【インタビュー】「生中継!第72回トニー賞授賞式」井上芳雄「よくも毎年こんなに魅力的な作品が生まれるな」

2018年6月8日 / 17:09

 映画界のアカデミー賞に匹敵する、演劇・ミュージカル界の最高峰のタイトル、トニー賞。ブロードウェーで上演された舞台作品に贈られ、世界が注目する賞の授賞式が、今年もWOWOWで生中継される(6月11日(月)午前8時~)。日本のスタジオから、井上芳雄がその模様をナビゲートする。

写真・伊東ひさし

 「初めてトニー賞の授賞式の中継に関わらせてもらったのが4年前。番組に関わらせてもらうようになって感じるのは、よくも毎年こんなに魅力的な作品が生まれるなということ。次々と生まれてくる新しい才能と、手を変え品を変えの斬新な視点やアイデアに驚かされます」

 ノミネートされた作品の一場面が舞台上で披露されるなど、単なる授賞式ではなくショーとしても楽しめる演出となっている。

 「日本にとどまらず、世界中で中継されていますから、ノミネートされた側にとっても、ここでパフォーマンスができるというのは、とても誇らしんですね。ワンシーンへの気合と熱量はすごいですし、見ているだけで楽しいです。今年でいえば、『アナと雪の女王』のミュージカルのような大バジェットで作られた大作がある一方で、何年もトライアウト(試演)を重ねて、ようやくオン・ブロードウェーに上がってきた作品があったり、『マイ・フェア・レディ』のような名作のリバイバルもある。番組では、授賞式の合間にそれぞれの作品の背景を紹介しているんですが、そういう事前情報を知ってから見るとより楽しいんですよね」

 日本のスタジオでは、井上をはじめとする出演者がミュージカルソングなどをこれまでも生披露してきたが、果たして今回は?

 「毎年、期待値のハードルが上がっているのを感じています(笑)。しかも、生放送ですから朝が早い(日本時間、午前8時から)。単なるつなぎではなく、ショーアップされたものをお届けしますので、期待していてほしいです」

 井上といえば、同じWOWOWで放送されている福田雄一監督とのミュージカルを題材にしたコメディー番組「グリーン&ブラックス」も好評。放送延長が決定した。

 「あの番組での僕は本人に近いとはいえ、福田さんのイメージの中での井上芳雄を演じている感じです。実際はあんなふうに裏で話す余裕はないですし。ただ、みんな普段からあれぐらいテンションは高いです。体育会系なんですよ」

(取材・文/望月リサ)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「明智光秀を中心に、英傑たちが台頭してくる戦国時代の始まりを描く」落合将(制作統括)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月18日

 1月19日、待望の大河ドラマ「麒麟がくる」がついに放送開始となる。「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を主人公に、斎藤道三(本木雅弘)や織田信長(染谷将太)など、群雄割拠の戦国時代を駆け抜けた英傑たちの物語が、1年にわたって … 続きを読む

【インタビュー】映画『記憶屋 あなたを忘れない』山田涼介「現場でみんなと話し合いながら作った映画。自分としても満足いく出来になりました」

映画2020年1月18日

 刊行以降の累計が50万部を超える織守きょうやの小説を原作に、豪華キャストが集結した映画『記憶屋 あなたを忘れない』が、1月17日(金)から全国ロードショーとなる。大学生の遼一は突然、恋人の杏子(蓮佛美沙子)が自分との記憶を全て失うという事 … 続きを読む

【インタビュー】映画『記憶屋 あなたを忘れない』佐々木蔵之介「山田くんとの共演では、絶妙なバディ感を目指しました」

映画2020年1月17日

 刊行以降の累計が50万部を超える織守きょうやの小説を原作に、豪華キャストが集結した映画『記憶屋 あなたを忘れない』が、1月17日(金)から全国ロードショーとなる。本作では、「人の記憶を消すことができる」とうわさされる都市伝説“記憶屋”の存 … 続きを読む

「今までの明智光秀のイメージを白紙に戻して」池端俊策(脚本)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年1月17日

 いよいよ1月19日から放送開始となる大河ドラマ「麒麟がくる」。大河ドラマとしては3年ぶりに戦国時代が舞台となる本作では、「本能寺の変」を引き起こした明智光秀(長谷川博己)を中心に、織田信長(染谷将太)や斎藤道三(本木雅弘)といった武将たち … 続きを読む

【映画コラム】事実を基にした物語『リチャード・ジュエル』と『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』

映画2020年1月16日

 今回は、1月17日から公開される、事実を基にした映画を2本紹介しよう。どちらも、ドキュメンタリーとは違う、劇映画ならではの工夫や面白さが感じられる。まずはクリント・イーストウッド通算40作目の監督作品『リチャード・ジュエル』から。  19 … 続きを読む

page top