「イケてるな…」怪しい雰囲気を封印して臨む“20代のさわやかパパ”役を自画自賛! 滝藤賢一(楡野宇太郎)【「半分、青い。」インタビュー】

2018年4月13日 / 14:41

-その仲良し夫婦を20代から演じていますが、苦労はありますか。

 苦労も何も僕41歳ですからね…。メイクさんと衣装さんに頼りきっていますし、20代だと思って見ていただくしかないです(笑)。でも「意外とイケるな…」と思いましたよ。自分では20歳そこそこに見えましたけど、駄目でした?

-ロン毛にベルボトムジーンズといった70年代を代表するスタイルも印象的ですね。

 当時、はやっていたとはいえ、おかしいですよね(笑)。うちの母もああいう格好はしていたけど、松雪さんと「これ、コントですよね」と話していました。松雪さんは格好よくてお似合いですけど、僕は…。最初は違和感しかありませんでしたが、だんだんまひして、第1週目の試写を見ていたときには全く気にならなかったですね。

-永野さんの鈴愛はいかがですか。

 笑いも、泣きも、怒りも、フルパワーで躍動感にあふれています。役作りで計算しているというよりは、永野さんが鈴愛そのもの。彼女に何度泣かされたか分からない…。特に、鈴愛が東京に行くシーンは、朝から夕方まで、松雪さんと泣きっ放しで…。信じられないぐらい泣いたなぁ。僕、泣けない俳優ですけど、何回やっても段取りから感情を抑えきれないというのは不思議でした。

-現場でもコミュニケーションを取られていますか。

 普通だと思います。あえて、無理にとろうとはしていません。でも、父と娘はこんな感じじゃないのかな。反抗期とか、気まずくなる時期もあるだろうし。何げなしに話したことが役に反映されている気がします。

-鈴愛の結婚はまだ先の話ですがが、どなたがいいですか。

 誰でも嫌ですね。そういう目で佐藤健くん(萩尾律役)も見ています。「頼むからくっつかないでくれ…」って(笑)。鈴愛と同じ日に同じ病院で生まれて、家族付き合いもしているから、安心感はあるし、特別な思いはありますけど、ノーベル賞を目指していてちょっと変わってますよね。普通の人がいいです。まあ、でも鈴愛が選んだ人ならいいんじゃないんですかね。結局誰でも嫌なんだから(笑)。

(取材・文/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元】舞台「鬼滅の刃」小林亮太&本田礼生インタビュー 「全員が気を引き締めて挑まなきゃいけない」

舞台・ミュージカル2019年12月12日

 2020年1月18日から舞台「鬼滅の刃」が上演される。原作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の人気漫画。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣劇と時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、2019年4月から放送を開始したTVアニメも絶大な … 続きを読む

【インタビュー】舞台「この声をきみに~もう一つの物語~」尾上右近、演劇作品への挑戦が「自分にとって豊かな財産になっている」

舞台・ミュージカル2019年12月11日

 2017年に放送された、大森美香脚本によるNHKオリジナルドラマ「この声をきみに」がスピンオフとして舞台化される。竹野内豊が主演した同ドラマは、朗読教室を舞台に、現代に生きる大人たちの恋愛を描き、高い評価を得た。舞台版では、大森自らが脚本 … 続きを読む

【インタビュー】『カツベン!』周防正行監督、成田凌 「これが映画の始まりなんだ、ということを、意識して見てほしいです」

映画2019年12月11日

 今からおよそ100年前の日本。活動写真と呼ばれ、まだモノクロでサイレントだった映画をより楽しむため、楽士の奏でる音楽に合わせて、自らの語りや説明で映画を彩った活動弁士(通称カツベン)がいた。弁士に憧れる若き青年を主人公に、映画黎明(れいめ … 続きを読む

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

page top