「早く年が上になってほしいです」 佐藤健(萩尾律)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年4月28日 / 08:30

-逆に演じる上で困難に感じるところはどこでしょうか。

 律は優しくて、すてきな性格で、頭もいいし、魅力的な人物であることは間違いないけど、それを上回る期待や魅力を周りの人たちが持っていたり、感じたりしているんですよね。あれ、なんでこんなふうに思われているんだっけ?と思うぐらい。それは台本を読んだときに、今までにないプレッシャーになりました。そういう存在でいるために、台本には書かれていないような部分を自分の力で埋めていかなければいけないことは難しいです。

-鈴愛と律は同日・同所で生まれたことから特別な絆で結ばれますが、その関係性の表現も難しそうですね。

 目指している形は「恋愛するタイミングを逃してしまった2人」。お互い好きだけど、小さい頃から一緒にい過ぎて、その気持ちに気付けず、離れてしまってから気づくというような。演じる上では、「すごく仲のいい人」と「好きな人」の中間ぐらいの感覚で、できるだけ肌の接触がないようにとか、距離感には気を付けていますが、それって結局、女性として意識しているんだろうなぁと思いながら演じています。

-現在29歳ですが、10代の高校生時代から40代までを演じることについてはいかがですか。

 律が普通の高校生より大人びてクールなので、高校生であることは意識し過ぎていないし、年齢を重ねることもそんなに意識していません。40代は今の自分とそんなに変わらないだろうし、高校生よりは気が楽なので、早く年が上になってほしいです。

(取材・文/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】EXILE 橘ケンチ「京極堂を徹底的に解明したい」 舞台「魍魎の匣」インタビュー

舞台・ミュージカル2019年5月20日

 京極夏彦の大人気小説『百鬼夜行』シリーズ。その中でも最高傑作の呼び声が高い『魍魎の匣』が舞台化される。戦後間もない昭和20年代後半を舞台に、シリーズの中心人物で「つきもの落とし」を副業にし、営む古本屋の屋号にちなんで「京極堂」と呼ばれる中 … 続きを読む

「役所広司さんは、中学生の頃から憧れていた俳優。こんなに長い間一緒にいられて幸せです」古舘寛治(可児徳)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年5月19日

 今や正月の風物詩となった箱根駅伝が、金栗四三(中村勘九郎)の発案でついに誕生。そんな四三の活動を見守るのが、恩師の一人でもある可児徳だ。嘉納治五郎(役所広司)を支え、日本のオリンピック参加に尽力したほどの人物でありながら、本作ではしばしば … 続きを読む

【映画コラム】ドキュメンタリーと劇映画を融合させた『アメリカン・アニマルズ』

映画2019年5月18日

 米ケンタッキー州で実際に起きた4人の大学生による強盗事件を映画化した『アメリカン・アニマルズ』が公開中だ。  退屈な大学生活を送るウォーレン(エバン・ピーターズ)とスペンサー(バリー・コーガン)は、自分たちが普通の大人になりかけていること … 続きを読む

【インタビュー】「二度目の夏」東出昌大「ついにきたかという思い」太賀「僕の俳優人生にとってすごく大きなことになる」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 舞台「二度目の夏」で、東出昌大と太賀が映画『桐島、部活やめるってよ』以来、7年ぶりの共演を果たす。本作は、演出家・映画監督・そして俳優としても知られる岩松了がM&Oplaysと定期的に行っているプロデュース公演の最新作で、湖畔の別 … 続きを読む

【2.5次元】エイベックス・エンタテインメント 山浦哲也プロデューサーに聞く舞台制作への思い「何にでも挑戦していきたい」

舞台・ミュージカル2019年5月18日

 浜崎あゆみや倖田來未などを生み出し、音楽事業に強いイメージのあるavex groupだが、シアタービジネスも積極的に手掛けていることをご存知だろうか。現在、多数の招聘(しょうへい)作品や日本オリジナル作品をプロデュースするかたわら、2.5 … 続きを読む

page top