【インタビュー】『デメキン』山田裕貴 「一度は人生にふたをした…」挫折が開いた役者道を“ハート”を武器に突き進む

2017年12月4日 / 14:30

 また、映画『ストロボ・エッジ』(15)での体験が自身にもたらした変化も打ち明ける。当時は今ほど注目されていなかったが、福士蒼汰、有村架純に次ぐ三番手に大抜てきされた山田は、周囲から「すごくよかった」と褒められたことで、「ちゃんと見てくれている人はいる」と実感し、「人と比べなくても、自分の声と、顔と、感性と、にじみ出るもので勝負すればいいんだと気付かされた」と振り返る。

 そうして確立させた「俳優・山田裕貴」が次に挑戦するのは、お笑いコンビ・バッドボーイズ・佐田正樹の自叙伝を基にしたヤンキー映画『デメキン』。いじめられっ子だった正樹(健太郎)が、いつしかけんか無敗と数々の伝説を作り出し、福岡県で最大勢力を誇る暴走族の総長へと上り詰めるさまを描いた作品で、山田は正樹の親友・厚成を熱演。今回は、実在する厚成氏に近づくことはもちろん、初主演で緊張する健太郎を、真っすぐに突っ走る正樹を、先輩としても厚成としても支える「いい奥さん」でいることを大事にして撮影に臨んだという。

 もちろん、場数を踏んで鍛えたアクションも見どころ。本作では特に「鉄パイプとかでなぐられたりするので、生々しさにこだわった」そうで、「視覚では何とでも伝えられるから、聴覚だなと思い、攻撃を受けた時に咳込むのか、ウッと声が出なくなるのかとか、声にリアルさを求めました」と胸を張る。

 常に進化し続ける山田にどのような役者を目指したいかと尋ねると、「映画をメインにやりたいけど、ドラマに出ないと自分を知ってもらえない…」とモヤモヤした胸中を口にした。やはり、映画俳優としての知名度を上げるためには、「テレビ」という通過点は避けては通れない。だが、「俳優王になるためには、それなりの評価が必要だし、俳優としての深みや幅を持たなければいけない」と考えているのであれば、答えはすでに出ているのだろう。高校最後の夏、甲子園のグラウンドに立つ仲間たちをスタンドで応援しながら「悔しくて、あり得ないほど泣いた」と語った山田。けれども今、その姿は、どんな挫折も回り道も、決して無駄にはならないことを証明している。

(取材・文・写真/錦怜那)

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「もっと勇気を出せるように、僕も菊次郎を見習いたいです」城桧吏(西郷菊次郎)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年10月21日

 戊辰戦争が終結し、薩摩に戻って“隆盛”と名を改めた西郷吉之助(鈴木亮平)。故郷で暮らす彼の下にやって来たのが、奄美大島で愛加那(二階堂ふみ)との間に生まれた息子・菊次郎だ。やがて、父・隆盛の期待を背負ってアメリカ留学に旅立つこととなる。演 … 続きを読む

「西田さんの重みに負けないものを表現したい」鈴木亮平(西郷隆盛)「まさかこういう形で出演するとは…」西田敏行(西郷菊次郎&語り)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年10月21日

 これまで「語り」を務めてきた西田敏行が、成長した西郷隆盛の息子・菊次郎を演じるというサプライズと共に幕を開けた最終章・明治編。放送に先立って行われた会見で、主演の鈴木亮平と西田が、そのサプライズの舞台裏や撮影の裏話、明治編の見どころなどを … 続きを読む

【映画コラム】ユダヤ人社会の知られざる仕組みを描いた『嘘はフィクサーのはじまり』

映画2018年10月20日

 ニューヨークタイムズが「見たことのないリチャード・ギアにのけぞった」と評したブラックコメディー映画『嘘はフィクサーのはじまり』が10月27日から公開される。  舞台はニューヨーク。しがないフィクサー(仲介者)のノーマン・オッペンハイマー( … 続きを読む

【イベントリポート】「ナラティブガンダム」のコンセプトは? 『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』公開目前!

イベント2018年10月19日

 「機動戦士ガンダム」を原点に広がり続けてきた「宇宙世紀」シリーズ。その最新作、『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』が11月30日から劇場公開される。ちまたで“ナラティブ組体操”と呼ばれるポスタービジュアルなどが話題となる中、16日には都 … 続きを読む

【インタビュー】「フェイクニュース」北川景子「『これが今の世の中なんだ』という納得感に近いものがありました」

ドラマ2018年10月19日

 「逃げるは恥だが役に立つ」(16)、「アンナチュラル」(18)など、数々のヒット作を送り出してきた脚本家・野木亜紀子が、初めてNHKのドラマを手掛ける。しかもタイトルは「フェイクニュース」(10月20日前編、27日後編 NHK総合午後9時 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top