玉山鉄二「僕じゃないのじゃないかな…」 赤塚不二夫役に戸惑い

2018年6月5日 / 16:41

「シェー!」のポーズを取る(左から)森川葵、比嘉愛未、玉山鉄二、長谷川京子

 土曜ドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」試写会が5日、東京都内で行われ、出演者の玉山鉄二、比嘉愛未、長谷川京子、森川葵が出席した。

 本作は、漫画家・赤塚不二夫の没後10年に合わせ、家庭では駄目な父親だった赤塚が、なぜ多くの人に愛され、慕われたのか、その理由を彼が考える家族の在り方と共に描いた、笑えて泣けるドラマ。

 赤塚役を演じる玉山はオファーを受けた当初は「僕じゃないのじゃないかな…と思い、首を縦に振ることができなかった」という。

 そんな中で自分なりに赤塚について調べていくうちに「今の日本に住んでいて、空気を読んだり、何かを突き破ったり、はみ出たりできないように毒されたのかな」と推測しつつ、「(赤塚の自由な)生き方にだんだん憧れを抱くようになり、受けさせていただこうと思いました」と回顧した。

 撮影中は「不二夫役を演じる中で、心地よさというか、ブレーキをかけないことや、何かを考えないで何かをすることに快感を覚えてしまう自分がいた」と明かした。

 そして「不二夫さんの一番素晴らしいところは人を博愛すること」と分析すると、「この作品を見ていただいて、あの時代(昭和)に忘れてしまったものをもう一度発見して、自分なりに育んでいただければうれしいです」とアピールした。

 一方、女性陣は役にすんなりと入っていけたことを告白。長谷川は自身の役名や放送曜日をド忘れするというチャーミングな一面を見せて会場の笑いを誘いながら「ここでは言えないような言葉が飛び交うぐらい楽しくてリラックスした現場でした」と撮影時の様子を紹介した。

 また、赤塚がそうであったように「スポーツをやっている息子に『みんなに公平に接しなさい』と言っている」と明かすと、「(ドラマは)息子と一緒に見たいです」と笑顔を見せた。

 ドラマはNHK総合で30日から毎週土曜日に放送。


芸能ニュースNEWS

篠原涼子、子どもの反抗期を告白 「『ちょっと触らないで』って言われて寂しい」

映画2019年6月15日

 映画『今日も嫌がらせ弁当』親子試写会イベントが15日、東京都内で行われ、主演した篠原涼子が登場した。  本作は、Amebaブログ「デイリー総合ランキング」1位を獲得した人気ブログから生まれたエッセーを映画化したもの。  八丈島に暮らすシン … 続きを読む

前田敦子、ウズベキスタンの危険な遊具体験に涙 加瀬亮「最初は大げさかなって思っていた」

映画2019年6月15日

 映画『旅のおわり世界のはじまり』公開記念舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の前田敦子、加瀬亮、染谷将太、柄本時生、アディズ・ラジャボフ、黒沢清監督が登場した。  本作は、テレビリポーターの主人公(前田)が番組のクルー(加瀬、染 … 続きを読む

堤真一「初日に社長が見に行ったら観客が10人だった」 ロケ地の群馬では1位を獲得

映画2019年6月15日

 映画『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台あいさつが15日、東京都内で行われ、出演者の堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇した。  本作は、重松清氏の同名短編を映画化。厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱 … 続きを読む

志尊淳、夏帆との衝撃シーンを振り返る 「初めまして」の10分後に“ぬれ場”

映画2019年6月15日

 映画『潤一』の公開記念舞台あいさつが14日、東京都内で行われ、出演者の志尊淳、藤井美菜、夏帆、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子、北原栄治監督、広瀬奈々子監督が登壇した。  本作は、謎めいた青年・潤一(志尊)とさまざまな背景を持った6人の女 … 続きを読む

舞台『刀剣乱舞』最新作開幕! 荒牧慶彦「新たな戦いを続けていく」

舞台・ミュージカル2019年6月15日

 舞台『刀剣乱舞』慈伝 日日の葉よ散るらむの囲み取材が14日、東京都内で行われ、出演者の荒牧慶彦、和田雅成、健人、前山剛久ほかが登壇した。  本作は、名だたる刀剣が戦士となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成士シミュレーションゲーム「刀剣 … 続きを読む

page top