【インタビュー】「植木等とのぼせもん」山本耕史「歴史上の人物とも架空の人物とも違う難しさがある」志尊淳「小松さんが持っている熱いものを表現できれば」

2017年9月2日 / 15:32

 9月2日からNHK総合「土曜ドラマ」枠で、ドラマ「植木等とのぼせもん」(全8回)が放送される。小松政夫の自伝的小説『のぼせもんやけん』を原案に、「無責任男」を演じ、「スーダラ節」などで知られた昭和のスター植木と、彼の弟子兼運転手となり、「親父さん」と慕いながら成長していく小松との師弟関係を描いた物語。本作で植木を演じた山本耕史と、小松役の志尊淳が撮影の合間に心境を語った。

植木等役の山本耕史(左)と小松政夫役の志尊淳

-オファーを受けた時の気持ちを教えてください。

山本 自分が植木さんを演じると聞いた時はどこが合うのだろうと思いました。けれど、植木さんは楽器や歌、舞台でのコントもされていたので、やっていることはそれほどかけ離れていないなと思って。そういうところをディレクターやプロデューサーが照らし合わせてくれたのなら、できる限りのことはやろうと思いました。でも、正直イメージに合うか不安の方が大きかったです。

志尊 僕はご存命で、しかも皆さんのイメージがある方を演じることが初めてでした。小松さんのことは知ってはいましたけど、このドラマで描かれている30~40代の小松さんは資料でしか見たことがなかったですし、僕も正直、似ている部分を照らし合わせるのは難しかったです。でも、タイトルにある「のぼせもん」は夢中になりやすい性格のことで、それは僕も一緒でした。後は、小松さんが植木さんの付き人をされていた姿は皆さんも知らない部分だと思うので、自分と似ている部分を照らし合わせつつ、皆さんのイメージとうまくリンクさせられたらと思いました。最初は不安でしたけど、段々と楽しくなってきました。

-役づくりのアプローチはどういうふうに?

山本 架空の人物や歴史上の人物、現在いらっしゃる方と、いろいろなタイプがある中で、植木さんを演じるのは僕にとって珍しいタイプでした。例えば、大河ドラマで演じた土方歳三さんぐらいになれば、想像と肖像画や写真でイメージできますけど、植木さんは皆さんの脳裏に焼きついている方なので、どこまで似せるか悩みました。寄せ過ぎるとただの物まねのようになってしまうし、かといって全く寄せずに演じるなら、植木等さんではなく植木等さんをモチーフにしたキャラクターでいいじゃないかとなってしまう。ご本人の名前で思いっ切り物まねをするとあざといし、そこが難しかったです。ただ、普段の植木さんはテレビや舞台のイメージとは違って真面目な方だと聞きました。台本でも「こういうふざけた仕事ばかりやっていて、人さまの役に立つのか?」と悩む一面も出てきますが、そういう意味で普段はとても真面目で弟子や家族思いという、一人の人間として演じている感じです。

志尊 僕はクランクイン前から小松さんにお会いしたいと言っていたら、撮影が重なる日があってお会いすることができました。原作に書いてある当時のエピソード、特に植木さんとのエピソードを、それぞれのキャラクターの声まねをしながら再現してくださって、すごく分かりやすくて台本と同じことなんだと思いました。演じる上でのアドバイスはおっしゃらなかったのですが、僕自身も演じる上で一番は小松さんが持っている熱いものを自分が引き継いで表現できればと。とにかく小松さんの感じていることや、明確にその時感じたものを出そうと意識して演じるようにしていました。

-コントの部分は撮影されていかがでしたか。

山本 うたい文句に「笑あり涙ありの作品」とありますけど、「笑い」とは言ってもコントや歌は再現している感じなので、僕たちが実際にコントをやっている感じではないです。特にそこで「笑かそう」と思っているわけではなので、自分たちで勝手に面白おかしく変えたりはしていないし、ご本人たちがやられていた雰囲気に近くなるよう真面目にコントのシーンを演じている、という感じでした。

-山本さんは「スーダラ節」をされるシーンもあるそうですね。

山本 クランクイン初日に「スーダラ節」をすいすいやるシーンの撮影があって、すごく恥ずかしげにやっています(笑)。まだ役も入っていないというか、ちょっと地獄のような日でした(笑)。そこからいろいろやってみて、歌もディレクターから「もっと寄せていいです」と言われたので、かなり寄せにいきました。だから、逆に芝居は寄せ過ぎずにできるのかもしれません。皆さんが見ていたのはパフォーマンスの部分なので、そういうところは寄せつつ、普段の姿は寄せ過ぎずに、という感じです。

(取材・文/中村好伸)

山本耕史


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「寺田屋騒動で仲間を死なせたという負い目が、大山のトラウマになるはず」北村有起哉(大山格之助)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年6月18日

 有馬新七(増田修一朗)が壮絶な最期を遂げ、幼なじみである吉之助(鈴木亮平)たちの心に深い傷を残した寺田屋騒動。血気にはやる有馬を説得できず、騒動の当事者となったのが、同じく吉之助の幼なじみ、大山格之助である。生き残った大山は心の傷を抱えた … 続きを読む

【インタビュー】『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ロン・ハワード監督 「これは僕がやるべき映画だったんだろうなと感じました」

映画2018年6月18日

 愛機ミレニアム・ファルコン号で銀河を疾走する伝説のヒーロー、ハン・ソロ。『スター・ウォーズ』シリーズ屈指の人気を誇る彼は、いかにして愛すべき悪党となったのか。ルークとレイアに出会う前、若きハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)の知られざ … 続きを読む

「精忠組は他の俳優がうらやましがるぐらい、いい雰囲気でした」増田修一朗(有馬新七)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年6月17日

 動乱の幕末、世を変えようと立ち上がった有馬新七だったが、説得に来た大山格之助(北村有起哉)らとの交渉が決裂。壮絶な斬り合いの末に散っていった。世にいう「寺田屋騒動」である。有馬の死は、幼なじみである吉之助(鈴木亮平)たちの心に深い傷を残す … 続きを読む

【映画コラム】涙が頬を伝うが、ほほ笑みながら見ていられる『ワンダー 君は太陽』

映画2018年6月16日

 生まれつき顔立ちが人と違う少年が、困難に立ち向かう姿を描いた『ワンダー 君は太陽』が公開された。監督は『ウォールフラワー』(12)で、思春期の青年たちの揺れ動くデリケートな心の機微をリアルに描いたスティーブン・チョボスキー。  遺伝子の疾 … 続きを読む

【舞台リポート】男劇団 青山表参道X、旗揚げ公演開幕! 西銘駿、飯島寛騎、栗山航、塩野瑛久らイケメンが集結

アイドル2018年6月15日

 数多くの女性タレントたちが所属することで知られるオスカープロモーションが、30人の俳優・モデル・タレントを集めて、男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」を結成した。旗揚げ公演となる『SHIRO TORA ~beyond th … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top