「島唄から三味線まで、習い事のオンパレードでした」高橋努(富堅)【「西郷どん」インタビュー】

2018年6月3日 / 20:50

 親友・大久保正助(瑛太)の尽力もあり、吉之助(鈴木亮平)は奄美大島から薩摩へと戻っていった。妻・愛加那(二階堂ふみ)は、まだ幼い子どもや兄・富堅と共に島で吉之助を待ち続けることに。無骨だが妹思いの富堅を演じるのは、テレビドラマから映画まで、数多くの作品で活躍する高橋努。役に込めた思いや、撮影の裏話など、幅広く語ってくれた。

富堅役の高橋努

-富堅について、どのようなイメージをお持ちでしたか。

 富堅のことは全く知らなかったので調べてみましたが、記録が残っていないんです。写真が1枚あるだけで。それも、「これが富堅です」というはっきりしたものではなく、「龍佐民の親戚で次期リーダーと言われていたから、真ん中のリーダー風の人が富堅らしい」という程度で。

-そこから、役作りはどのように?

 今回のドラマでは、両親がいないので、小さい頃から愛加那と一緒に生きてきたこともあり、とても妹思いの兄。しかも、強がりで偉そうにしている割には、奥さん(=里千代金)からよく怒られている。そう考えたら、すごくチャーミングな人だったのではないかと思えてきました。だからこそ、次期リーダーと言われたのではないかと。役作りのため、髪の毛を4、5カ月伸ばし、ひげも演出の方と相談して伸ばすことにしました。他にも島唄から三味線まで、習い事のオンパレードでした。

-三味線を演奏する場面もありましたが、感想は?

 難しかったです。きちんと先生に教えてもらったのですが、教科書みたいなものはないんです。育った環境によって歌詞も弾き方も全然違うらしく、見て、感じて、感覚で覚えるというやり方。かなり練習して、なんとか三味線だけに集中すれば弾けるようになり、奄美のおばあやおじいたちからも「よく覚えたね」「私よりうまい」と言われるぐらいにはなりました。でも、芝居をしながら気持ちを入れて弾こうとすると、なかなかうまくいかなくて。苦労しましたが、面白かったです。

-富堅を演じた中で、印象に残っていることは?

 とても喜怒哀楽の激しい人で、笑って、泣いて、怒って、歌って、踊って、と振り幅の大きな役だったので、楽しかったです。一番印象的だったのは、吉之助が薩摩に帰る場面。ロケ場所も愛加那と吉之助の芝居も素晴らしくて…。僕が泣く必要はなかったのですが、段取りから本番までずっと涙が止まりませんでした。あとは、愛加那が生んだ子どもを見に行く場面も。吉之助が泣くところだったので、「ニコニコ笑って」と言われていたのですが、僕が先に泣いてしまって…。「あ、これは“西郷どん”だ。“富堅どん”じゃない」と思って、本番では少し我慢しました(笑)。

-富堅は当初、吉之助にいい印象を持っていませんが、後に理解するようになりました。その辺りの気持ちの変化は、演じる上でどう受け止めましたか。

 最初は憎しみに近い気持ちを持っていましたが、吉之助は僕らを助けてくれたわけです。考えてみたら、島に来たばかりの吉之助もつらかったはず。僕らが薩摩を憎んでいるのは吉之助のせいではないけれど、それも知りませんし。そう考えたら、自然と受け入れることができました。別れ際には仲良く相撲まで取っていますから。

-相撲の場面は、富堅と吉之助の関係を示す見どころでしたが、演じた感想は?

 僕は体格がいいと言われる方ですが、島の人はひもじい生活をしているので、体を大きくすることはできません。だから、節制しながら筋トレをしていたんです。それで亮平と並んでみたら、まるで大人と子ども(笑)。そりゃあ、負けるだろうと。史実でも、島一番の力持ちが西郷さんと相撲を取って、3回やって3回とも負けたという話があるそうです。愛加那を追い掛けようとする吉之助を「行くな!」と止める場面では、亮平の体があまりに大きくて「軽トラか!?」と(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】The Brow Beat HAKUEI×Ryuji「破竹の勢いで進み続けたい」 待望の全国ツアーに向け発進!

音楽2018年12月11日

 PENICILLINのHAKUEIトータルプロデュースのもと、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。2019年1月1日には、待望の2nd Album「Hameln」の発売 … 続きを読む

【インタビュー】『青の帰り道』清水くるみ「台本を読んで、母親とぶつかった反抗期の自分を思い出しました」

映画2018年12月10日

 夢への挑戦、挫折、葛藤…。誰もが経験する青春の痛みと成長を、真野恵里菜、横浜流星ら注目の若手俳優総出演で描いた群像劇『青の帰り道』が、12月7日に全国公開された。母親との関係に悩みながら、さまざまな経験を経て成長していく少女キリを演じたの … 続きを読む

「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。 … 続きを読む

「新八を演じたこの1年、とても貴重な経験をさせていただきました」堀井新太(村田新八)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 ついに幕を開けた西南戦争。新政府軍と反乱士族たちの争いであると同時に、幼なじみである西郷隆盛(鈴木亮平)と大久保利通(瑛太)にとっては苦渋の戦いとなった。そしてもう1人、西郷と共に戦う道を選んだ幼なじみが、村田新八である。かつては共に島流 … 続きを読む

【映画コラム】実話を基にしたアジア映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』『暁に祈れ』

映画2018年12月8日

 今回は相次いで公開された、実話を基にしたアジア映画を2本紹介する。  まずは、インド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』から。こちらは、愛妻を楽にしたい一心で始めた工夫が、安全で安価な生理用品の普及につながったというひょうたんから駒 … 続きを読む

page top