【インタビュー】「連続ドラマW 60 誤判対策室」舘ひろし 演じるのは「本質に向かって突っ走る、年老いた猟犬のような男」

2018年5月2日 / 11:05

 5月6日から放送が始まるWOWOW「連続ドラマW 60 誤判対策室」に、かつて無実の容疑者を冤罪に陥れた過去を持つ定年間近の刑事・有馬英役で主演する舘ひろし。濃密な全5話の見どころ、作品の魅力をたっぷりと聞いた。

撮影/伊東ひさし

―台本を読んでのご感想は?

 台本(の分量)が結構いっぱいあったんです。だからまずはお話を把握するのにすごく時間がかかった。それでも読んでいけば読んでいくほど面白くて、どんどんお話に取り込まれました。ラストへの展開もすごくて、素晴らしい脚本でラッキーでした。

 でもね、僕は頭が悪いのか途中まで全く勘違いしていたことがあったりして(笑)。実はね、僕が演じる有馬はある登場人物に騙されるんですね。でもそのことに最初台本を読んだときは気が付かなくて。監督に言われて気付きましたっていう、情けない話(笑)。そのぐらい巧妙にお話ができていますよ、本当に。高田先生の脚本がすごく面白い。

―有馬というキャラクターへの印象は?

 監督からの要望が「ヨレた刑事をやってほしい」っていうので、無精ひげのままで臨みました。寝癖がついた髪の毛で誤判対策室にも毎日イヤイヤ来ていてやる気がなくて、大体二日酔いで酔っぱらっていて。そんなヨレた刑事もやってると結構気持ちよくなっちゃって。そのまんま最後までいけたかなっていう気がします。

有馬は、一時の栄光がすごくあって、無実の容疑者を冤罪に陥れて失敗しているんですね。それ以降刑事としては全くやる気がなくて。でも何かひとつ犯罪に向かった時には本質に向かって突っ走るというか。年老いた猟犬のような男、かな。そんな感じがしますね。

―誤判対策室のメンバーとして共演された古川雄輝さんと星野真里さんへの印象は?

 古川君はね、新しいタイプの俳優さんだと思いますね。すごく頭が良くて、彼自身の彼だけの世界観を持っている俳優さん。僕は星野君のお芝居の方が分かるのね。彼女は割と僕に近いタイプで、お芝居が理解しやすいというか。古川君は一つ一つのシーンが一緒にやっていてすごく新鮮だった。こういう風には言わないだろうなって思っていたセリフのトーンが出てきたりね。これは見ていただくしかないですね。本当に素敵ですよ、古川君も星野君も。

―たくさんの登場人物が出てきますが、特に魅力的なキャラクターを挙げるとしたら?

 登場人物みんなすごく個性が強くて。坂口(井上肇)も強いし、最初に出てくる中倉(竹原ピストル)も強いね。高虎の妻・琴乃(ハマカワフミエ)も強いし、高虎(赤堀雅秋)も強い。本当にみんなすごいんですよ。古内(康すおん)も強いし。(相関図資料をまじまじと眺め)いや~皆さんそれぞれすごい。多分ね、それだけ監督が各人物像をしっかり作ったんだと思うんです。結局この話の芯にあるのは有馬と古内とマミ(酒井若菜)なんで、この2人とのお芝居は面白かったですね。年取った老刑事の頑張りと、周りにいる俳優さんたちの素晴らしさは本当に見どころです。きっとそれが熊切監督の手腕なんだろうと思います。本当に濃い人がいっぱいいますから。楽しめると思います。ぜひ見ていただきたい。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】ライブ・ビューイングが作り出す新たなマーケット「観客が『どう見るか』を決め、選ぶ」時代に ライブ・ビューイング・ジャパン・小谷浩樹代表取締役インタビュー

舞台・ミュージカル2019年1月22日

 ジャパン・カルチャーの一つとして、年間223万人の観客動員を記録する「2.5次元ミュージカル」(以下、2.5D)。その上演作品数や動員数の伸びに比例するかのように、ライブ・ビューイングでの上映数も右肩上がりに増えている。そもそも、ライブ・ … 続きを読む

【インタビュー】『未来のミライ』齋藤優一郎プロデューサー「これほど巨大なテーマにたどり着いた作品は今までなかった」

映画2019年1月22日

 大ヒット映画『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)の細田守監督の最新作『未来のミライ』のDVD/Blu-rayが1月23日にリリースされる。都会の片隅の小さな家を舞台に、4歳の男の子・くんちゃん(声:上白石萌歌)が巡 … 続きを読む

「真っすぐな夫婦を、勘九郎さんと一緒に面白く、温かく演じられたら」綾瀬はるか(春野スヤ)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月20日

 東京高等師範学校に入学し、ついにマラソンとの出会いを果たした金栗四三(中村勘九郎)。やがて日本初のオリンピック選手となる四三だが、そのマラソン人生を支えるのが、故郷・熊本の幼なじみで、後に妻となる春野スヤだ。演じているのは、主演作「八重の … 続きを読む

「宮藤官九郎さんの脚本が面白いので、新しい大河ドラマのファンが増えるのでは」役所広司(嘉納治五郎)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年1月18日

 いよいよ本格的に始動した大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。主人公・金栗四三(中村勘九郎)をやがて日本人初のオリンピック出場へと導く人物が、講道館柔道の創始者として知られ、アジア初のIOC委員も務めた「日本スポーツの父 … 続きを読む

【2.5次元】『映画刀剣乱舞』、鈴木拡樹&荒牧慶彦が語る「刀剣男士」への思い 「ゼロから一緒に成長してきた親子のような感覚」

映画2019年1月18日

 名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞−ONLINE−」が、ついに実写映画化された。刀剣男士のキャストには、鈴木拡樹や荒牧慶彦、北村諒、和田雅成ら、舞台「刀剣乱舞」 … 続きを読む

page top