【インタビュー】『インクレディブル・ファミリー』三浦友和「劇場でみんなと一緒に見る方が絶対に楽しい」黒木瞳「赤ちゃんのジャック・ジャックがすごくかわいい」

2018年7月31日 / 08:00

 『アナと雪の女王』や『トイ・ストーリー3』を越え、全米アニメーション史上ナンバーワン大ヒットを記録したディズニー/ピクサーのアニメーション『インクレディブル・ファミリー』が8月1日から公開される。本作は、スーパーパワーを持つヒーロー家族の平凡な日常と悪との戦いを、ユーモアとアクション、スリル満載で描いた壮大なアドベンチャー。前作『Mr.インクレディブル』(04)に続いて、日本版の声優を担当した三浦友和と黒木瞳が、アフレコの裏話や映画の見どころを語ってくれた。

黒木瞳(左)と三浦友和

-この役を演じるのは久しぶりだと思いますが、演じてみた感想は?

三浦 今回、僕が演じたボブはイクメンパパで、奥さんのヘレンが活躍する話だと聞いていたので、「アフレコは楽かな…?」と思っていたんです。でも、イクメンパパも、思った以上にせりふが多くて大変で(笑)。ちょっと自分の子育てを思い出したりもしました。とはいえ、オファーを頂けたのは素直にうれしかったです。前作から時間もたっているので、「今回は別の方がやるのかな?」と思っていましたから。

黒木 ずっと待ち望んでいました。前作のアフレコのときのことを、昨日のことのように覚えています。しかも今回は、前作のラストから物語が始まるので、それもすごくいいなと思って。

-改めて演じるに当たって、何か準備はされましたか。

三浦 どんなふうにやっていたのかなと思って、前作を見直しましたが、それぐらいです。現場に行ったらすぐ、役に入り込むことができました。

黒木 私も同じです。前作のラストから始まることもあって、映像を見たらそのままヘレンの気持ちになることができました。

-声だけでもスーパーヒーローを演じるお気持ちはいかがですか。普段のお芝居ではなかなかない機会だと思いますが。

三浦 やっぱり気持ちいいですよね。こんなことできたらな…と思います。子どもたちにも、こんなパワーがあったらすごいよな…と思いつつ、逆に大変かな…とも思ったり…(笑)。ただ、アクションシーンは大変でした。見ている人には分かりませんが、「こんなに大変なの?」と思うほどで。

黒木 汗かきますよね。

三浦 やってみて初めて分かることですが、声にすごく負担がかかる。全部、誇張して演じなければならないので、これほど体力を使うのかと思うぐらい疲れました(笑)。

黒木 私はもう、気持ちよく楽しませていただきました。大変なことには違いありませんが、楽しい作品ですし、普段のお芝居では悪を倒す機会はありませんから(笑)。やっぱり、スーパーヒーローは気持ちいいです。

三浦 そういえば、僕は前作のとき、親戚の子に初めて尊敬されました。「おじちゃん、Mr.インクレディブルの声やっているんだって?」と。そのときだけ、ものすごい憧れの目で見られました(笑)。

-作品をご覧になった感想は?

三浦 一番感じたのは、普通の家族の話なんだな、ということ。この家族はスーパーパワーを持っていますが、そのパワーも実は「うちのお父さん、すごいよ」とか「うちの子、すごいんだよ」という、誰もが考えることをデフォルメしたもの。だから、すごく身近に感じられました。

黒木 前作は、この家族がスーパーパワーを持っていて、その力で悪と戦うということを説明しなければいけない部分がありました。でも、今回はその必要がありません。だから、最初から最後までノンストップ。ハラハラドキドキのエンターテイメントとして楽しめました。

三浦 この作品は子どもたちもたくさん見るじゃないですか。だから、僕は劇場でお客さんと一緒に見たいと思っているんです。みんなが笑ったりドキドキしたりしている中で見る方が絶対に楽しい。

黒木 その方がいいですよね。私も絶対に映画館に行きます!

-前作からキャラクターの変化を感じる部分はありましたか。

黒木 時代が変わった分、いろいろなパワーが最新技術で今風にパワーアップされています。ただ、キャラクター自体は変わりませんね。

三浦 家族に対する愛情の持ち方とか、ベースにある部分は、前作のいいところをそのまま受け継いでいます。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】The Brow Beat HAKUEI×Ryuji「破竹の勢いで進み続けたい」 待望の全国ツアーに向け発進!

音楽2018年12月11日

 PENICILLINのHAKUEIトータルプロデュースのもと、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。2019年1月1日には、待望の2nd Album「Hameln」の発売 … 続きを読む

【インタビュー】『青の帰り道』清水くるみ「台本を読んで、母親とぶつかった反抗期の自分を思い出しました」

映画2018年12月10日

 夢への挑戦、挫折、葛藤…。誰もが経験する青春の痛みと成長を、真野恵里菜、横浜流星ら注目の若手俳優総出演で描いた群像劇『青の帰り道』が、12月7日に全国公開された。母親との関係に悩みながら、さまざまな経験を経て成長していく少女キリを演じたの … 続きを読む

「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。 … 続きを読む

「新八を演じたこの1年、とても貴重な経験をさせていただきました」堀井新太(村田新八)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 ついに幕を開けた西南戦争。新政府軍と反乱士族たちの争いであると同時に、幼なじみである西郷隆盛(鈴木亮平)と大久保利通(瑛太)にとっては苦渋の戦いとなった。そしてもう1人、西郷と共に戦う道を選んだ幼なじみが、村田新八である。かつては共に島流 … 続きを読む

【映画コラム】実話を基にしたアジア映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』『暁に祈れ』

映画2018年12月8日

 今回は相次いで公開された、実話を基にしたアジア映画を2本紹介する。  まずは、インド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』から。こちらは、愛妻を楽にしたい一心で始めた工夫が、安全で安価な生理用品の普及につながったというひょうたんから駒 … 続きを読む

page top