劇中映画も自ら撮影!映画監督役に感じる「大きな必然」斎藤工(元住吉祥平)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年7月9日 / 14:47

-元住吉が運営する映画会社「クールフラット」の助監督・森山涼次役の間宮祥太朗さんとの共演にも注目が集まっていますね。

 彼とは、節目節目で作品を共にしていて、撮影直前まで民放(テレビ朝日系ドラマ「BG~身辺警護人~」)でもご一緒していたので、(画面に映ったときの)並びの変化をつけたいという意識はありました。そこで、僕は演じるときにはならないけど、作り手になるとストレスなのか、10円はげができたり、白髪になったりするので、それを提案したら、白髪が採用されました。間宮くんも「BG」とは違う雰囲気で臨んできたので、お互い考えていることは一緒だなと思ったし、役との関係性につながった気がしました。

-ビジュアル以外で事前に準備されたことはありますか。

 元住吉が4年前に海外で映画賞を受賞した『追憶のかたつむり』という作品のタイトルがキャッチーで見たくなったので、もともとある程度の内容は決まっていましたが、自分なりの解釈で1日かけて撮影したものを本編で使っていただいています。僕が映画を作っていることは古い付き合いの間宮くんは知っているし、この映画は涼次が元住吉のもとに来るキーとなる作品なので、そこに流れているものが斎藤工の成分を踏襲したものであれば、元住吉と涼次の関係性がより太くなると思って提案させていただきました。

-『追憶のかたつむり』はどのようなストーリーなのでしょうか。

 現在の姿がカタツムリで、かつての人間だった時代がメインストリームです。カタツムリの部分はパート2まで撮りました。他の出演者はナメクジで、天敵なのか、恋人なのか…。放送時間を考えて、カタツムリの描写は視聴者が「朝ご飯をこれ以上食したくない」とならないように仕上げてあります。人間のパートも、いつか撮って完成させ、できたら独立した作品として、いろいろな映画祭に出したいという野望もあります(笑)。

(取材・文/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】犬たちの成長物語を描いた「銀牙-流れ星 銀-」が舞台化 “犬”を演じる佐奈宏紀&郷本直也が語る「誰も見たことがない完成図」

舞台・ミュージカル2019年2月22日

 高橋よしひろの名作漫画「銀牙 -流れ星 銀-」が舞台化される。原作は、最強の熊犬の息子として生まれた秋田犬の銀が、人間ですら歯がたたない凶暴な人食い熊の赤カブトを倒すために、日本全国から仲間を集め、戦いを挑む動物漫画。舞台化の一報が流れる … 続きを読む

【インタビュー】『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』安田顕「完成した映画を見たら、今まで以上に『母親を大事にしたい』という気持ちが湧いてきました」

映画2019年2月22日

 心優しいけれどちょっと頼りない漫画家志望の青年サトシと、がんを患った母親との日々、そして最愛の母から驚くべき贈り物が届く…という実話を温かな笑いと涙でつづった『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』が2月22日から全国順次ロードシ … 続きを読む

【インタビュー】『アリータ:バトル・エンジェル』ロバート・ロドリゲス監督「この映画は、アメリカ人にインスピレーションを与え続けてくれた日本の漫画やアニメに対するラブレターです」

映画2019年2月21日

 数百年後の未来。スクラップの山の中から脳だけが無傷の状態で発見されたサイボーグの少女アリータ(ローサ・サラザール)は、サイバー医師のイド博士(クリストフ・ヴァルツ)によって新たな体を与えられ、目を覚ますが…。木城ゆきとの漫画「銃夢」を原作 … 続きを読む

【インタビュー】『翔んで埼玉』益若つばさ、女優業に前向き!コメディーでも戦争映画を参考に真剣役作り

映画2019年2月20日

 東京から虐げられ、不法入都した者は処罰される過酷な運命にある埼玉県民が、自由と解放を求めて革命を起こす姿を、超豪華キャストで描いたコメディー映画『翔んで埼玉』。劇中、埼玉解放戦線のメンバー・麻実麗(GACKT)のお手伝いさん・おかよ役を演 … 続きを読む

【インタビュー】New Musical『Color of Life』東啓介「こんなにも温かい作品に出演できる幸せ」

舞台・ミュージカル2019年2月20日

 人気舞台『刀剣乱舞』シリーズなどで活躍してきた東啓介がNew Musical『Color of Life』に出演する。画家と女優。2人は、飛行機で偶然隣りあわせになり、引かれ合い、ニューヨークの彼女の部屋で一緒に暮らし始める。だが、やがて … 続きを読む

page top