【インタビュー】「生中継!第72回トニー賞授賞式」井上芳雄「よくも毎年こんなに魅力的な作品が生まれるな」

2018年6月8日 / 17:09

 映画界のアカデミー賞に匹敵する、演劇・ミュージカル界の最高峰のタイトル、トニー賞。ブロードウェーで上演された舞台作品に贈られ、世界が注目する賞の授賞式が、今年もWOWOWで生中継される(6月11日(月)午前8時~)。日本のスタジオから、井上芳雄がその模様をナビゲートする。

写真・伊東ひさし

 「初めてトニー賞の授賞式の中継に関わらせてもらったのが4年前。番組に関わらせてもらうようになって感じるのは、よくも毎年こんなに魅力的な作品が生まれるなということ。次々と生まれてくる新しい才能と、手を変え品を変えの斬新な視点やアイデアに驚かされます」

 ノミネートされた作品の一場面が舞台上で披露されるなど、単なる授賞式ではなくショーとしても楽しめる演出となっている。

 「日本にとどまらず、世界中で中継されていますから、ノミネートされた側にとっても、ここでパフォーマンスができるというのは、とても誇らしんですね。ワンシーンへの気合と熱量はすごいですし、見ているだけで楽しいです。今年でいえば、『アナと雪の女王』のミュージカルのような大バジェットで作られた大作がある一方で、何年もトライアウト(試演)を重ねて、ようやくオン・ブロードウェーに上がってきた作品があったり、『マイ・フェア・レディ』のような名作のリバイバルもある。番組では、授賞式の合間にそれぞれの作品の背景を紹介しているんですが、そういう事前情報を知ってから見るとより楽しいんですよね」

 日本のスタジオでは、井上をはじめとする出演者がミュージカルソングなどをこれまでも生披露してきたが、果たして今回は?

 「毎年、期待値のハードルが上がっているのを感じています(笑)。しかも、生放送ですから朝が早い(日本時間、午前8時から)。単なるつなぎではなく、ショーアップされたものをお届けしますので、期待していてほしいです」

 井上といえば、同じWOWOWで放送されている福田雄一監督とのミュージカルを題材にしたコメディー番組「グリーン&ブラックス」も好評。放送延長が決定した。

 「あの番組での僕は本人に近いとはいえ、福田さんのイメージの中での井上芳雄を演じている感じです。実際はあんなふうに裏で話す余裕はないですし。ただ、みんな普段からあれぐらいテンションは高いです。体育会系なんですよ」

(取材・文/望月リサ)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】The Brow Beat HAKUEI×Ryuji「破竹の勢いで進み続けたい」 待望の全国ツアーに向け発進!

音楽2018年12月11日

 PENICILLINのHAKUEIトータルプロデュースのもと、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。2019年1月1日には、待望の2nd Album「Hameln」の発売 … 続きを読む

【インタビュー】『青の帰り道』清水くるみ「台本を読んで、母親とぶつかった反抗期の自分を思い出しました」

映画2018年12月10日

 夢への挑戦、挫折、葛藤…。誰もが経験する青春の痛みと成長を、真野恵里菜、横浜流星ら注目の若手俳優総出演で描いた群像劇『青の帰り道』が、12月7日に全国公開された。母親との関係に悩みながら、さまざまな経験を経て成長していく少女キリを演じたの … 続きを読む

「学芸員の先生が『桂久武は井戸田さんにピッタリ』と言ってくれたおかげで、気持ちよく演じることができました」井戸田潤(桂久武)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 名門・島津家の血筋に生まれ、家老を務めるなど、幕末から明治初期にかけて活躍した元薩摩藩士・桂久武。西郷隆盛(鈴木亮平)とは若い頃から深い親交を結び、西南戦争にも同行することとなった。演じたのは、人気お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤。 … 続きを読む

「新八を演じたこの1年、とても貴重な経験をさせていただきました」堀井新太(村田新八)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年12月9日

 ついに幕を開けた西南戦争。新政府軍と反乱士族たちの争いであると同時に、幼なじみである西郷隆盛(鈴木亮平)と大久保利通(瑛太)にとっては苦渋の戦いとなった。そしてもう1人、西郷と共に戦う道を選んだ幼なじみが、村田新八である。かつては共に島流 … 続きを読む

【映画コラム】実話を基にしたアジア映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』『暁に祈れ』

映画2018年12月8日

 今回は相次いで公開された、実話を基にしたアジア映画を2本紹介する。  まずは、インド映画『パッドマン 5億人の女性を救った男』から。こちらは、愛妻を楽にしたい一心で始めた工夫が、安全で安価な生理用品の普及につながったというひょうたんから駒 … 続きを読む

page top