【インタビュー】『ピーターラビット』ウィル・グラック監督「CGを使っていることを観客が忘れてしまうようにしたかった」

2018年5月15日 / 09:00

 1902年の初出版以来、世界中で親しまれているビアトリクス・ポター原作の絵本『ピーターラビット』が初めて実写映画化された。5月18日の日本公開を前に来日したウィル・グラック監督が、イギリスの美しい湖水地方を舞台にした本作の見どころや、製作の舞台裏について語った。

ウィル・グラック監督

-『ピーターラビット』初の映画化に対する思いは? 原作は読んでいましたか。

 子どもの頃、両親が読んでくれました。今は自分にも子どもがいるので彼らに読み聞かせています。とにかく僕はピーターラビットというキャラクターが大好きなんです。長年映画化されなかったのは、ポターの原作を継承している団体が、映画化に対してとても慎重だったからです。ですから、今回は長い時間を懸けて映画について説明し、納得してもらいました。

-『アニー』のリメーク版(14)に続いて、今回は有名な原作の映画化です。観客とってすでにイメージがあるものを映画にする難しさはありますか。

 とても難しい。二度とやりたくないぐらいです(笑)。アニーにも、ピーターラビットにも、それぞれの人が自分なりの思い入れを持っているので、映画に対する期待度がとても高いのです。また、それぞれの原作との関係を考えてみても、映画化に際して原作を変えた部分もあるので、それをいかに処理するか、というのが大変なところです。

-監督はアメリカ人ですが、今回はアメリカンコメディーとは違い、イギリス流のブラックな笑いや、アイロニーが目立ちました。この点は意識的に演出したのでしょうか。

 今回は、イギリスやオーストラリアのスタッフがほとんどで、アメリカ人は僕一人でした(笑)。ピーターラビットは非常にイギリス的ですから、もちろん英国流のユーモアが主ですが、今回は、少しアメリカ的なものも入っています。というのは、アメリカンユーモアは世界中に浸透しているところがあるからです。ただ、今回一番意識したのは、イギリス人に受け入れられるか、ということで、これは成功しました。そして二番目に意識したのは日本の観客です。

-アメリカンコメディーという意味では、ドーナル・グリーソンが演じるマグレガーが、『ホーム・アローン(90)』の“やられ役”のジョー・ペシとダニエル・スターンに重なって見えました。

 撮影中は気付きませんでしたが、確かに『ホーム・アローン』と共通するところはあると思います。どの子どもにとっても、親が不在で、自分が家に独りぼっちという状況はあり得るので、この映画ではピーターがそれに当てはまると思います。

-監督は「観客に全てがリアルに感じてもらえたら…」とコメントしていますが、実写とCGの合成についてはどう考えたのでしょうか。

 この映画は基本的には実写映画のつもりで撮りました。アニメーションのスタイルは取っていません。それは、人間の実写とウサギや他の動物を組み合わせた後で、CGを使っていることを観客が忘れてしまうようにしたかったからです。

-監督のお気に入りのキャラクターは?

 もちろんピーターですが、二番目は僕が作ったおんどりのルースターです。あれは僕の末娘の言葉から作ったキャラクターです。娘は毎晩寝るときに「これで終わりだ」と言います。ところが、朝起きると「また朝が来た。生きている」と(笑)。そこからアイデアをもらいました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「気負わず、僕なりの坂本龍馬を演じていきたい」小栗旬(坂本龍馬)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年8月19日

 倒幕のために動き出した西郷吉之助(鈴木亮平)は、幕府と敵対する長州との連携を模索する。やがて薩長同盟となって実を結ぶ両藩の橋渡し役を務めるのが、幕末の風雲児・坂本龍馬だ。幕末の英傑の中でも一際人気の高いこの人物を演じるのは、これが7度目の … 続きを読む

「見ている方に楽しんでもらえることを常に心掛けています」高橋光臣(海江田武次)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年8月18日

 一橋慶喜(松田翔太)と決別し、いよいよ倒幕に向けて動き出した西郷吉之助(鈴木亮平)。その幼なじみで、若い頃から行動を共にしてきたのが、薩摩藩士・海江田武次だ。弟たちが桜田門外の変で命を落とし、薩英戦争の引き金となった生麦事件の当事者になる … 続きを読む

【インタビュー】藤田玲&佐藤流司 2.5次元では見せない新たな顔『ダブルドライブ』

映画2018年8月17日

 数々の正統派ミュージカルから2.5次元作品や舞台、「絶狼〈ZERO〉」シリーズなどの映像作品とマルチな才能を見せる藤田玲。ミュージカル『刀剣乱舞』などで知られ、2.5次元ミュージカルで不動の人気を誇る佐藤流司。今、注目を集める2人の俳優が … 続きを読む

【芸能コラム】生活保護、出産…。社会の問題と向き合う漫画原作ドラマ 「健康で文化的な最低限度の生活」「透明なゆりかご」

ドラマ2018年8月14日

 興行ランキングをにぎわせる大ヒット映画から視聴率が話題となる人気テレビドラマまで、今や日本の映像文化は漫画原作なしには成立しない。その中でも特に注目を集めるのは、やはり華やかなエンターテインメント作品。だが、一口に「漫画原作」といってもそ … 続きを読む

地味な弟から頼もしい食堂の3代目店長へ!斜め上行く展開に「人生いろいろあるな…」上村海成(楡野草太)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年8月13日

 子どもの頃は一つ違いの快活な姉・鈴愛(永野芽郁)に隠れて目立たなかったが、大学生活を経て就職、結婚し、今ではつくし食堂の3代目店長になるほど頼もしい存在となった草太役を好演している上村海成。斜め上いくキャラクター展開に驚きながらも、丁寧に … 続きを読む

page top