劇中映画も自ら撮影!映画監督役に感じる「大きな必然」斎藤工(元住吉祥平)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年7月9日 / 14:47

-元住吉が運営する映画会社「クールフラット」の助監督・森山涼次役の間宮祥太朗さんとの共演にも注目が集まっていますね。

 彼とは、節目節目で作品を共にしていて、撮影直前まで民放(テレビ朝日系ドラマ「BG~身辺警護人~」)でもご一緒していたので、(画面に映ったときの)並びの変化をつけたいという意識はありました。そこで、僕は演じるときにはならないけど、作り手になるとストレスなのか、10円はげができたり、白髪になったりするので、それを提案したら、白髪が採用されました。間宮くんも「BG」とは違う雰囲気で臨んできたので、お互い考えていることは一緒だなと思ったし、役との関係性につながった気がしました。

-ビジュアル以外で事前に準備されたことはありますか。

 元住吉が4年前に海外で映画賞を受賞した『追憶のかたつむり』という作品のタイトルがキャッチーで見たくなったので、もともとある程度の内容は決まっていましたが、自分なりの解釈で1日かけて撮影したものを本編で使っていただいています。僕が映画を作っていることは古い付き合いの間宮くんは知っているし、この映画は涼次が元住吉のもとに来るキーとなる作品なので、そこに流れているものが斎藤工の成分を踏襲したものであれば、元住吉と涼次の関係性がより太くなると思って提案させていただきました。

-『追憶のかたつむり』はどのようなストーリーなのでしょうか。

 現在の姿がカタツムリで、かつての人間だった時代がメインストリームです。カタツムリの部分はパート2まで撮りました。他の出演者はナメクジで、天敵なのか、恋人なのか…。放送時間を考えて、カタツムリの描写は視聴者が「朝ご飯をこれ以上食したくない」とならないように仕上げてあります。人間のパートも、いつか撮って完成させ、できたら独立した作品として、いろいろな映画祭に出したいという野望もあります(笑)。

(取材・文/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

朝ドラのナレーターは“憧れの仕事”「女優冥利に尽きます」風吹ジュン(楡野廉子・語り)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年9月19日

 鈴愛(永野芽郁)のおばあちゃんとして登場するも、あっけなく天に召されて視聴者を驚かせたが、以降は“語り”として鈴愛たちの人生を見守り続ける廉子さんを演じた風吹ジュン。憧れだったというナレーターを務めた感想や、収録時のエピソード、また、ヒロ … 続きを読む

【2.5次元インタビュー】業界をけん引するマーベラス 中山晴喜・代表取締役会長が語る「2.5次元ミュージカル」の魅力

2018年9月18日

 日本2.5次元ミュージカル協会が毎年ぴあ総研と共に発表している年間上演作品数と総動員数の2017年の数値が確定し発表された。2017年は171作品223万人を動員し、さらなる発展が見込まれるカルチャーとして注目を集めている「2.5次元ミュ … 続きを読む

【インタビュー】「僕らは奇跡でできている」高橋一生「僕は“足りていないところ”は、基本的にはもうないです」 “変わり者”の大学講師役で主演

ドラマ2018年9月18日

 10月9日午後9時から、カンテレ・フジテレビ系でスタートする、連続ドラマ「僕らは奇跡でできている」に高橋一生が主演する。高橋が演じるのは、生き物の“フシギ”に目がない“変わり者”の大学講師・相河一輝(あいかわ・かずき)。動物の行動を研究す … 続きを読む

【インタビュー】『坂道のアポロン』三木孝浩監督「知念侑李くんと中川大志くんのセッションが素晴らしく、『この感動をきちんと映画にしなければ』という使命感があふれてきました」

映画2018年9月18日

 小玉ユキの人気コミックを実写映画化した『坂道のアポロン』のBlu-ray&DVDが9月19日に発売される。孤独な高校生・西見薫と同級生の不良少年・川渕千太郎のジャズを通じた交流をつづった青春音楽映画だ。薫役に知念侑李、千太郎役に中川大志と … 続きを読む

【インタビュー】『食べる女』壇蜜 37歳…セックスシンボルに迫られるシビアな選択

映画2018年9月17日

 艶めく風貌と、エロチックな中に知性とユーモアを織り交ぜた話術で人々を魅了し、たおやかかつりんとした輝きを放つ壇蜜。とりわけ、グラビアや映画で見せる過激でセクシーな姿は男性陣のハートをとらえ、“セックスシンボル”として揺るぎない地位を確立し … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top