「精忠組は他の俳優がうらやましがるぐらい、いい雰囲気でした」増田修一朗(有馬新七)【「西郷どん」インタビュー】

2018年6月17日 / 20:50

-改めて振り返って、出演が決まったときのお気持ちはいかがでしたか。

 うれしかったです。有馬新七という人物を1年ほど演じましたが、これまでの役者人生で同じ役をこんなに長くやったことはありません。まして劇中で20歳近く年を取るような役も初めて。だから覚悟もありつつ、楽しみにしていました。不安やプレッシャーよりも、挑戦する気持ちの方が大きかったです。

-役作りはどのように?

 史実を勉強したところ、有馬は頭が切れる上に剣術にも長けた文武両道の人物ですが、性格的には直情型だったことを知りました。ただ今回は、知的な人物として瑛太くんの大久保一蔵がいます。だから、そういう部分は彼に任せて、僕は“武”の部分や感情のままに突っ走る薩摩隼人の危うさみたいなものを表現しようと考えました。ドラマを面白くするためには、その方がいいだろうと。

-吉之助や仲間たちとにぎやかにやっていた序盤に比べて、最近はシリアスな雰囲気も漂っていました。その辺りの有馬の変化はどのように捉えましたか。

 実際にあった出来事を変えることはできません。だから、最初のうちは吉之助を中心とした仲間たちの強い絆をしっかり表現した上で、それが次第に変化していくギャップを見せたいと考えていました。そうすることで、僕らが動乱に巻き込まれていくインパクトも強くなりますから。

-精忠組のメンバーと一緒に過ごした感想は?

 有起哉さんを先頭に、他の俳優がうらやましがるぐらい、いい雰囲気で過ごすことができました。みんなの内面にあるものと役に共通する部分が多く、一緒に食事をしたり、世間話したりといったことが、そのまま役作りになって、本番の雰囲気につながっていました。だから、その時間を過ごせなくなるのは寂しいです。新八(堀井新太)なんか、「増田さんがいなくなると寂しいなぁ」と、2カ月ぐらい前から言っていましたから(笑)。あんまり何度も言うので、「早くいなくなってほしいのか?」と(笑)。

-精忠組の中では一足先に去ることになりましたが、何かお言葉は?

 あのメンバーの中では僕が一番、世の中の認知度が低かったので、初めて顔を合わせたとき、「なぜここにいるんだろう?」と思ったぐらいです。寺田屋騒動があることも最初から分かっていたので、「僕にできるかな?」と心配でしたが、何とかやってこられたのはみんなのおかげです。心から感謝しています。最後まで一緒にやりたい気持ちはありますが、仕方ありません。後はみんなに任せて、僕は行く末を見守っていきます。

(取材・文/井上健一)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

児玉すみれ、『怪盗グルーのミニオン超変身』で声優初挑戦「アグネスになりきれるのが楽しかった」【インタビュー】

映画2024年7月24日

-一番難しかったシーンは?  スーパーで叫ぶところが難しかったです。あまり普段の生活で叫ぶことがないので、どうやって叫んだらいいのか分からなかったですし、タイミングも合わせなくてはいけないので。でも、そこが一番楽しいシーンでもありました。 … 続きを読む

すとぷり「初めてのことに挑戦し続けていきたい」 初めてのアニメ映画『劇場版すとぷりはじまりの物語』公開中【インタビュー】

映画2024年7月23日

-今、配信だけでなく、リアルライブを行ったり、こうして映画を制作するというジャンルにとらわれない活動を行っているのは、もともと「いろいろなことに挑戦する」という思いがあったからなんですね。 ななもり。 リスナーさんに喜んでもらえるなら全部や … 続きを読む

高畑充希 視聴者を魅了した藤原定子役は「皆さんと作っていく中で生まれたものが大きかった」【「光る君へ」インタビュー】

ドラマ2024年7月21日

-定子にとって最も大切な存在である一条天皇とのシーンについて教えてください。  一条天皇とのシーンは、総じてとても複雑でした。最初は、かわいい弟分だった相手を男性として見るようになり、愛し合い、その後はただ「好き」というだけでなく、「この人 … 続きを読む

黒羽麻璃央「松村さんに大きな愛をぶつけました」 松村沙友理「もしかしたら“交際0日婚”の可能性もあるのかも!?」 ドラマ「焼いてるふたり 〜交際0日 結婚から恋をはじめよう〜」【インタビュー】

ドラマ2024年7月21日

-ピュアな恋愛模様のほかにBBQのシーンも見どころの一つですが、劇中に登場する料理で役に立つアイデアはありましたか。 松村 はい、家でもたくさんまねして作っています。スぺアリブは作品の中ではBBQで焼いていたのですが、うちではフライパンで焼 … 続きを読む

「光る君へ」第二十七回「宿縁の命」まひろや道長の子どもたちの将来を予感させる一条天皇と母・詮子の確執【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年7月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。7月14日に放送された第二十七回「宿縁の命」では、藤原道長(柄本佑)の娘・彰子(見上愛)が一条天皇の下に入内、続いて一条天皇の妻である中宮・藤原定子(高畑充希)にも待望の皇子が誕生。さらに、主人 … 続きを読む

Willfriends

page top