「美代子との純愛を強く意識しています」沢村一樹(谷田部実)【「ひよっこ」インタビュー】

2017年9月19日 / 08:31

 東京での出稼ぎ中に記憶障害になるも、無事に奥茨城に戻り、谷田部家で再生の道を歩みはじめたみね子(有村架純)の父・実を演じている沢村一樹。ともすれば暗くなりがちな記憶喪失という設定だが、実は前向きで、以前と変わらない“お父ちゃん”として大黒柱を担っている。沢村がそんな実役に込めた思いを、共演者とのエピソードや、気になる今後の見どころと共に語った。

 

谷田部実役の沢村一樹

-朝ドラ初出演を果たすも、約4カ月にわたりほぼ回想シーンでの出演でしたが周囲の反応はいかがでしたか。

 どこに行っても「ここにいた!」「奥茨城に帰ってください」と言われました。これからは「記憶は戻るんですか?」って聞かれるだろうなと思っていたら、案の定、今はどこに行ってもそう聞かれます(笑)。

-記憶を失った実の心情を目や表情でうまく表現していると好評ですが、ご苦労はありますか。

 演じる上で特に悩んだことはなかったです。ただ、不安から険しい顔になったり、目の前の人を「誰だろう?」と疑ったりするよりも、「この子が自分の子どもなのかな」と前のめりになる人でいた方がいいと思い、暗くならないように心掛けました。

-新たに花の栽培を始めるところにも実の前のめりな姿勢が見えますね。

 「塞翁が馬」という言葉が好きで、悪いことが起きた時に落ち込んでいたらそこで終わりだけど、あと一歩踏ん張ると、思いも寄らないいいことが起きることがありますよね。実がいなくなったことでみんな苦労したけど、奥茨城にいたら経験できないこともあったし、花の栽培をやろうとも思わず、ずっと借金に苦しんでいたと思います。一歩踏み出した証は花の栽培で、これから谷田部家は豊かになっていくんじゃないかな。

-美代子(木村佳乃)への愛情が戻るのか…という点にも注目が集まっていますが。

 今は“元奥さん”という感じなので、どういうふうに実の心が動いていくかをじっくり楽しんでください。僕は、50歳ですが、純愛ものという気持ちでやっていて、そこは強く意識しています。台本を読んだ時は「本当に!?」と思ったけど、ここまでの流れと美代子のキャラなら純愛ものもできると思い、集中してやっています。

-では、世津子(菅野美穂)とはどのような関係だったと考えていますか。

 感謝しているし、人として好きだけど、それ以上の感情はないんじゃないかなと考えていて。だから、美代子に対して、そんなに罪悪感もないと思います。

-岡田惠和さんの脚本については、どのような魅力を感じていますか。

 三男(泉澤祐希)が「聖火ランナーをやりたい」と言った時に、最初は罵倒していたお兄さん(尾上寛之)が結果的に助けてくれたり、時子(佐久間由衣)がツイッギーコンテストに応募しそこなうけど、お母さん(羽田美智子)が応募していて出場できたりとか、そういう伏線の張り方が好きです。それに、岡田さんは人が持っている感情の中で恋のエネルギーが強く、いろんなものを乗り越えられると信じているんでしょうね。視聴者にもそれを感じてほしいです。

-特に気になる役者や登場人物はいますか。

 (安部さおり役の)伊藤沙莉さんの芝居が好きなんですよ。家で録画を見ている時は、彼女が出てくると巻き戻して何回も見て、息子に「いつもそれやってるね」って言われて…。彼女が「ラストコップ」(日本テレビ系ドラマ)に出ている時にも同じことをやっていたみたいです。キャラクターでは愛子さん(和久井映見)が好き。一言でパンッと解決してくれたりするから。

-「10代のころから注目していた」という有村さんとの共演はいかがでしたか。

 実を連れて帰るために世津子の家に来た美代子が「この子がどんな思いで働いてきたか分かりますか?」とみね子の肩を触った時の顔は「なんて顔するんだ!」と思いました。切ない顔になるのかと思ったら、あまりにもつらいことばかりだったから感情がなく、大人同士のやり取りということもあって、一歩引いて、おちょぼ口でただちょこっと座っている姿は4~5歳幼く見えました。何もしないことは勇気がいるから、それをあの年齢でできるって、この子はすごいなと思いました。

-木村さんの印象はどうでしょうか。

 木村さんは現場で楽しませてくれるし、気張った演技をしないので、僕もリラックスして芝居ができます。

-奥茨城に戻ってからの田植えシーンも楽しかったそうですね。

 ロケの都合で撮影は5月で、まだその前のシーンの台本が出来ておらず、今後の展開の概要だけ聞いて臨みました。ああいう撮影は経験がなかったので印象的でした。でも、僕は記憶がない役だからまだいいけど、木村さんや架純ちゃんはリードする側だからそういうわけにもいかず、大変そうでした。

-今後の見どころを教えてください。

 「ひよっこ」は登場人物一人一人がしっかり描かれているので、最後はそれぞれの気になっているところが次々に結び付いて、怒濤(どとう)のような週になるかもしれません。それに、皆さんなりに考えてくださいという終わり方なので、そこも面白い。

-本作で「エロ男爵」のイメージを払拭(ふっしょく)したいと話していましたが、本懐は遂げられましたか。

 払拭したいとは本気で思っていないです(笑)。朝ドラなので、世間の人が僕に抱いているイメージが、役を邪魔するのは困ると思っていましたが、だいぶ邪魔されている自覚はあるので…。ただ、逆にそれを利用して、バラエティー番組に出る時とドラマに出る時では180度変えて楽しみながらやっています。払拭できたかどうかの判断は皆さんにお任せします!

(取材・文/錦怜那)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【芸能コラム】現地調査!龍潭寺から井伊谷城まで、歩いて何分? 「おんな城主 直虎」

ドラマ2017年10月23日

 「寺にこのような書状が届いてな…」  そう口にしながら、直虎(柴咲コウ)を訪ねてくる龍潭寺の南渓和尚(小林薫)…。「おんな城主 直虎」の中で何度か見られた光景だ。直虎たちが日常を過ごす井伊家居館や菩提寺の龍潭寺、戦に備えるための井伊谷城な … 続きを読む

【映画コラム】アメリカ映画の底力を感じさせる『バリー・シール/アメリカをはめた男』

映画2017年10月21日

 1970年代、大手航空会社のパイロットとして活躍し、その後、CIAから極秘密輸作戦のパイロットにスカウトされ、麻薬の密輸で巨万の富を得た男。その数奇な人生を、実話を基に映画化した『バリー・シール/アメリカをはめた男』が公開された。  トム … 続きを読む

【芸能コラム】クランクアップの現場で感じた作品を取り巻く数々の愛 「おんな城主 直虎」

ドラマ2017年10月16日

 「愛を感じながら撮影することができて、とてもうれしく思っています」  これは、主演の柴咲コウが10月11日、静岡県浜松市内でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップを迎えた際にあいさつで語った言葉だ。季節外れの夏日となったこの … 続きを読む

「正信はものの考え方が柔軟で、半分亡霊みたいな人」六角精児(本多正信)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月15日

 草履番としての働きを家康(阿部サダヲ)に認められた万千代(菅田将暉)の下に、後釜として“ノブ”と名乗る中年男がやってきた。自分が小姓になるためには、一人前の草履番に育ってもらわなければと、動きの鈍いノブにいら立つ万千代。だがこの男こそ、か … 続きを読む

「万千代が直政になる過程に、直虎がどう関わっていくのかが楽しみ」柴咲コウ(井伊直虎)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月8日

 井伊谷が徳川領となり、直虎は農民として暮らす一方、“井伊万千代”と名を改めた虎松(菅田将暉)は、徳川家康(阿部サダヲ)に仕えることとなった。ところがそれは、万千代の養家・松下家を裏切る結果となり、直虎は事態収拾に奔走することに。果たして直 … 続きを読む

page top