【インタビュー】『きらきら眼鏡』池脇千鶴「見終わった後、皆さんの心が温かくなってもらえたら」

2018年9月7日 / 14:24

 『ふしぎな岬の物語』(14)、『夏美のホタル』(16)などの原作者として知られる人気作家・森沢明夫の同名小説を映画化した『きらきら眼鏡』が公開される(9月7日からTOHOシネマズららぽーと船橋で先行公開、15日から有楽町スバル座ほか全国順次公開)。本作は、恋人の死で心に傷を抱えた青年・明海と、病気で余命宣告を受けた恋人を支える女性・あかねの交流を、繊細なタッチでつづった物語だ。明海役の新人・金井浩人と共にダブル主演を務めた、あかね役の池脇千鶴が、撮影の舞台裏を語ってくれた。

池脇千鶴

-オファーを受けたときの感想は?

  最初に台本を頂いて読んでみたら、すごく優しい本だなと…。最近あまり優しい作品に出ていなかったので、「こういうのもいいな」と思って。それが、出演を決めた大きな理由です。

-あかねという女性をどんなふうに捉え、役作りはどのようにしましたか。

 台本を読んだら、気持ちがとてもよく伝わってきたので、特別に役作りをしなくてもそのまま演じることができました。ただ、あかねの明るさや天真らんまんな感じだけは、きちんと伝わるように心掛けて。監督と私の間でも、役に対するイメージにあまり相違がなかったみたいで、割と任せてもらえました。私の声が高いので、「ちょっと低くしましょうか」と言われたぐらいです。

-あかねは恋人の裕二(安藤政信)が余命宣告を受けているという事情を抱えています。そういう部分は演じる上で、どう意識されましたか。

 それは間違いなく心の中の大きな部分を占めていて、ある程度は覚悟しているところもあると思います。ただ、今は笑顔を絶やさないためにギリギリのところで頑張っている。それは裕二さんのためでもあり、周りのためでもある。自分が嫌な顔をしたり、愚痴を言ったりすると、周りが心配するし、物事が悪い方向に進んでいくと考えているのでしょう。でも彼女は、もともとポジティブな性格なんですよね。だから、障害を持つ方を助けるという、他の人が敬遠するようなこともごく自然にできる。そういうところから、演じる上では沈み過ぎないようにしました。

-一方であかねは、偶然出会った明海とも心を通わせていきます。裕二と明海という2人の男性との距離感はどのように考えましたか。

 本当にあかねの行動は不思議です。大人っぽいところもあれば、子どものような部分もあって…。明海くんと一緒にいても、裕二さんが嫉妬するとは思っていないし、その一方で、明海くんの気持ちにも一切気付いていないし…(笑)。そこに恋愛感情が生じているつもりはなく、あくまでも明海くんは自分と同じような経験した人で、興味もある、という程度。だから、あかねにとって明海は、裕二さんと離れているときに起きていることを話したい相手、ぐらいに考えました。

-あかねと明海が出会うきっかけとなった本の中に「自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない」という印象的な一節があります。この言葉を聞いて、どんなことを感じましたか。

 もうおっしゃる通りで、ドキッとしますよね。本当に正しくて厳しい言葉です。私も自分の人生を愛しているつもりだけれど、嫌になることなんて多々あるわけで…。「こんなこと言われたら、他に言葉出ないよね」というのが素直な感想です(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

【インタビュー】『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』矢野聖人 舞台「身毒丸」から8年…イメージを覆す好青年役に自信

映画2018年11月9日

 和歌山県に実在する「くじらの博物館」を舞台に、クジラと人間との交流を描いた映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』で、主人公の鯨井太一役を演じた矢野聖人。舞台「身毒丸」(11)で注目を浴びるも、その後はけがをしたこともあって伸び … 続きを読む

【インタビュー】『BLEACH』早乙女太一 恋次役でクールなイメージから脱皮…苦手な恋愛ものにも色気

映画2018年11月7日

 死神業を代行することになった高校生の黒崎一護(福士蒼汰)が、家族と仲間を守るため、人間の魂を食らう悪霊・虚〈ホロウ〉や死神たちと死闘を繰り広げるさまを描いた映画『BLEACH』が12月5日にブルーレイ&DVD発売、11月7日にデジタル先行 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top