「今までの大久保のイメージが変わるのでは」瑛太(大久保正助/大久保利通)【「西郷どん」インタビュー】

2018年1月3日 / 17:00

-大久保は西郷と共に明治維新を推進した人物ですが、2人の個性は対照的ですね。

 大久保は、今分かっている現状や、吉之助がやろうとしていることを考慮して動くタイプ。吉之助のように自分発信で動くのではなく、周りが今こういう状況だからこうしようという感じです。そういうところから、海外に行って経験を積み、世の中を変えていこうという独自の発想が出てきます。

-西郷の背中を見ながら成長していく感じでしょうか。

 そうですね。今は吉之助に対して真っ向から受けて、真っ向から返しています。例えば、吉之助が100パーセントで来たら、僕も100パーセント、120パーセントで返してやろうという気持ちでやっています。でも、中盤からは変えていくつもりです。吉之助が100パーセントできたときに、僕は30パーセントで返す、というように。そういう計算を働かせることで、シーンごとの面白みや、2人の考え方の違いが少しずつ出てきますので、芝居を楽しみたいと思っています。

-鈴木亮平さんと共演した感想は?

 今回、演じるに当たって体作りをする一方で、すごく繊細にお芝居のことも考えていて、初日から「俺が西郷吉之助だ」という熱い気持ちを感じました。薩摩弁も、精忠組のみんなを含めても一番うまいです。そんな状況で、亮平くんと一緒に芝居をすると、彼の熱気やエネルギーがすごくて、その思いの強さに引っ張ってもらっている感覚があります。芝居もとにかく体当たりでぶつかってくるので、すごくやりやすい。序盤は西郷と大久保の深い友情を築くことができていると感じています。台本に「涙する」と書いていないのに、熱いものが込み上げてくるときもありました。

-撮影が進んでいると思いますが、今の手応えはいかがですか。

 撮影のスタイルも「篤姫」の時とはだいぶ変わって、一つの場面をいろいろな角度からたくさん撮るようになりました。だから、絶対にミスをしたくないという気持ちで挑んでいます。そうすると、例えば、(島津)久光(青木崇高)に物申しに行くような場面でも、その場で首を斬られるかもしれないという状況の中で、覚悟を決めた正助のエネルギーが、やっていくうちにどんどん上がってしまうんです。呼吸もできないぐらいで。だから、本番の緊張感が半端じゃありません。

-大変な撮影ですね。

 でも、それを乗り越えた先に見える景色というのは、ものすごく特別なものがあります。それは「篤姫」をやったときに強く感じたことでした。1年2カ月にわたって撮影を続ける中で、さまざまな思いや悔しさ、次は何かしてやろうという野心が芽生えてきます。それを積み上げていくことで、想像もしなかったようなお芝居が生まれる。「篤姫」の時は終盤、(宮崎)あおいちゃんと、ただ向き合っただけで感極まるものがありました。そういう、俳優をやってきて幸せだなと思える瞬間が絶対にきます。それを僕は、亮平くんと一緒に見たいと思っているんです。

(取材・文/井上健一)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「寺田屋騒動で仲間を死なせたという負い目が、大山のトラウマになるはず」北村有起哉(大山格之助)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年6月18日

 有馬新七(増田修一朗)が壮絶な最期を遂げ、幼なじみである吉之助(鈴木亮平)たちの心に深い傷を残した寺田屋騒動。血気にはやる有馬を説得できず、騒動の当事者となったのが、同じく吉之助の幼なじみ、大山格之助である。生き残った大山は心の傷を抱えた … 続きを読む

【インタビュー】『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ロン・ハワード監督 「これは僕がやるべき映画だったんだろうなと感じました」

映画2018年6月18日

 愛機ミレニアム・ファルコン号で銀河を疾走する伝説のヒーロー、ハン・ソロ。『スター・ウォーズ』シリーズ屈指の人気を誇る彼は、いかにして愛すべき悪党となったのか。ルークとレイアに出会う前、若きハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)の知られざ … 続きを読む

「精忠組は他の俳優がうらやましがるぐらい、いい雰囲気でした」増田修一朗(有馬新七)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年6月17日

 動乱の幕末、世を変えようと立ち上がった有馬新七だったが、説得に来た大山格之助(北村有起哉)らとの交渉が決裂。壮絶な斬り合いの末に散っていった。世にいう「寺田屋騒動」である。有馬の死は、幼なじみである吉之助(鈴木亮平)たちの心に深い傷を残す … 続きを読む

【映画コラム】涙が頬を伝うが、ほほ笑みながら見ていられる『ワンダー 君は太陽』

映画2018年6月16日

 生まれつき顔立ちが人と違う少年が、困難に立ち向かう姿を描いた『ワンダー 君は太陽』が公開された。監督は『ウォールフラワー』(12)で、思春期の青年たちの揺れ動くデリケートな心の機微をリアルに描いたスティーブン・チョボスキー。  遺伝子の疾 … 続きを読む

【舞台リポート】男劇団 青山表参道X、旗揚げ公演開幕! 西銘駿、飯島寛騎、栗山航、塩野瑛久らイケメンが集結

アイドル2018年6月15日

 数多くの女性タレントたちが所属することで知られるオスカープロモーションが、30人の俳優・モデル・タレントを集めて、男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道X」を結成した。旗揚げ公演となる『SHIRO TORA ~beyond th … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top