斎藤工「答え合わせの作品が多過ぎる」 チーム万力で長編映画にも挑戦

2018年6月22日 / 10:50

(左から)斎藤工、永野、金子ノブアキ、清水康彦監督

 国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」 の20周年を記念したトークイベントが21日、東京都内で行われた。俳優、映画監督として活躍し、映画製作集団「チーム万力」のメンバーである斎藤工と、斎藤と同じく同集団の結成メンバーであるお笑い芸人の永野、ミュージシャン・俳優の金子ノブアキ、清水康彦監督が登壇した。

 上映された「チーム万力」自主製作のショートフィルム4本は、永野のコントが原案。永野自身は「“何が言いたいのか”というのは言いたくない。僕の解釈で(皆さんと)共有したくない」とぶっちゃけ、会場の笑いを誘った。「ZERO-焼きそばしかないキャバクラ」で、“焼きそばしかないキャバクラ”に戸惑う男を演じた斎藤も、「これを伝えたいというものがそもそもない」とニヤリ。最近の映画の傾向に触れ、「答え合わせの作品が多過ぎる。そもそも、お客さんに“こう感じてほしい”というレシピがあるものではないので」と説明した。

 オリジナル長編映画『万力』(2019年公開予定)を製作することも発表。プロデュース・主演を斎藤、原案・脚本を永野が担当し、金子は音楽監督として関わる。製作の原点は、永野が2年前に都内で行われたファッションショーにゲスト出演した際の楽屋で、小顔のモデルたちが施術などでさらに小顔を目指す姿を目のあたりにしたことだという。その夜、斎藤と「あいつらの顔を万力で締め上げて理想の顔にしてしまおう! 物理的に」と映画化に向け2人で盛り上がり、翌日、斎藤からの「あの映画の件どうしましょう」という連絡で一気に話が進んだという。

 小顔を絶対視する風潮に興味があるという斎藤。永野も「僕はコンプレックスでできた妖精。生きていて感じる違和感や衝動などを全部詰めたものを作ろうと思いました」と企画の出発点を語った。


芸能ニュースNEWS

東京女子流「ずんだ」のアロエヨーグルトを試食 “考案者“新井ひとみ「すごくおいしい!」

トレンド2019年1月19日

 「森永アロエヨーグルト 天下一フレーバー限定試食会」が19日、東京都内で行われ、東京女子流(山邊未夢、新井ひとみ、中江友梨、庄司芽生)が登場した。 続きを読む

瑛太「時代劇のできる俳優になっていきたい」 緒形直人「若かりしころの高倉健さんのようだった」

ドラマ2019年1月19日

 時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品「闇の歯車」の初日舞台あいさつが19日、東京都内で行われ、出演者の瑛太、緒形直人と山下智彦監督が出席した。この日、登壇予定だった橋爪功は体調不良のため欠席した。  藤沢周平原作の本作は、とある謎めい … 続きを読む

長澤まさみ、木村拓哉に悪役を提案 「いい人じゃ駄目。とことん悪くないと」

映画2019年1月19日

 映画『マスカレード・ホテル』の初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の木村拓哉、長澤まさみ、小日向文世、渡部篤郎と鈴木雅之監督が登壇した。  本作は、連続殺人事件を解明するためにホテルに潜入するエリート刑事・新田(木村)と、彼 … 続きを読む

中尾彬、市原悦子さんとの思い出を語る 「温かい肉まんみたいな人」

ニュース2019年1月18日

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れ … 続きを読む

市原悦子さん告別式に500人が参列 恩地監督「いつも悦っちゃんが何とかしてくれた」

ニュース2019年1月18日

 12日に心不全のため、82歳で亡くなった女優の市原悦子さん(本名・塩見悦子)の告別式が18日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、中尾彬・池波志乃夫妻、ベンガル、林遣都、相島一之ら、関係者とファン、合わせて約500人が参列。市原さんに最後の別れ … 続きを読む

page top