高橋一生、村上淳との“不思議な縁”を告白 小学生の頃「“山なり兄さん”と呼んでいた」

2018年2月24日 / 18:10

高橋一生(左)と村上淳

 映画『blank13』全国拡大公開初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、出演者の高橋一生、神野三鈴、村上淳、佐藤二朗、永野、リリー・フランキー、齊藤工監督が登壇した。

 本作は“映画監督”齊藤工が手掛ける初の長編作品。13年前に突然失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まる、ある家族の心の軌跡を描く。

 齊藤監督は、拡大公開が決まり「本当に胸がいっぱい。映画大好き少年がそのまま大人になったような人間なので本当に夢のようです」と感無量の面持ちであいさつした。

 齊藤監督から直々にオファーを受けた佐藤は「僕は無名のときから知っていて、どんな作品を撮るんだろうと思っていたけど、完成作を見たらすごく面白かった。工に感謝を伝えたい」と語った。齊藤監督も「二朗さんにおんぶに抱っこでしたよ」と感謝の思いを伝えた。

 一方、主人公のコウジを演じた高橋は、村上との“不思議な縁”についてエピソードを披露した。バスケットボールを抱えて登壇した村上だったが、それには意味があるそうで、高橋は「僕が小学生の頃、校庭開放ですごく格好いいお兄さんがいて、バスケットのシュートを練習されていた。そのお兄さんはタンクトップを着て『ボールは放物線で、山なりにシュートをするんだよ』と教えてくれたので、僕は“山なり兄さん”と呼んでいたのですが、あるときから、コンビニに行くと、山なり兄さんが本の表紙になっている。それが村淳さんだったんです」と振り返った。

 その後、村上が持参したボールを観客に向けて“シュート”するサプライズ企画が実施された。見事キャッチした観客に向けて、村上が「全員のサインが入っています。皆さんからのプレゼントです」とほほ笑むと、隣で見守っていた高橋も「山なり兄さんのシュート、何十年ぶりに見ました」と感慨深げだった。

(左から)齊藤工監督、永野、リリー・フランキー、神野三鈴、高橋一生、村上淳、佐藤二朗


芸能ニュースNEWS

「おかあさんといっしょ」体操のお兄さんらが卒業 よしお兄さん「今はほっとした気持ち…」

テレビ2019年2月18日

 NHK「おかあさんといっしょ」出演者交代発表会見が18日、東京都内で行われ、第11代目「体操のお兄さん」の小林よしひさ、「パント!のお姉さん」の上原りさが登場した。  会見では、60周年を迎える番組のリニューアルに伴い、小林と上原が3月末 … 続きを読む

長澤まさみ、木村拓哉へのドッキリに失敗 「途中で気付かれちゃって…」

映画2019年2月16日

 映画『マスカレード・ホテル』の大ヒット御礼舞台あいさつが16日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみと鈴木雅之監督が登壇した。  先月18日に公開された本作は、観客動員数累計280万人を突破した。  ホテルに潜入するエリート刑事 … 続きを読む

市川海老蔵“母不在”の子どもたちを憂慮 「父親だけではきっと支えられないものもある」

トレンド2019年2月16日

 「豊洲市場 Oishii(おいしい)土曜マルシェ」特別企画トークセッション「魚河岸と歌舞伎-豊洲市場の未来に寄せて-」が16日、東京都内で行われ、歌舞伎役者の市川海老蔵、小池百合子東京都知事らが出席した。 続きを読む

橋本祥平「俺が、俺たちがガンダムだ!」 舞台「機動戦士ガンダム00」開幕

舞台・ミュージカル2019年2月16日

 舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build」の初日あいさつ&公開稽古が15日、東京都内で行われ、出演者の橋本祥平、伊万里有、鮎川太陽、永田聖一朗、前山剛久、赤澤燈、窪寺昭が登壇した。  本作は、アニメ「機動戦士ガンダム … 続きを読む

櫻井孝宏、18歳の自分に「このままいけば何とかなる」 『えいがのおそ松さん』完成披露舞台あいさつ

映画2019年2月15日

 劇場版『えいがのおそ松さん』の完成披露舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、声優の櫻井孝宏、主題歌を担当したDream Ami、藤田陽一監督ほかが登壇した。  本作は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、大人になってもク … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top