【インタビュー】『インクレディブル・ファミリー』三浦友和「劇場でみんなと一緒に見る方が絶対に楽しい」黒木瞳「赤ちゃんのジャック・ジャックがすごくかわいい」

2018年7月31日 / 08:00

 『アナと雪の女王』や『トイ・ストーリー3』を越え、全米アニメーション史上ナンバーワン大ヒットを記録したディズニー/ピクサーのアニメーション『インクレディブル・ファミリー』が8月1日から公開される。本作は、スーパーパワーを持つヒーロー家族の平凡な日常と悪との戦いを、ユーモアとアクション、スリル満載で描いた壮大なアドベンチャー。前作『Mr.インクレディブル』(04)に続いて、日本版の声優を担当した三浦友和と黒木瞳が、アフレコの裏話や映画の見どころを語ってくれた。

黒木瞳(左)と三浦友和

-この役を演じるのは久しぶりだと思いますが、演じてみた感想は?

三浦 今回、僕が演じたボブはイクメンパパで、奥さんのヘレンが活躍する話だと聞いていたので、「アフレコは楽かな…?」と思っていたんです。でも、イクメンパパも、思った以上にせりふが多くて大変で(笑)。ちょっと自分の子育てを思い出したりもしました。とはいえ、オファーを頂けたのは素直にうれしかったです。前作から時間もたっているので、「今回は別の方がやるのかな?」と思っていましたから。

黒木 ずっと待ち望んでいました。前作のアフレコのときのことを、昨日のことのように覚えています。しかも今回は、前作のラストから物語が始まるので、それもすごくいいなと思って。

-改めて演じるに当たって、何か準備はされましたか。

三浦 どんなふうにやっていたのかなと思って、前作を見直しましたが、それぐらいです。現場に行ったらすぐ、役に入り込むことができました。

黒木 私も同じです。前作のラストから始まることもあって、映像を見たらそのままヘレンの気持ちになることができました。

-声だけでもスーパーヒーローを演じるお気持ちはいかがですか。普段のお芝居ではなかなかない機会だと思いますが。

三浦 やっぱり気持ちいいですよね。こんなことできたらな…と思います。子どもたちにも、こんなパワーがあったらすごいよな…と思いつつ、逆に大変かな…とも思ったり…(笑)。ただ、アクションシーンは大変でした。見ている人には分かりませんが、「こんなに大変なの?」と思うほどで。

黒木 汗かきますよね。

三浦 やってみて初めて分かることですが、声にすごく負担がかかる。全部、誇張して演じなければならないので、これほど体力を使うのかと思うぐらい疲れました(笑)。

黒木 私はもう、気持ちよく楽しませていただきました。大変なことには違いありませんが、楽しい作品ですし、普段のお芝居では悪を倒す機会はありませんから(笑)。やっぱり、スーパーヒーローは気持ちいいです。

三浦 そういえば、僕は前作のとき、親戚の子に初めて尊敬されました。「おじちゃん、Mr.インクレディブルの声やっているんだって?」と。そのときだけ、ものすごい憧れの目で見られました(笑)。

-作品をご覧になった感想は?

三浦 一番感じたのは、普通の家族の話なんだな、ということ。この家族はスーパーパワーを持っていますが、そのパワーも実は「うちのお父さん、すごいよ」とか「うちの子、すごいんだよ」という、誰もが考えることをデフォルメしたもの。だから、すごく身近に感じられました。

黒木 前作は、この家族がスーパーパワーを持っていて、その力で悪と戦うということを説明しなければいけない部分がありました。でも、今回はその必要がありません。だから、最初から最後までノンストップ。ハラハラドキドキのエンターテイメントとして楽しめました。

三浦 この作品は子どもたちもたくさん見るじゃないですか。だから、僕は劇場でお客さんと一緒に見たいと思っているんです。みんなが笑ったりドキドキしたりしている中で見る方が絶対に楽しい。

黒木 その方がいいですよね。私も絶対に映画館に行きます!

-前作からキャラクターの変化を感じる部分はありましたか。

黒木 時代が変わった分、いろいろなパワーが最新技術で今風にパワーアップされています。ただ、キャラクター自体は変わりませんね。

三浦 家族に対する愛情の持ち方とか、ベースにある部分は、前作のいいところをそのまま受け継いでいます。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【芸能コラム】生活保護、出産…。社会の問題と向き合う漫画原作ドラマ 「健康で文化的な最低限度の生活」「透明なゆりかご」

ドラマ2018年8月14日

 興行ランキングをにぎわせる大ヒット映画から視聴率が話題となる人気テレビドラマまで、今や日本の映像文化は漫画原作なしには成立しない。その中でも特に注目を集めるのは、やはり華やかなエンターテインメント作品。だが、一口に「漫画原作」といってもそ … 続きを読む

地味な弟から頼もしい食堂の3代目店長へ!斜め上行く展開に「人生いろいろあるな…」上村海成(楡野草太)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年8月13日

 子どもの頃は一つ違いの快活な姉・鈴愛(永野芽郁)に隠れて目立たなかったが、大学生活を経て就職、結婚し、今ではつくし食堂の3代目店長になるほど頼もしい存在となった草太役を好演している上村海成。斜め上いくキャラクター展開に驚きながらも、丁寧に … 続きを読む

「これで当たったら、また紅白の司会ができるかも(笑)」笑福亭鶴瓶(岩倉具視)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年8月12日

 公武合体を推し進めた実力者でありながら、朝廷を追われた今は粗末な家に蟄居(ちっきょ)し、生活のために夜な夜な自宅で賭場を開く異端の公家・岩倉具視。だが、西郷吉之助(鈴木亮平)や大久保一蔵(瑛太)らに協力し、やがて明治維新の立役者となる。そ … 続きを読む

【映画コラム】男たちが間抜けに見えるところが肝心な『オーシャンズ8』

映画2018年8月11日

 緻密な計画を基に、それぞれのメンバーが得意技を駆使して強盗を行う犯罪チーム、オーシャンズの活躍を描いたシリーズをリブートした『オーシャンズ8』が公開された。  今回は、リーダーのダニー(ジョージ・クルーニー)の妹デビー(サンドラ・ブロック … 続きを読む

【インタビュー】『オーシャンズ8』サンドラ・ブロック チームワークやリーダーについて語る

映画2018年8月10日

 ターゲットは1億5000万ドルの宝石、舞台は全世界に配信中のファッションの祭典。『オーシャンズ』史上、最も大胆かつゴージャスな犯罪計画は果たして成功するのか…。10日公開の『オーシャンズ8』で、チームリーダーのデビ―・オーシャンを演じたサ … 続きを読む

page top