「あふれる思いで泣く夜も…」“朝ドラヒロイン”の重圧に耐えた日々を告白 有村架純(谷田部みね子)【ひよっこ インタビュー】

2017年9月26日 / 08:30

 憧れだった“朝ドラのヒロイン”となり、戦後の高度成長期の日本で、明るくたくましく生きる谷田部みね子を演じ切った有村架純。座長としての役目も立派に務め上げ、現場では決して弱音を吐かなかったという。しかし、その陰では、重圧に耐えながら一人涙する夜もあったという。クランクアップを迎え一息ついた有村が、楽しくも苦しくもあった撮影の日々を振り返り、素直な思いを語ってくれた。

谷田部みね子役の有村架純

-まずは約10カ月間の撮影お疲れさまでした。クランクアップ会見では号泣されていましたが、涙の意味を教えてください。

 お疲れさまです。あれは(クランクインからアップまでを振り返る)VTRを作ってくれたスタッフさんに対して、どこまで優しいんだ…という思いで流した涙でした。もちろん、撮影の日々が走馬灯のように思い出されると涙するものもあるけれど、あの時はつらい撮影が終わったー!というより、皆さんの思いがうれしくてしょうがなかったです。

-木村佳乃さん、沢村一樹さんなど大勢の共演者も駆け付けてくれましたね。

 まさかあんなに来てくださると思っていませんでした。皆さんから「とにかくゆっくり休んでね」とか「本当によく頑張ったね」とか気遣いの言葉を掛けてもらって、いつも愛情をもらってばかりだなと思いました。

-有村さんが愛されていたように、本作も視聴者から大変愛されていますが、その理由は何だと思いますか。

 それぞれのキャラクターが伸び伸びと生きている岡田(惠和)さんの脚本が素晴らしいという一言に尽きると思います。だから、第1週の台本を頂いた時から「やっぱり岡田さんはすごい!」と現場の士気がとても上がり、終わるまでネガティブな雰囲気が一切なく、スタッフ、キャストの皆が同じ気持ちで作品に向かうことができました。

-岡田さんとは以前からタッグを組んでいますが、岡田作品の魅力とは何でしょうか。

 岡田さんは、どんなに小さな役でも、キャラクターの一人一人をとても大事にしてくださるので、それが役者としてとてもうれしいです。難しいのはせりふの吐き方で、間合いや、句読点が複雑に付いていたり、「というか」とか「えっと」とかいう言葉がせりふの合間にあったりすると、感情がうまくつなぎづらいことがあります。だから、「ここは句読点を外してもいいですか?」と監督と相談しながらやったこともありました。

-忘れられないシーンばかりでしょうが、一番印象に残っているシーンはどれでしょうか

 ぱっと思い浮かぶのは16、17、18週です。島谷さん(竹内涼真)と付き合って、仲良くして、お別れして、という流れを1週間で撮影したので、感情の起伏が激しくて、すごく精神的につらかったです。そのあとは父ちゃん(沢村一樹)が見付かって、余計に感情がグチャグチャになって…。体力的にもしんどかったし、集中力も切らせず、気持ちがピークに達して、いろんな戦いがあった濃い期間でした。

-そんな苦労もしながら作り上げたみね子ですが、撮影を終えた今、有村さんにとって彼女はどのような存在になりましたか。

 こんなに長い期間、同じ人を演じ続けるというのはみね子が初めてというのもあって、今後、みね子を超す役が出てくるのか?というぐらいいとしく、守りたい、大切な存在になりました。

-脚本の岡田惠和さんは続編を希望していましたが、有村さんは今より先のみね子を想像できますか。

 できます。ヒデさん(磯村勇斗)もみね子も向上心があるので、二人で店を出して、自分たちが思い描くように進んでいると思うし、50年後は鈴子さん(宮本信子)みたいな人になれるように、いろんな人たちから学んだことを反映して過ごしていると思います。

-本作は、視聴率において序盤は苦戦を強いられましたが、気にされていましたか。

 最初のころは、視聴率を気にしていないようで気にしていたからか食欲もなかったし、ちょっと体調を崩した時期がありました。そういう気持ちが体に表れることが今までなかったので、よっぽど考えているのかな…と思いました。でも、監督やプロデューサーの「自分たちは絶対にいい作品を撮っている」という自信がみんなに伝わり、現場が落ち込むことはなかったし、私もその空気に励まされていました。

-現場の空気以外に、よりどころとしていたことはありますか。

 精神的に大丈夫な時もあれば、余裕がなく不安定になることもあったけど、それで現場を止めることはしたくなかったので、どんなに時間がなくても絶対にせりふは頭に入れていきましたし、体調が悪くても絶対に倒れないぞ!という気持ちを持っていました。あふれる思いで泣く夜もありましたけど、そんな時は家族や友達に励ましてもらったり、マネジャーに弱音を吐いたりして、「やるしかない」とポジティブな言葉をもらうことで、「そうだな」と自分を奮い立たせていました。あとは、撮影の合間に走ったり筋トレで汗を流したり、たまにご褒美でおすしを食べていました。

-そんな有村さんのヒロインぶりを見て、岡田さんは「なんでもできる女優になった。今、最強レベルにいる」と褒めていましたよ。

 やめてほしい…(笑)。

-有村さんご自身は本作を通じて変化や成長を実感していますか。

 何かに耐えることは任せてください!これ以上に耐えるものがあるかな…。撮影も長期間だったし、これからはどんなことも受け止めたいという気持ちが生まれました。それに、気持ちは作品に表れると感じたので、お芝居のうまい下手というのはあまり気にせず、役や作品、スタッフ、キャストに対して、どういう思いで、どれぐらいの熱量でいられるか…という思いを大事にしていきたいと思いました。

(取材・文/錦怜那)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

「派手な衣装からも、どこか憎めないキャラクターとして目に止まれば」ユースケ・サンタマリア(朝倉義景)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年11月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。個性的な戦国武将が数多く登場する中、本心の読めないキャラクターとして異彩を放っているのが、越前の戦国大名・朝倉義景だ。一時は美濃を逃れた明智光秀(長谷川博己)をかくまい、後には織田信長(染谷将 … 続きを読む

page top