のサインが入っています。皆さんからのプレゼントです」とほほ笑むと、隣で見守っていた高橋も「山なり兄さんのシュート、何十年ぶりに見ました」と感慨深げだった。

(左から)齊藤工監督、永野、リリー・フランキー、神野三鈴、高橋一生、村上淳、佐藤二朗


芸能ニュースNEWS

米倉涼子、城田優と「共通点は多い。体は大きいけど気は小さい」 城田「やっぱり米さんは本番に強い」

舞台・ミュージカル2021年6月23日

 舞台「SHOWTIME」の公開舞台稽古とあいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の米倉涼子、城田優、森崎ウィン、大澄賢也ほかが登場した。  本作は、「シカゴ」「キャバレー」などのブロードウェーミュージカルの名曲を中心に、歌とダンスで見せ … 続きを読む

二宮和也、10年たっても変わらない“揚げ物愛” 「揚げていると、テンションもどんどん上がる」

CM2021年6月23日

 日清オイリオ「未来を元気にするあなたへ、“植物のチカラ”を。」新CM発表会が23日、東京都内で行われ、嵐の二宮和也が登場した。  2011年6月から10年間、同社のCMキャラクターを務めてきた二宮は「シンプルに10年ってすごい。僕自身も変 … 続きを読む

「着飾る恋」最終回 川口春奈と横浜流星に祝福の声 「向井理の『片思いじゃなかったよ』の破壊力がヤバイ」

ドラマ2021年6月23日

 川口春奈が主演するドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の最終話が、22日に放送された。  本作は、着飾ることで自分の居場所を得ている真柴くるみ(川口)と、一つ屋根の下で暮らすミニマリスト・藤野駿(横浜流星)の恋模様を描く。  S … 続きを読む

オダギリジョー、池松壮亮は「日本映画を引っ張っていく逸材」 池松「オダギリさんは、本当にもう“天使”です」

映画2021年6月23日

 映画『アジアの天使』プレミア上映会が22日、東京都内で行われ、出演者の池松壮亮、オダギリジョー、石井裕也監督ほかが登壇。韓国人キャストのチェ・ヒソ、キム・ミンジェもリモートで参加した。  本作は、『舟を編む』(13)の石井監督がオール韓国 … 続きを読む

波瑠主演「ナイト・ドクター」放送開始 “深澤先生”岸優太の「演技に感動」

ドラマ2021年6月22日

 波瑠が主演するドラマ「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)の第1話が、21日に放送された。  本作は、夜間救急専門の医師「ナイト・ドクター」たちにスポットを当てた医療ドラマ。知られざる夜の病院の実態と、そこで奮闘する5人の若き医師たちの姿を … 続きを読む

amazon

アクセスランキング RANKING

page top