【2.5次元インタビュー】和田雅成、「僕たちがたどり着きたかった場所」を描いた舞台『刀剣乱舞』最新作への思い

2018年5月29日 / 12:00

 名だたる刀剣が戦士の姿となった「刀剣男士」を集めて育てる刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞」を原案にした舞台『刀剣乱舞』の最新作、「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」が6月2日から開幕する。第1弾公演「虚伝 燃ゆる本能寺」(16)以来、へし切長谷部を演じる和田雅成に、シリーズの集大成となる本作に懸ける思いを聞いた。

へし切長谷部を演じる和田雅成

-現在、お稽古中ですが、いかがですか。

 あっぷあっぷです(笑)。でも、ぜいたくなお稽古をさせていただいていると思います。座長の(三日月宗近役の)鈴木拡樹さんをはじめ、第一線で活躍されている方がいっぱい出ている作品なので、学ぶことが多いです。拡樹さんもマッキー(山姥切国広役の荒牧慶彦)も、自分が今まで培ってきた技術を惜しむことなく人に教えてくれる人で、いろいろなアドバイスをもらっています。キャストたちはみんな、漏れなく負けず嫌いなやつばっかなので(笑)、暇があったら練習しています。

-シリーズ6作目ということで、キャスト同士の絆も深いカンパニーなんでしょうね。

 そうですね。今回、新しく入ったキャストたちも、熱い人が多くて。だから、僕らもそれに負けないように、お互いに切磋琢磨しながらやっている感じです。

-最初にこの作品に出演することが決まったとき、役作りとしてゲームはされたのですか。

 はい、だいぶやりこみました。

-へし切長谷部は出ました?

 そりゃそうですよ(笑)! 近待(ゲーム内の第一部隊の部隊長)から外さないですよ、意地でも(笑)!

-最初は、ゲームを参考にして役作りもされたんですか。

 もちろん、刀剣としての歴史もありますが、最初はゲームを始めました。その後で、時代背景を知るために、史実の勉強をして、トレースして、ゲームも史実も、いいところを自分がものにできるようにと、作っていった感じです。

-シリーズを重ねて、役柄への解釈が深まったり、役への思いが変わってきたりということはありますか。

 自分でも深めてきたつもりはありますが、これまでの物語の中で、へし切長谷部がこの本丸でどう成長していったかがつむがれているので、脚本・演出の末満健一さんと一緒に作ってきたのだと思ってます。

-最新作では、どんなところを意識して演じていますか。

 ネタバレになってしまうので、今はあまり言えないのですが(笑)。僕自身、前作よりも成長した姿をお見せできたらいいなって思います。

-今回、十二振りが出演されるということも話題になっています。

 もちろん、十二振りが出るというのは見どころです。十二振りが並ぶシーンがあるんですが、それは壮観です。それと、今回描かれるのはある意味、僕たちが舞台『刀剣乱舞』として、カンパニーとして、作品としてたどり着きたかった“場所”なのかもしれません。僕たちにとっては、そこにたどり着けたってことだけで魅力的です。

-では、稽古で、今、苦労していることは?

 殺陣の技術が高いキャストが多いので、休憩中も他の方が演じているのを見て、盗もうと必死です。

-それは、大変でもありますが、楽しくもありますね。

 そう、楽しい! 楽しいし、ちょっと腹が立ちます(笑)。うめーなって。見せ方とか、本当にうまいので、いっぱい盗みたいと思います(笑)。今回、シリーズの中で、一番殺陣が多いと思います。しかも、刀剣男士それぞれに合わせた殺陣付けをしていただいているので、それぞれの色が出た殺陣になっている。それも見どころです。

-和田さんの殺陣はどんな特徴があるのですか。

 スマートさですかね。へし切長谷部のセリフに「圧し切る」という言葉があるんですが、「圧し切る」ときにはグッと力を入れて斬ります。でも、それ以外は敵に斬られても笑っていることが多いんですよ。普通、「グワーッ」って(うめくような)ところで笑うんです。そこにスマートさを感じています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】武子直輝インタビュー ミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ハーモニーの魔法~「ピアノちゃんに対して好きという感情を一生懸命ぶつける」

舞台・ミュージカル2019年10月16日

 サンリオキャラクターが大好きな男子高校生たちの日常を切り取り、さまざまなメディアでオリジナルストーリーを展開する「サンリオ男子」の一つとして始動したミラクル☆ステージ「サンリオ男子」。その新作公演となるミラクル☆ステ―ジ「サンリオ男子」~ … 続きを読む

「『せがれの高座、見るんじゃねえのか!』というせりふを書ける宮藤官九郎さんはすごい」中村七之助(三遊亭圓生)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 満州を舞台に、古今亭志ん生こと美濃部孝蔵(森山未來)と小松勝(仲野太賀)の終戦前後の壮絶な体験が語られた第39回。第1回からほのめかされてきた五りん(神木隆之介)を巡る謎が明らかになった回でもあった。このとき、孝蔵と共に慰問で満州に渡った … 続きを読む

「第39回はほぼ全編、志ん生=孝蔵のシーン。驚きました」森山未來(美濃部孝蔵)「森山未來の芝居は絶品」大根仁(演出)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年10月13日

 1940(昭和15)年の東京オリンピック開催を返上し、日本は太平洋戦争へと突入。田畑政治(阿部サダヲ)や金栗四三(中村勘九郎)らの思いをよそに戦争が暗い影を落とす中、10月13日放送の第39回では、美濃部孝蔵=古今亭志ん生と三遊亭圓生(中 … 続きを読む

【映画コラム】逆説的なビートルズへのラブレター『イエスタデイ』

映画2019年10月12日

 昨日まで、世界中の誰もが知っていたザ・ビートルズ。今日は、僕以外の誰も知らない…。そんな不思議な世界を描いた『イエスタデイ』が公開された。  売れないミュージシャンのジャック(ヒメーシュ・パテル)が引退を決意した夜、世界中で謎の停電が発生 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』堀田茜 女優宣言! 群雄割拠を勝ち抜く武器は“出川ガールズ”で培ったバラエティーセンス

映画2019年10月11日

 女性ファッション誌『CanCam』の専属モデルとして同世代の女性を中心に支持される一方、日本テレビ系バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」では“出川ガールズ”の一員として、キュートな笑顔を振りまきながら体当たりロケに挑戦し、その姿が … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top