【インタビュー】『ナラタージュ』行定勲監督「松本潤くんはこの映画の立役者。有村架純さんは改めてうまい役者だと思いました」

2018年5月8日 / 12:00

-泉を演じた有村架純さんの起用は、監督の希望だったそうですね。

 泉は自分で自分を汚していく女性。それを誰に演じてもらうかと考えたとき、「こんなことなら、恋愛なんかしなければよかった」という思いが自分の中に生まれる女優がよかった。そこに有村さんの姿を想像してみたら、これ以上の人はいないだろうと。彼女は女優という仕事に真面目に向き合おうとしている人で、自分の中で感情表現というものをちゃんと考えている。テレビでインタビューに答える姿などを見ていると、出過ぎてはいないけれど、その笑顔の奥にはかたくなな部分があるように思えた。だから、きっとやってくれるだろうと。

-実際に演じてもらっていかがでしたか。

 撮影では、見たこともないような表情を何度も見せてくれました。それは、台本に言葉で書けるようなものではなく、「そうなってしまった」という顔。それこそ映画の醍醐味(だいごみ)です。あるとき、カットがかかった後、彼女が「今、気持ちが表情に出てしまったんですけど、やり過ぎですか?」と聞いてきたんです。「良かったけど、そう言うなら出ていないのも見てみたい」と答えたら、「分かりました」と言って次のテイクは出さずにやるんです。微妙な違いだけど、見るとやっぱり分かる。で、「出ていた方が面白くない?」と言ったら、彼女も「私もさっきの方がいいと思いました」と。そんな会話を何度も繰り返しました。

-そういう生々しい表情が、映画に収められているわけですね。

 「こんな女性の顔を見たことあるな」、「女って怖い」と思わせる攻撃的な表情をするんですよね。台本にはただ会話が書いてあるだけなのに。そこからそんな表情が生まれるのは、やっぱり役者の力量です。彼女は本当に素晴らしかった。改めて、うまい役者だと思いました。

-そういった部分を含めて、DVDの見どころは?

 最初に編集したときは3時間半ぐらいあって、完成した映画はそこから1時間近くカットしています。そのカットした部分を改めて編集して、「未公開シーン」として特典映像に収録しました。これがすごく良くて、みんなに「なんで切ったの?」と言われます(笑)。かなり見応えがあるので、これを見ると「3時間半バージョンを見たい」という気持ちになるかもしれません。

-今までのお話を伺っていると、3時間半バージョンも見たくなります。

 もともとはもっと漂うような感じを目指していたので、3時間半バージョンを作ったら、全然違った見応えのある作品になるでしょうね(笑)。

(取材・文・写真/井上健一)

(C)2017 「ナラタージュ」製作委員会

『ナラタージュ』Blu-ray&DVD
5月9日(水)発売&レンタル開始
Blu-ray 豪華版 ¥6800+税
DVD 豪華版 ¥5800+税
発売元:アスミック・エース/KADOKAWA
販売元:東宝
※DVD 通常版 ¥3800+税 同時リリース

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」中川晃教「時が止まっていた劇場が、このコンサートで眠りから覚める」

舞台・ミュージカル2020年7月10日

 ミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」のナンバーと名作ミュージカルの楽曲、中川晃教のオリジナル曲を披露する「中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」が、7月11日と12日に、都内の明治座で開催され … 続きを読む

【インタビュー】映画『#ハンド全力』醍醐虎汰朗「僕らが普段忘れがちなことをポップな形で気付かせてくれる映画」

映画2020年7月9日

 どうにもならない現実やSNSに翻弄(ほんろう)されながらも、熊本地震復興の盛り上げ役となった高校生たちの青春を描いた映画『#ハンド全力』が、7月31日からシネ・リーブル池袋ほかで全国公開される。SNSに投稿したかつての写真がバズったことか … 続きを読む

【インタビュー】PARCO劇場オープニング・シリーズ「ゲルニカ」上白石萌歌「ゲルニカの人たちに起こったことは決して他人事じゃない」

舞台・ミュージカル2020年7月8日

 演出家の栗山民也と気鋭の劇作家・長田育恵が初タッグを組む、PARCO劇場オープニング・シリーズ「ゲルニカ」が9月4日から上演される。本作は、栗山がスペイン内戦時のゲルニカ無差別爆撃を描いた画家パブロ・ピカソの「ゲルニカ」と出会って以来、温 … 続きを読む

【映画コラム】大人たちの“遊び心”を刺激する『一度も撃ってません』

映画2020年7月4日

 伝説のヒットマン市川進、74歳。だが、実は彼の正体はハードボイルドを気取り、御前零児(ごぜん・れいじ)を名乗る売れない小説家だった…。18年ぶりの映画主演となった石橋蓮司が、二つの顔を持つ主人公をコミカルかつ渋く演じる『一度も撃ってません … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「M 愛すべき人がいて」 マサ役を熱演中の三浦翔平「ぶれずに恥ずかしがらずに」

ドラマ2020年7月4日

 安斉かれん&三浦翔平が主演するドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系/毎週土曜午後11時15分から放送中。※ABEMAで独占配信中)が、怒濤(どとう)の展開と役者たちの熱い演技で話題を呼んでいる。本作は、歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話と … 続きを読む

page top