【インタビュー】「バカボンのパパよりバカなパパ」玉山鉄二「『これでいいのだ』という曖昧の大切さを感じて」 窮屈な現在から自由な未来を願う 

2018年6月26日 / 12:00

-NHK作品では「マッサン」以来の主演ですが、座長として心掛けたことはありますか。

 家族役のキャスト(比嘉愛未、長谷川京子、森川葵、馬場徹)が、赤塚さんが考えるような家族としてつながるように、みんなで助け合い、補っていたので、僕は特別なことは何もしていません。他の人より、ちょっと多めに差し入れをしたぐらいです(笑)。あとは、共演者には本当に感謝していたので、普段あまりしないんですけど、クランクアップ後に家族(役のキャスト)に焼き肉屋やバーでごちそうして、僕なりの、それぞれのイメージで選んだプレゼントを渡しました。今でもグループLINEで近況を話し合っています。

-皆さん「役にすんなり入れた」とおっしゃっていたのは、現場の空気がよく、同じ気持ちで作品に取り組んでいたからなのでしょうね。ちなみに、赤塚さんの漫画は読まれていましたか。

 子どもの頃から漫画を読む習慣がなかったので、「天才バカボン」もアニメで見ていました。

-好きなキャラクターはいますか。

 赤塚さんが描くキャラクターは、主役もそうだけど、主役以外のささいなキャラクターが際立っているので、ウナギイヌとかが好きです。

-印象に残っているシーンがあれば教えてください。

 表向きはギャグアニメだけど、子どもながらに、見ていて切なく、苦しくなる瞬間があったのを覚えています。当時は理解できなかったけど、今は、赤塚さんが描きたかったギャグの奥底に、優しさや寂しさを感じたのかな…と思います。でも、そういうメッセージを感じていたのは僕だけじゃないんじゃないかな。「天才バカボン」の歌で、「西から昇ったお日様が東へ沈む」という歌詞がありますよね。そんなふうに、固定概念を違った形で見ると、いろんな表現の仕方や自由が待っているし、赤塚さん自身がばかをやって、ギャグ漫画を描き続けることで、同じ漫画家は「もっとやっていいのかな」とか、これから漫画家を目指す子どもたちは「飛び出していいんだ」と感化されたと思います。

-可能性が広がる一方、自由が奪われているような今の時代にぴったりの作品かもしれませね。

 作風的には今の世の中にマッチしないかもしれないけれど、織り込まれているメッセージはドンピシャですよね。ここ最近、いろんなニュースを見ていても、窮屈だったり、子どもたちが大きく飛び立とうとしているのを大人たちが抑えつけていたりするように見えるので、このドラマを見て「これでいいのだ」という余白や曖昧の大切さを感じてもらえたらうれしいです。特に、「許さない」とか「怒り」によって人が結びつくと、いろんな可能性を潰すことがあるので、人を許す気持ちを持ってほしいです。そして、今の子どもたちが大人になったときに、楽に生きられる世の中になってほしいと、親になったからこそ強く願います。

(取材・文/錦怜那)

赤塚不二夫を演じる玉山鉄二

 ドラマは6月30日からNHK総合で毎週土曜日に放送。

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「真夜中のオカルト公務員」谷水力「改めて、舞台に立てることの幸せを感じています」

舞台・ミュージカル2020年9月21日

 谷水力が主演する舞台「真夜中のオカルト公務員」が10月29日に開幕する。本作は、KADOKAWA『コミックNewtype』に連載中の人気コミックを舞台化したもの。東京23区の全ての区役所に、人知れず存在するとされる「夜間地域交流課」を舞台 … 続きを読む

【インタビュー】「誰かが、見ている」佐藤二朗「三谷さんの脚本で、香取慎吾くんとがっつり絡めるのが、今回の一番の楽しみでした」

ドラマ2020年9月21日

 何をやっても失敗ばかりだけど、なぜか憎めない主人公・舎人真一(香取慎吾)と、書斎の壁に偶然発見した「穴」から真一の生活をのぞき見するのを楽しみとしている隣人・粕谷次郎を中心とした、三谷幸喜監督・脚本の新感覚エンターテイメント「誰かが、見て … 続きを読む

悲運の剣豪将軍・足利義輝に訪れる最期の時「武家の棟梁らしく、勇ましく散ることができたら」向井理(足利義輝)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年9月19日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。9月20日放送の第二十四回「将軍の器」では、各地で戦乱が続く中、主人公・明智光秀(長谷川博己)が支えようとしてきた室町幕府第13代将軍・足利義輝がついに非業の最期を迎える。“剣豪将軍”と呼ばれ … 続きを読む

【インタビュー】『ミッドナイトスワン』草なぎ剛 「こういう時期だからこそ、公開することに意味がある作品になった」

映画2020年9月18日

 トランスジェンダーとして心身に葛藤を抱え、東京の片隅でひっそりと生きる凪沙。その下に、ある日、荒んだ生活を送る母と別れた親戚の少女・一果(服部樹咲)が預けられる。互いに孤独を感じながらも、反発したまま共同生活を始めた2人は、一果がバレエの … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル「生きる」村井良大「さらに色濃く『生きるとは何だ』ということを提示できると思います」

舞台・ミュージカル2020年9月18日

 映画監督・黒澤明の代表作『生きる』(52)を世界で初めてミュージカル化した、「黒澤明 生誕110年記念作品『ミュージカル 生きる』」の再演が、10月9日から上演される。本作は、市村正親と鹿賀丈史がWキャストで主人公の渡辺勘治を演じ、余命半 … 続きを読む

page top