劇中映画も自ら撮影!映画監督役に感じる「大きな必然」斎藤工(元住吉祥平)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年7月9日 / 14:47

-元住吉が運営する映画会社「クールフラット」の助監督・森山涼次役の間宮祥太朗さんとの共演にも注目が集まっていますね。

 彼とは、節目節目で作品を共にしていて、撮影直前まで民放(テレビ朝日系ドラマ「BG~身辺警護人~」)でもご一緒していたので、(画面に映ったときの)並びの変化をつけたいという意識はありました。そこで、僕は演じるときにはならないけど、作り手になるとストレスなのか、10円はげができたり、白髪になったりするので、それを提案したら、白髪が採用されました。間宮くんも「BG」とは違う雰囲気で臨んできたので、お互い考えていることは一緒だなと思ったし、役との関係性につながった気がしました。

-ビジュアル以外で事前に準備されたことはありますか。

 元住吉が4年前に海外で映画賞を受賞した『追憶のかたつむり』という作品のタイトルがキャッチーで見たくなったので、もともとある程度の内容は決まっていましたが、自分なりの解釈で1日かけて撮影したものを本編で使っていただいています。僕が映画を作っていることは古い付き合いの間宮くんは知っているし、この映画は涼次が元住吉のもとに来るキーとなる作品なので、そこに流れているものが斎藤工の成分を踏襲したものであれば、元住吉と涼次の関係性がより太くなると思って提案させていただきました。

-『追憶のかたつむり』はどのようなストーリーなのでしょうか。

 現在の姿がカタツムリで、かつての人間だった時代がメインストリームです。カタツムリの部分はパート2まで撮りました。他の出演者はナメクジで、天敵なのか、恋人なのか…。放送時間を考えて、カタツムリの描写は視聴者が「朝ご飯をこれ以上食したくない」とならないように仕上げてあります。人間のパートも、いつか撮って完成させ、できたら独立した作品として、いろいろな映画祭に出したいという野望もあります(笑)。

(取材・文/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】映画『メサイア』最新作、杉江大志が最先端アクションで見せる「一瞬の緊張感」

映画2018年11月14日

 高殿円の小説『MESSIAH -警備局特別公安五係』を原案とし、テレビドラマや舞台、実写映画などのメディアミックスを展開している「メサイア・プロジェクト」の映画シリーズ4作目となる『メサイア -幻夜乃刻-』が11月17日から公開される。本 … 続きを読む

【インタビュー】『ラプラスの魔女』三池崇史監督 “バイオレンス監督”の称号に疑問…それでもバイオレンスを撮る理由とは?

映画2018年11月13日

 ベストセラー作家・東野圭吾の同名小説を、嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰ら豪華キャストで実写映画化した映画『ラプラスの魔女』のBlu-ray&DVDが11月14日にリリースされる。本作を手掛けたのは“バイオレンス映画の巨匠”三池崇史監督。劇 … 続きを読む

「若い頃の伊藤博文の写真が僕に似ていたので、自信が付きました」浜野謙太(伊藤博文)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月12日

 岩倉使節団の一員として欧米視察に出ていた大久保利通(瑛太)が帰国。朝鮮との外交問題を巡り、西郷隆盛(鈴木亮平)率いる留守政府組との対立が表面化する。そんな状況下、政府内に居場所を失った大久保に接近したのが元長州藩士たち。その中には、後の初 … 続きを読む

「長所も短所も、江藤と僕はものすごく似ています」迫田孝也(江藤新平)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年11月11日

 西郷隆盛(鈴木亮平)、大久保利通(瑛太)らを筆頭に、維新に功績のあった薩長土肥の旧藩士たちが中核を占める明治新政府。その中で、元佐賀藩士として活躍するのが、「維新の十傑」「佐賀の七賢人」にも挙げられた江藤新平だ。西郷と共に、欧米視察に出た … 続きを読む

【映画コラム】本物の4人がそこに映っているかのような錯覚に陥る『ボヘミアン・ラプソディ』

映画2018年11月10日

 1970年のメンバー同士の出会いから85年のライブエイドでのパフォーマンスまで、ロックバンド・クイーンの紆余(うよ)曲折の軌跡を、リードボーカルのフレディ・マーキュリーの屈折と葛藤を中心に描く『ボヘミアン・ラプソディ』が公開された。監督は … 続きを読む

page top