「嫌われ者・久光の人間味を出して、『憎めない』と感じてもらえるようにしたい」青木崇高(島津久光)【「西郷どん」インタビュー】

2018年6月10日 / 20:50

 兄・斉彬(渡辺謙)、父・斉興(鹿賀丈史)の死後、“国父”を名乗って薩摩藩の最高権力者の座に就いた島津久光。今後、斉彬の遺志を継いで幕政改革を目指しながらも、吉之助とは対立を深めていくこととなる。演じる青木崇高が、転機を迎えた久光の人物像、演技に込めた思いを語ってくれた。

島津久光役の青木崇高

-久光はどんな人物だったとお考えでしょうか。

 光輝くスーパースターの兄に対して、その弟ということで、今まではネガティブな性格で頭の回転もよくない、しかも仲が悪いように描かれることが多かったと聞きました。でも実はそんなことはなく、久光のことは斉彬も評価していたそうです。ただ、西郷が絡んできたときのことを考えると、対照的に演じた方がドラマチックになる。そこで、兄上がヒーローなら、こっちはとことん人間的に演じようと思いました。

-役作りはどのように?

 久光に関するエピソードで面白かったのが、後に廃藩置県が行なわれることを知ったとき、藩中の花火を集めて一晩中打ち上げたという話。これは人物をひも解くのに役立つのではないかと。他にも西郷から“地ごろ”(=田舎者)呼ばわりされ、ギリギリと歯ぎしりした跡がキセルに残っていたなど、どれも人間味を感じさせるエピソードばかり。今まで語られてこなかった余白を、そういうもので埋めていきたいと考えました。

-久光と西郷の関係についてはいかがでしょうか。

 私たちから見ると、西郷は偉人として評価が定まっていますが、当時の薩摩の人間の立場に立ってみたら、「西郷?どこのもんや?」という話。久光とは立場が全く違いますから、その距離感は大切にしたいと思いました。兄上にはかわいがられたかもしれないが、単にお酌がうまいだけかもしれない。そんなやつが、兄上の遺志を継いでやっていこうとする自分に対して、偉そうに異を唱えた上に、“地ごろ”呼ばわりする。久光が怒るのは当然です。よく斬られなかったと思います。

-西郷役の鈴木亮平さんと共演した感想は?

 ずっと撮影を頑張っていることを知っているので、対面するシーンでも、西郷を亮平くんとして見てしまい、どこか憎み切れないところがあるんです。「これはいかん!」と思い、別のところから怒りのモチベーションを持ってきて演じています。「かつらがかゆい!」、「正座がつらい!」といったイライラを「全部おまえのせいじゃ!」とぶつける感じで(笑)。

-「会った人全てが好きになる」という西郷の人柄は、鈴木さんにも通じる部分がありそうですね。

 そうですね。その中で唯一、好きにならなかったのが久光かも知れません(笑)。このドラマでは久光は嫌われ者ですし、漫画などでも悪人のように描かれていることが多い。でも、それこそ僕の大好物。ならばなおさら人間味を出して、視聴者に「憎めない」と感じてもらえるようにしたい。常にそう考えています。

-薩摩の最高権力者となった久光は“国父”を名乗るようになりましたが、その前後で演技はどのように変えましたか。

 最初にオファーを頂いたときから、そこは重要な部分だと思っていました。大久保から“国父”という言葉を得て、久光は自分の中で歯車が動き始める感触を得た。そこで、それ以降は自分が薩摩をコントロールしていくという姿勢を出すため、やや恰幅(かっぷく)のいい感じにして、メークや小物、差している刀、芝居の動きや声など、いろいろと変えてみました。印象的にはなっていると思います。とはいえ、なかなか久光の思惑通りに行かない部分もありますから、これからまた少しずつ変えていくつもりです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top