【インタビュー】「植木等とのぼせもん」山本耕史「歴史上の人物とも架空の人物とも違う難しさがある」志尊淳「小松さんが持っている熱いものを表現できれば」

2017年9月2日 / 15:32

 9月2日からNHK総合「土曜ドラマ」枠で、ドラマ「植木等とのぼせもん」(全8回)が放送される。小松政夫の自伝的小説『のぼせもんやけん』を原案に、「無責任男」を演じ、「スーダラ節」などで知られた昭和のスター植木と、彼の弟子兼運転手となり、「親父さん」と慕いながら成長していく小松との師弟関係を描いた物語。本作で植木を演じた山本耕史と、小松役の志尊淳が撮影の合間に心境を語った。

植木等役の山本耕史(左)と小松政夫役の志尊淳

-オファーを受けた時の気持ちを教えてください。

山本 自分が植木さんを演じると聞いた時はどこが合うのだろうと思いました。けれど、植木さんは楽器や歌、舞台でのコントもされていたので、やっていることはそれほどかけ離れていないなと思って。そういうところをディレクターやプロデューサーが照らし合わせてくれたのなら、できる限りのことはやろうと思いました。でも、正直イメージに合うか不安の方が大きかったです。

志尊 僕はご存命で、しかも皆さんのイメージがある方を演じることが初めてでした。小松さんのことは知ってはいましたけど、このドラマで描かれている30~40代の小松さんは資料でしか見たことがなかったですし、僕も正直、似ている部分を照らし合わせるのは難しかったです。でも、タイトルにある「のぼせもん」は夢中になりやすい性格のことで、それは僕も一緒でした。後は、小松さんが植木さんの付き人をされていた姿は皆さんも知らない部分だと思うので、自分と似ている部分を照らし合わせつつ、皆さんのイメージとうまくリンクさせられたらと思いました。最初は不安でしたけど、段々と楽しくなってきました。

-役づくりのアプローチはどういうふうに?

山本 架空の人物や歴史上の人物、現在いらっしゃる方と、いろいろなタイプがある中で、植木さんを演じるのは僕にとって珍しいタイプでした。例えば、大河ドラマで演じた土方歳三さんぐらいになれば、想像と肖像画や写真でイメージできますけど、植木さんは皆さんの脳裏に焼きついている方なので、どこまで似せるか悩みました。寄せ過ぎるとただの物まねのようになってしまうし、かといって全く寄せずに演じるなら、植木等さんではなく植木等さんをモチーフにしたキャラクターでいいじゃないかとなってしまう。ご本人の名前で思いっ切り物まねをするとあざといし、そこが難しかったです。ただ、普段の植木さんはテレビや舞台のイメージとは違って真面目な方だと聞きました。台本でも「こういうふざけた仕事ばかりやっていて、人さまの役に立つのか?」と悩む一面も出てきますが、そういう意味で普段はとても真面目で弟子や家族思いという、一人の人間として演じている感じです。

志尊 僕はクランクイン前から小松さんにお会いしたいと言っていたら、撮影が重なる日があってお会いすることができました。原作に書いてある当時のエピソード、特に植木さんとのエピソードを、それぞれのキャラクターの声まねをしながら再現してくださって、すごく分かりやすくて台本と同じことなんだと思いました。演じる上でのアドバイスはおっしゃらなかったのですが、僕自身も演じる上で一番は小松さんが持っている熱いものを自分が引き継いで表現できればと。とにかく小松さんの感じていることや、明確にその時感じたものを出そうと意識して演じるようにしていました。

-コントの部分は撮影されていかがでしたか。

山本 うたい文句に「笑あり涙ありの作品」とありますけど、「笑い」とは言ってもコントや歌は再現している感じなので、僕たちが実際にコントをやっている感じではないです。特にそこで「笑かそう」と思っているわけではなので、自分たちで勝手に面白おかしく変えたりはしていないし、ご本人たちがやられていた雰囲気に近くなるよう真面目にコントのシーンを演じている、という感じでした。

-山本さんは「スーダラ節」をされるシーンもあるそうですね。

山本 クランクイン初日に「スーダラ節」をすいすいやるシーンの撮影があって、すごく恥ずかしげにやっています(笑)。まだ役も入っていないというか、ちょっと地獄のような日でした(笑)。そこからいろいろやってみて、歌もディレクターから「もっと寄せていいです」と言われたので、かなり寄せにいきました。だから、逆に芝居は寄せ過ぎずにできるのかもしれません。皆さんが見ていたのはパフォーマンスの部分なので、そういうところは寄せつつ、普段の姿は寄せ過ぎずに、という感じです。

(取材・文/中村好伸)

山本耕史


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】ディケンズの古典を今風に映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』

映画2021年1月21日

 チャールズ・ディケンズの『デイヴィッド・コパフィールド』を、『スターリンの葬送狂騒曲』(17)のアーマンド・イアヌッチ監督(イタリア系のスコットランド人)が映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、1月22日から公開される。  ディケン … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

page top