「早く年が上になってほしいです」 佐藤健(萩尾律)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年4月28日 / 08:30

-逆に演じる上で困難に感じるところはどこでしょうか。

 律は優しくて、すてきな性格で、頭もいいし、魅力的な人物であることは間違いないけど、それを上回る期待や魅力を周りの人たちが持っていたり、感じたりしているんですよね。あれ、なんでこんなふうに思われているんだっけ?と思うぐらい。それは台本を読んだときに、今までにないプレッシャーになりました。そういう存在でいるために、台本には書かれていないような部分を自分の力で埋めていかなければいけないことは難しいです。

-鈴愛と律は同日・同所で生まれたことから特別な絆で結ばれますが、その関係性の表現も難しそうですね。

 目指している形は「恋愛するタイミングを逃してしまった2人」。お互い好きだけど、小さい頃から一緒にい過ぎて、その気持ちに気付けず、離れてしまってから気づくというような。演じる上では、「すごく仲のいい人」と「好きな人」の中間ぐらいの感覚で、できるだけ肌の接触がないようにとか、距離感には気を付けていますが、それって結局、女性として意識しているんだろうなぁと思いながら演じています。

-現在29歳ですが、10代の高校生時代から40代までを演じることについてはいかがですか。

 律が普通の高校生より大人びてクールなので、高校生であることは意識し過ぎていないし、年齢を重ねることもそんなに意識していません。40代は今の自分とそんなに変わらないだろうし、高校生よりは気が楽なので、早く年が上になってほしいです。

(取材・文/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『ソローキンの見た桜』阿部純子「人と人とが別れるときの痛みや感情の流れは、今の私たちにも共通すると思います」

映画2019年3月20日

 日露戦争下、松山に実在したロシア兵の捕虜収容所を舞台に、日本人看護師の武田ゆいと、ロシアの将校ソローキンの許されない愛の行方を、現代のテレビディレクターの高宮桜子が探る。日露合作の『ソローキンの見た桜』(3月22日公開)で、ゆいと桜子の二 … 続きを読む

【インタビュー】『ダンボ』ティム・バートン監督「他者からは欠点に見えることを肯定的に捉えてみれば、それは美しさに変わるのです」

映画2019年3月20日

 1941年製作のディズニー・アニメ映画『ダンボ』を実写化したファンタジーアドベンチャー『ダンボ』が3月29日から公開される。サーカス団に飼われ、大きな耳を使って空を飛ぶことができる小さなゾウの子どもが、サーカス団の家族の力を借りて引き離さ … 続きを読む

【インタビュー】『バンブルビー』ヘイリー・スタインフェルド「チャーリーを演じながら開放感を得ることができました」

映画2019年3月19日

 『トランスフォーマー』シリーズの起源にさかのぼった『バンブルビー』が3月22日から公開される。1980年代を舞台に、心に傷を抱えた少女と地球外生命体バンブルビーとの関係に焦点を当てた本作で、主人公のチャーリーを演じたヘイリー・スタインフェ … 続きを読む

【インタビュー】映画『しまじろうとうるるのヒーローランド』ももくろちゃんZ 特別なポジションに立つために必要なことは“向上心”と“自然体”

映画2019年3月18日

 結成10周年目を迎えた「ももいろクローバーZ」、新体制になっても、ツアーやライブ、イベント出演など精力的な活動は変わらず、キッズ向けユニット「ももくろちゃんZ」としての活躍の場も広げている。そして今回、映画『しまじろうとうるるのヒーローラ … 続きを読む

【インタビュー】「ひよっこ2」有村架純「みね子たちと一緒に小さい幸せを感じてください」

ドラマ2019年3月18日

 高度成長期の中、集団就職で茨城から上京したヒロイン谷田部みね子の波瀾(はらん)万丈の青春を描いて大好評を博した連続テレビ小説「ひよっこ」。その続編となる「ひよっこ2」は、最終話から2年後、1970年の東京・赤坂と奥茨城村を舞台に、おなじみ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top