「早く年が上になってほしいです」 佐藤健(萩尾律)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年4月28日 / 08:30

-逆に演じる上で困難に感じるところはどこでしょうか。

 律は優しくて、すてきな性格で、頭もいいし、魅力的な人物であることは間違いないけど、それを上回る期待や魅力を周りの人たちが持っていたり、感じたりしているんですよね。あれ、なんでこんなふうに思われているんだっけ?と思うぐらい。それは台本を読んだときに、今までにないプレッシャーになりました。そういう存在でいるために、台本には書かれていないような部分を自分の力で埋めていかなければいけないことは難しいです。

-鈴愛と律は同日・同所で生まれたことから特別な絆で結ばれますが、その関係性の表現も難しそうですね。

 目指している形は「恋愛するタイミングを逃してしまった2人」。お互い好きだけど、小さい頃から一緒にい過ぎて、その気持ちに気付けず、離れてしまってから気づくというような。演じる上では、「すごく仲のいい人」と「好きな人」の中間ぐらいの感覚で、できるだけ肌の接触がないようにとか、距離感には気を付けていますが、それって結局、女性として意識しているんだろうなぁと思いながら演じています。

-現在29歳ですが、10代の高校生時代から40代までを演じることについてはいかがですか。

 律が普通の高校生より大人びてクールなので、高校生であることは意識し過ぎていないし、年齢を重ねることもそんなに意識していません。40代は今の自分とそんなに変わらないだろうし、高校生よりは気が楽なので、早く年が上になってほしいです。

(取材・文/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】鳥越裕貴、「すごく新鮮で不思議な感覚」歌手デビューへの思い

アイドル2018年7月20日

 ミュージカル『刀剣乱舞』やLive Musical『SHOW BY ROCK!!』で人気を博す鳥越裕貴が、2.5次元ミュージカルや舞台で活躍する俳優とヤマハミュージックコミュニケーションズによる新しい音楽プロジェクト「Bogland Mu … 続きを読む

【芸能コラム】いよいよ幕末の動乱へ!豪華キャスト総出演の第26回から探る“革命編”の見どころ 「西郷どん」

ドラマ2018年7月17日

 二度の島流しを経験した西郷吉之助(鈴木亮平)が薩摩に呼び戻され、通称“革命編”と呼ばれる新章に突入した大河ドラマ「西郷どん」。次回「禁門の変」の予告には、軍装をした吉之助や、これまでなかった大規模な合戦シーンが登場。美しい風景の中で苦境に … 続きを読む

【インタビュー】「西郷どん」ほか 堀井新太「新八は“弟キャラ”なのでかわいい感じも少し入れています」

ドラマ2018年7月17日

 公開中の映画『ドルメンX』でイケメン宇宙人を演じる一方、大河ドラマ「西郷どん」では、主人公・西郷隆盛(鈴木亮平)や大久保利通(瑛太)の弟分にあたる村田新八を演じている堀井新太。明治維新に向かって、今後ますます出番が増える新八役への思いや、 … 続きを読む

【2.5次元インタビュー】西銘駿、舞台「ダンガンロンパ3」主演に「ワクワクが大きい」

アイドル2018年7月16日

 「ダンガンロンパTHE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜」(初演14、再演16)、「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE〜さよなら絶望学園〜」(初演15、再演17)に続く、舞台化シリーズ第3弾となる「ダンガンロンパ3 THE … 続きを読む

「僕と小栗さんの関係が、西郷さんと坂本龍馬に似ていると思いながら演じています」鈴木亮平(西郷吉之助)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年7月15日

 吉之助が島から召還され、物語が大きく動き始めた大河ドラマ「西郷どん」。京に上った吉之助は、坂本龍馬(小栗旬)、勝海舟(遠藤憲一)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)、桂小五郎(玉山鉄二)といった英傑たちと出会い、明治維新に向かって突き進んでいく。通称 … 続きを読む

page top