北川悦吏子さんに感謝。清楚なイメージを覆す“ぶっ飛びキャラ”を「楽しみながら演じています」小西真奈美(加藤恵子)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年9月8日 / 08:30

 これまでの清楚(せいそ)なイメージを覆し、頭のてっぺんから足のつま先まで全身緑色という奇天烈なビジュアルで、「ちゅらさん」以来17年ぶりに朝ドラに帰ってきた小西真奈美。演じる加藤恵子は、大好きな緑色と手触りの良さに特化した商品を開発している会社「グリーングリーングリーン」を一人で立ち上げたエネルギッシュな女性で、鈴愛(永野芽郁)のモノづくりの人生に影響を与える。自身にとって「挑戦的」と話すキャラクターに挑む思いを聞いた。

加藤恵子役の小西真奈美

-全身緑色というインパクトのあるビジュアルを見たときは、「これが小西さん!?」と確認してしまいましたが、ご自身ではどう思われますか。

 お話しを頂いたときは、ビジュアルで驚くし、エネルギッシュなところに圧倒されるし、生きる原動力にあふれて言葉も心に突き刺さるので、(脚本の)北川(悦吏子)さんには「(内面も外見も)ぶっ飛びましょう」と言いましたが、想像以上に緑でびっくりしました(笑)。でも、ここまで何かを突き詰めて愛して、強く生きている人だから、相手の心も動かすのでしょう。北川さんが、私の今までに見たことのない部分を見せたいと思って書いてくださったこともすごくうれしいです。

-具体的にどのような役作りをされましたか。

 「よく通る高い声で、早口で、アニメのキャラクターみたい」というお話しだったので、それは意識しました。他にも、「ドアを“どべし”と開ける」「ダーッと走る」というところから、全力で走って、全力でドアを開けて、全力で生きる人なんだと、台本から自分の中に落とし込んで消化して出しています。でも、衣装を着て、ウイッグを着けることでふに落ちて、加藤恵子が100パーセントになった気がします。

-とてもユニークで、かなり挑戦的な役柄のようですね。

 こういうタイプの役は全くなかったですし、とても挑戦的です。ただ、やってやろう!と意気込むのではなく、楽しみながら演じています。

-役に共感できるところもあるのでしょうか。

 好きなところを語り始めると熱くなって止まらなかったり、空気が読めなかったり…(笑)。でも、そういうところが鈴愛ちゃんの人生にいい意味で影響を与えるのであれば、半分は反省、半分はこのままでいいのかな…と勇気づけられます。

-撮影で苦労したことはありますか。

 恵子が出てくる最初のシーンは、まだ役をつかみ切れていない中での早口の長ぜりふだったので大変でした。最後も恵子の内面から湧き出るものが見える感じが、今までにないようなシーンだったので、突然キャラが変わったと思われないように、より自分の中で消化する時間が必要でした。

-恵子は緑色に愛着がありますが、小西さん自身が愛しているものを教えてください。

 仕事では、昨年から音楽活動を始めて、作詞作曲をしていますが、その面白さにはまってからは、気付いたら曲を作るというペースになって、いつの間にか朝になっていることもあります。プライベートでは、5~6年前から始めたバレエが熱冷めやらぬで、レッスンに行けるときは週に何回も行ったり、同じ趣味の方と会うと話が盛り上がったり、海外ではオープンクラスに参加したりしています。

-ちなみに、なぜ緑なのでしょうか。小西さんの一番好きな色なんですか。

 私も、何でだろうと思ったんですよ。北川さんとご一緒したときに緑色の服を着ていたかもしれないです。そうだとしたら北川さんのキャッチ力はすごいですよね。個人的に好きな色は春だったらピンク、夏だったら青や白とか、季節で変わりますが、好きな色の中に緑は絶対に入っています。

-北川さんとはドラマ「オレンジデイズ」(04)でご一緒されていますが、北川作品の魅力とは何でしょうか。

 文字にすると詩的に見えることもあるけれど、それを口に出すと体温を感じて心に刺さるところですね。このドラマも、リアルな日常の物語だけど、独特のエッセンスはなくならず、詩的な要素がありながら、視聴者との距離感が近いせりふやシーンが描かれているところが好きです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『新聞記者』シム・ウンギョン「松坂さんとの芝居のキャッチボールが楽しかった」松坂桃李「もっとこういう社会派の作品があってもいいのでは」

映画2019年6月25日

 ある日、新聞社に政府の極秘文書が届く。差出人は不明。記者の吉岡エリカは、真相の調査に乗り出すが、その過程で行き当たった一人の政府職員が自殺する。一方、その職員の後輩であり、内閣情報調査室に勤務する杉原拓海は、尊敬する元上司の死に衝撃を受け … 続きを読む

「みんな笑顔で復興運動会ができたことがうれしかったです」橋本愛(小梅)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 関東大震災で被災した人々を勇気づけるために行われた復興運動会で、「いだてん」第1部が完結。悲しい出来事はありつつも、希望にあふれたフィナーレに、心打たれた視聴者も多いのではないだろうか。数々の困難が続く中、たくましく生き延びた被災者の一人 … 続きを読む

「関東大震災後、孝蔵や小梅と一緒に夜を過ごすシーンでは、自然に感情が湧き上がってきました」峯田和伸(清さん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年6月23日

 第24回で「いだてん」第1部がついに完結。関東大震災に見舞われながらも、被災者を元気づけるために開催された復興運動会には、これまでの主な登場人物が勢ぞろい。希望を感じさせる結末に、第2部への期待を高めた視聴者も多いことだろう。その復興運動 … 続きを読む

【映画コラム】現代にも通じる、知られざる歴史を描いた『ある町の高い煙突』

映画2019年6月22日

 明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が公開中だ。原作は新田次郎。監督・脚本は同じく茨城を舞台に、岡倉天心の活動を描いた『天心』 … 続きを読む

【インタビュー】A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」柚希礼音&ソニン「相乗効果が生まれて、お互いに学びながら作っていける」

舞台・ミュージカル2019年6月20日

 ブロードウェーの新進気鋭の作曲家コンビ、クレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと演出家の板垣恭一をはじめとする日米のクリエーティブチームが共作する、A New Musical「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」が世界に先立っ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top