【インタビュー】「植木等とのぼせもん」山本耕史「歴史上の人物とも架空の人物とも違う難しさがある」志尊淳「小松さんが持っている熱いものを表現できれば」

2017年9月2日 / 15:32

 9月2日からNHK総合「土曜ドラマ」枠で、ドラマ「植木等とのぼせもん」(全8回)が放送される。小松政夫の自伝的小説『のぼせもんやけん』を原案に、「無責任男」を演じ、「スーダラ節」などで知られた昭和のスター植木と、彼の弟子兼運転手となり、「親父さん」と慕いながら成長していく小松との師弟関係を描いた物語。本作で植木を演じた山本耕史と、小松役の志尊淳が撮影の合間に心境を語った。

植木等役の山本耕史(左)と小松政夫役の志尊淳

-オファーを受けた時の気持ちを教えてください。

山本 自分が植木さんを演じると聞いた時はどこが合うのだろうと思いました。けれど、植木さんは楽器や歌、舞台でのコントもされていたので、やっていることはそれほどかけ離れていないなと思って。そういうところをディレクターやプロデューサーが照らし合わせてくれたのなら、できる限りのことはやろうと思いました。でも、正直イメージに合うか不安の方が大きかったです。

志尊 僕はご存命で、しかも皆さんのイメージがある方を演じることが初めてでした。小松さんのことは知ってはいましたけど、このドラマで描かれている30~40代の小松さんは資料でしか見たことがなかったですし、僕も正直、似ている部分を照らし合わせるのは難しかったです。でも、タイトルにある「のぼせもん」は夢中になりやすい性格のことで、それは僕も一緒でした。後は、小松さんが植木さんの付き人をされていた姿は皆さんも知らない部分だと思うので、自分と似ている部分を照らし合わせつつ、皆さんのイメージとうまくリンクさせられたらと思いました。最初は不安でしたけど、段々と楽しくなってきました。

-役づくりのアプローチはどういうふうに?

山本 架空の人物や歴史上の人物、現在いらっしゃる方と、いろいろなタイプがある中で、植木さんを演じるのは僕にとって珍しいタイプでした。例えば、大河ドラマで演じた土方歳三さんぐらいになれば、想像と肖像画や写真でイメージできますけど、植木さんは皆さんの脳裏に焼きついている方なので、どこまで似せるか悩みました。寄せ過ぎるとただの物まねのようになってしまうし、かといって全く寄せずに演じるなら、植木等さんではなく植木等さんをモチーフにしたキャラクターでいいじゃないかとなってしまう。ご本人の名前で思いっ切り物まねをするとあざといし、そこが難しかったです。ただ、普段の植木さんはテレビや舞台のイメージとは違って真面目な方だと聞きました。台本でも「こういうふざけた仕事ばかりやっていて、人さまの役に立つのか?」と悩む一面も出てきますが、そういう意味で普段はとても真面目で弟子や家族思いという、一人の人間として演じている感じです。

志尊 僕はクランクイン前から小松さんにお会いしたいと言っていたら、撮影が重なる日があってお会いすることができました。原作に書いてある当時のエピソード、特に植木さんとのエピソードを、それぞれのキャラクターの声まねをしながら再現してくださって、すごく分かりやすくて台本と同じことなんだと思いました。演じる上でのアドバイスはおっしゃらなかったのですが、僕自身も演じる上で一番は小松さんが持っている熱いものを自分が引き継いで表現できればと。とにかく小松さんの感じていることや、明確にその時感じたものを出そうと意識して演じるようにしていました。

-コントの部分は撮影されていかがでしたか。

山本 うたい文句に「笑あり涙ありの作品」とありますけど、「笑い」とは言ってもコントや歌は再現している感じなので、僕たちが実際にコントをやっている感じではないです。特にそこで「笑かそう」と思っているわけではなので、自分たちで勝手に面白おかしく変えたりはしていないし、ご本人たちがやられていた雰囲気に近くなるよう真面目にコントのシーンを演じている、という感じでした。

-山本さんは「スーダラ節」をされるシーンもあるそうですね。

山本 クランクイン初日に「スーダラ節」をすいすいやるシーンの撮影があって、すごく恥ずかしげにやっています(笑)。まだ役も入っていないというか、ちょっと地獄のような日でした(笑)。そこからいろいろやってみて、歌もディレクターから「もっと寄せていいです」と言われたので、かなり寄せにいきました。だから、逆に芝居は寄せ過ぎずにできるのかもしれません。皆さんが見ていたのはパフォーマンスの部分なので、そういうところは寄せつつ、普段の姿は寄せ過ぎずに、という感じです。

(取材・文/中村好伸)

山本耕史


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】主要登場人物はたった1人のサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』

映画2019年2月16日

 主要登場人物はたった1人というユニークなサスペンス劇『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日から公開される。  警官のアスガー(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに、現場を退き、緊急通報指令室のオペレーターを務めていた。 … 続きを読む

【インタビュー】『笑顔の向こうに』高杉真宙、初の医療作品で体験した「濃厚な時間」 新しい自分も発見

映画2019年2月14日

 日本歯科医師会の全面協力のもと、歯科医療の現場を舞台に、歯科技工士・大地ら若者たちの成長を描いた青春映画『笑顔の向こうに』(15日公開)。主演として初の医療作品に携わった高杉真宙が、作品に込めた思いや撮影時の様子、同作を通して見つけた新し … 続きを読む

【ライブリポート】佐藤流司率いるThe Brow Beat、ワンマンツアーファイナルで見せた「進化」

アイドル2019年2月13日

   デビューからわずか5カ月で日比谷野外大音楽堂での単独公演を成功させ、とどまることない勢いで突き進むThe Brow Beatが2ndツアー「The Brow Beat Live Tour 2019“Hameln”」の最終公演 … 続きを読む

「宮藤くんは、円喬と孝蔵の関係に、僕と自分自身を重ねているのかなと感じることも」松尾スズキ(橘家円喬)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年2月10日

 予選会で世界記録を更新し、日本初のオリンピック出場を目指す金栗四三(中村勘九郎)。だがその前には、数々の困難が立ちふさがる。その奮闘を軽妙に彩るのが、ナビゲーターを務める落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の話芸。本作では、四三の物語と並 … 続きを読む

【映画コラム】くしくも実現した“マン対決”『ファースト・マン』と『アクアマン』

映画2019年2月9日

 まずは、人類史上初めて月面に立った男、ニール・アームストロング(ライアン・ゴズリング)を主人公に、デイミアン・チャゼル監督が、米宇宙計画の裏側を描いた『ファースト・マン』から。  本作の舞台となる1960年代は、まだ携帯電話もパソコンもな … 続きを読む

page top