斎藤工「答え合わせの作品が多過ぎる」 チーム万力で長編映画にも挑戦

2018年6月22日 / 10:50

(左から)斎藤工、永野、金子ノブアキ、清水康彦監督

 国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2018」 の20周年を記念したトークイベントが21日、東京都内で行われた。俳優、映画監督として活躍し、映画製作集団「チーム万力」のメンバーである斎藤工と、斎藤と同じく同集団の結成メンバーであるお笑い芸人の永野、ミュージシャン・俳優の金子ノブアキ、清水康彦監督が登壇した。

 上映された「チーム万力」自主製作のショートフィルム4本は、永野のコントが原案。永野自身は「“何が言いたいのか”というのは言いたくない。僕の解釈で(皆さんと)共有したくない」とぶっちゃけ、会場の笑いを誘った。「ZERO-焼きそばしかないキャバクラ」で、“焼きそばしかないキャバクラ”に戸惑う男を演じた斎藤も、「これを伝えたいというものがそもそもない」とニヤリ。最近の映画の傾向に触れ、「答え合わせの作品が多過ぎる。そもそも、お客さんに“こう感じてほしい”というレシピがあるものではないので」と説明した。

 オリジナル長編映画『万力』(2019年公開予定)を製作することも発表。プロデュース・主演を斎藤、原案・脚本を永野が担当し、金子は音楽監督として関わる。製作の原点は、永野が2年前に都内で行われたファッションショーにゲスト出演した際の楽屋で、小顔のモデルたちが施術などでさらに小顔を目指す姿を目のあたりにしたことだという。その夜、斎藤と「あいつらの顔を万力で締め上げて理想の顔にしてしまおう! 物理的に」と映画化に向け2人で盛り上がり、翌日、斎藤からの「あの映画の件どうしましょう」という連絡で一気に話が進んだという。

 小顔を絶対視する風潮に興味があるという斎藤。永野も「僕はコンプレックスでできた妖精。生きていて感じる違和感や衝動などを全部詰めたものを作ろうと思いました」と企画の出発点を語った。


芸能ニュースNEWS

塚田僚一、直木賞候補&本屋大賞の加藤シゲアキに「刺激を受ける」 「実写になってモグラ役があったらお願い」

舞台・ミュージカル2021年1月21日

 舞台「Mogut」~ハリネズミホテルへようこそ~の東京開幕直前取材が21日、東京都内で行われ、出演者でA.B.C—Zの塚田僚一、細見大輔、辰巳琢郎ほかが登壇した。  本作は、おとぎ話に軽快な大人テイストを盛り込み、舞台オリジナルのロックミ … 続きを読む

磯村勇斗「学生の頃に好きな子がいて…」 バレンタインに「家の外で待った」

イベント2021年1月21日

 ブルガリ「イル・テョコラート サン・ヴァレンティーノ2021」発表会が21日、東京都内で行われ、俳優の磯村勇斗が出席した。  ブルガリでは今年もバレンタイン限定のチョコレート「サン・ヴァレンティーノ」を発売する。スペシャルアンバサダーに就 … 続きを読む

森七菜“裏の顔”を語る 考え過ぎると「脳みそで返事」

映画2021年1月21日

 映画『ライアー×ライアー』完成報告イベントが20日、東京都内で行われ、出演者の松村北斗(SixTONES)、森七菜、小関裕太、堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)と耶雲哉治監督が登場した。  本作は、ギャル … 続きを読む

岡田健史が衝撃のオタクファッションを披露 「浜辺美波の男装コスプレもありがたい」

ドラマ2021年1月21日

 菅野美穂が主演するドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。  本作は、恋愛小説家でシングルマザーの碧(菅野)と、オタクで非モテの大学生の娘・空(浜辺美波)の恋の行方を描く。  同じ相手とは知 … 続きを読む

田中みな実「バストにコンプレックスがあった」 「PEACH JOHN」のブランドミューズに

イベント2021年1月20日

 女性向け下着ブランド「PEACH JOHN 2021年新ブランドミューズ発表会」が20日、東京都内で行われ、田中みな実が出席した。  新ブランドミューズに選出された田中は「率直にうれしかったです。私に務まるのだろうかという不安もありつつ、 … 続きを読む

page top