【インタビュー】「僕らは奇跡でできている」高橋一生「僕は“足りていないところ”は、基本的にはもうないです」 “変わり者”の大学講師役で主演

2018年9月18日 / 15:12

 10月9日午後9時から、カンテレ・フジテレビ系でスタートする、連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」に高橋一生が主演する。高橋が演じるのは、生き物の“フシギ”に目がない“変わり者”の大学講師・相河一輝(あいかわ・かずき)。動物の行動を研究する“動物行動学”の大学講師である相河は、興味のあることや好きなことには集中力が高く徹底的に調べたり研究したりする一方、不得意なものは先送りにする癖があり、時間やルールを守ることができない。周囲から“変わり者”として煙たがれる一風変わったキャラクターに挑む高橋が、役への取り組みを語る中で、自身との意外な共通点、普段から抱いている“思い”などを語った。

(C)カンテレ

-今回、高橋さんは生き物の“フシギ”に目がない、変わり者の大学講師を演じますが、ご自身と比べてみていかがですか。

 今回は、役を役として見ることができないというか…。というのも、僕も没入してしまうタイプなので(笑)。ドラマを通じて、一輝の“生態”のようなものを見ていただき、どう感じてもらえるか、それが今回のドラマの一つの側面でもあります。何か一言、一輝がポツンと言ったことが、見てくださった人の心に引っ掛かってくれたら。「何だか分からないけど、不思議に面白いんだよね」「高橋一生の役はイライラするんだけど、何か変なことを言ったな…」などと思っていただけたらうれしいです(笑)。

-高橋さん自身も、生き物に興味を持っていますか。

 興味はすごくあります。「人類誕生」(NHK総合)という番組をやらせていただいたのですが、とても楽しくて。ただ、自分の好みを役に投影し過ぎると、それは僕自身になってしまうので、自分に似ているところが多々あっても、ちゃんと差異をつけていかなくてはと、そこのバランスは考えています。

-一輝を演じるために、特徴的なしゃべり方をしたり、しぐさを変えたりすることはありますか。

 ポーズってすごく大事で、それをきっかけに役のスイッチが入ったり…ということはあると思いますが、キャラクターを作り過ぎるのも、ちょっと怖いと思っていて。とても繊細な話なので、自分からポーズを作ってキャラクターに入っていくということは、これまで通りあまりしないようにしています。

-演じるのが難しそうなキャラクターですね。

 ただ、現場の皆さんにお会いすると、必然的にスイッチが入る部分はあります。ジョージというヘルマンリクガメが出てくるのですが、この子がとにかくかわいい(笑)。好奇心旺盛でとにかく前にグイグイ進んでいく。もう見習いたいぐらい(笑)。昨日も、随分車に揺られながら移動したのですが、僕がカゴから出した途端、宙ぶらりんの状態でも前に動き出そうとするんです。やっぱり好奇心って大事だと思いました。

-変わり者で周囲をイラッとさせることもある一輝ですが、高橋さん自身が人からイラッとされてしまうことはありますか。

 僕は話が長いんです(笑)。普通の人だったらそろそろイライラしてくるだろうな…というタイミングでも、プロデューサーの豊福(陽子)さんはニコニコと笑顔で見守ってくださっているので、きっとこのドラマに僕が適役だと思われたのではないでしょうか(笑)。

-高橋さんご自身が自分のことを変わり者だと思うことはありますか?

 変わり者だと自分で認識していると、「俺って、変わり者でしょ?」と提示してしまうことになるので…。「俺、『変わっている』ってよく言われるんだよね」と言うような人にはならないように気をつけています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『R&J』佐藤流司、新しい“ロミオ&ジュリエット”で「ロミオ像をぶっ壊す」

舞台・ミュージカル2019年4月23日

 ウィリアム・シェークスピアの「ロミオとジュリエット」を原作としたRock Opera『R&J』が6月14日に開幕する。主役のロミオ役を演じるのは、ミュージカル『刀剣乱舞』の加州清光役やライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 … 続きを読む

【インタビュー】『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』藤竜也「夫婦で見たら、見終わった後で『手をつないで帰ろうか』とか、そう思ってくれたらいいですね」

映画2019年4月22日

 3人の子どもを育て上げ、猫のチビと共に穏やかな晩年を過ごす勝と有喜子の夫婦。ところがある日チビがいなくなったことをきっかけに、不安をつのらせた有喜子は娘に「お父さんと別れようと思っている」と打ち明ける。西炯子の漫画を原作に、結婚50年を迎 … 続きを読む

草刈正雄にジェラシー!? のんきで気弱な婿養子が「チャーミングに見えればいいな」藤木直人(柴田剛男)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年4月22日

 亡くなった戦友の娘・なつ(広瀬すず)を引き取り、十勝に連れてきた柴田家の父・剛男。義理堅くて優しいが、養父の泰樹(草刈正雄)には全く頭が上がらない気弱な婿養子をちゃめっ気たっぷりに演じている藤木直人。そんな藤木に、役に込めた思い、演じる上 … 続きを読む

「勘九郎くんの芝居が、お父さまにそっくりで驚きました」大竹しのぶ(池部幾江)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年4月21日

 ストックホルムから帰ってきた金栗四三(中村勘九郎)は、故郷・熊本で幼なじみのスヤ(綾瀬はるか)と結婚する。だがそれは、病気で亡くなったスヤの夫の家・池部家に四三が養子に入り、改めてスヤを嫁に迎えるという、四三にとって予想外の展開によるもの … 続きを読む

【映画コラム】14歳の少年が体だけ大人になって『シャザム!』

映画2019年4月20日

 「DCエクステンデッド・ユニバース」の第7作となる『シャザム!』が公開された。  14歳の少年ビリー・バットソン(アッシャー・エンジェル)は、魔術師に選ばれ、中身は14歳のまま、超能力を備えた大人のヒーロー(ザッカリー・リーバイ)に変身す … 続きを読む

page top