「見ている方に楽しんでもらえることを常に心掛けています」高橋光臣(海江田武次)【「西郷どん」インタビュー】

2018年8月18日 / 14:09

-さらに、仲間だった有馬新七も寺田屋事件で命を落としました。

 人の生死というのは、大きなターニングポイントです。昔から一緒に歩んできた仲間が命を落とす。どこかで仕方ないと感じながらも、みんながそれぞれ、そこで死を意識した。明日、あさって、自分がそうなる可能性もある。だとしたら、これから何をしていけばいいのか。そういうふうに、自分の考え方や生き方をもう一度見詰め直すポイントになったのではないでしょうか。

-海江田は、薩英戦争の引き金となった生麦事件の当事者となりましたが、当時の海江田の心境は?

 外国人を斬ったらどんなことになるか、予想はしていたはず。それでもやったということの裏には、海江田なりの覚悟があったのではないかと。大名行列を乱した外国人の礼節のなさに対する怒り、日本を狙う外国に対する怒り、そんな外国に対して弱腰な幕府への怒り。そういったものに対して、「俺たち薩摩はいくらでも対抗してやるんだ」と。とはいえ、そんな外国の人間に対しても武士の情けを見せ、一対一の人間として、礼節を持ってとどめを刺した。だから、僕はあのとき、海江田の取った行動はカッコよかったと思っています。

-大河ドラマは1年という長期にわたる作品ですが、どんな印象をお持ちでしょうか。

 長い作品の場合、ずっと作り続けることはできないので、演じる側の人としての“なり”が、どこかで必ず出てきます。人によってそれが合う、合わない、はありますが、僕自身は長い作品の方が好みです。時間を掛ければ掛けるほど、役と重なることができますから。

-というと、これからますます高橋さんの味が出てくると?

 そうなるといいですね(笑)。僕も楽しみにしていた坂本龍馬(小栗旬)が登場して、ますます盛り上がってきました。今まで、見ている方に楽しんでもらえることを常に心掛けてきましたが、これからも頑張って海江田武次を演じていきます。

(取材・文/井上健一)

海江田武次役の高橋光臣

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ミュージカル「ドン・ジュアン」蓮佛美沙子「そこまでドン・ジュアンを愛しきることができるのはちょっとうらやましい」

舞台・ミュージカル2019年8月22日

 ヨーロッパを中心に広く知られる「ドン・ジュアン伝説」を、フェリックス・グレイ作曲による情熱あふれる名曲でミュージカル化した「ドン・ジュアン」。世界各国でフレンチミュージカルとして大好評を博し、2016年には本作でも潤色・演出を務める生田大 … 続きを読む

現役アニメーターが語る制作裏話とアニメーション業界の知られざる現状 舘野仁美・刈谷仁美【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年8月21日

 日本のアニメーションの草創期を舞台にした「なつぞら」で、重要かつ、これまでの朝ドラにはなかった多彩な演出で視聴者を楽しませているアニメーションパート。 少女が森の動物たちと戯れるタイトルバックに始まり、初回の戦災孤児のなつたちが逃げまどう … 続きを読む

【インタビュー】『二ノ国』新田真剣佑「“命の大切さ”について、改めて考えるいい機会になりました」永野芽郁「色鮮やかな世界観。自分がその世界に行ったら…と想像しながら楽しんでください」

映画2019年8月21日

 8月23日から全国公開されるアニメーション映画『二ノ国』は、「妖怪ウォッチ」を送り出したレベルファイブの人気ゲーム「二ノ国」の世界観を基に、オリジナルストーリーで展開する青春ファンタジー。現実世界と、命のつながりを持つ魔法の世界「二ノ国」 … 続きを読む

【独占ニュース】『ニノ国』山崎賢人がアニメーションの声優初挑戦に懸ける思いを告白「大切な人を思い浮かべながら見て」

映画2019年8月20日

 8月23日から全国ロードショーとなるアニメーション映画『二ノ国』。豪華キャストが声の出演に名を連ねた本作で、主人公ユウの声を演じたのが山崎賢人。アニメーションの声優初挑戦となる山崎が、その思いを明かしてくれた。  オファーを受けた際は、ま … 続きを読む

【インタビュー】「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」浦井健治「稽古場は女子高!タピ活中です」

舞台・ミュージカル2019年8月20日

 「HEDWIG AND THE ANGRY INCH/ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」が2019年8月から、7年ぶりに日本で上演される。本作は、1997年からオフブロードウェーで初上演されロングランを記録、その後世界各地で上演後、0 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top