小栗旬、山本耕史らが公開稽古披露 “没入型”新型劇場に「とにかく広すぎて…」

2017年3月30日 / 17:30

「髑髏城の七人 Season花」プレスコールの様子

 劇団☆新感線「髑髏(どくろ)城の七人 Season花」公開舞台稽古(けいこ)取材が30日、東京・豊洲にオープンする“没入型”エンターテインメント施設「IHIステージアラウンド東京」で行われ、出演者の小栗旬、山本耕史、成河、古田新太がコメントを寄せた。

 この劇場は、欧米のエンターテインメントカンパニーImagine Nationによって2010年10月にオランダで誕生した劇場で、オランダに続きアジアで初めて作られた。1300人以上もの観客を乗せて360°回転する円形の客席を劇場中央に配置し、ステージと巨大なスクリーンが取り囲むことで“没入感”を体験できるというもの。

 新劇場のこけら落とし公演として上演されるこの作品は、1990年から7年ごとに上演されてきた劇団☆新感線の代表作。7年ごとの年にあたる2018年までを“花・鳥・風・月”の4シーズンに分け、シーズンごとに脚本・演出が練り直され、すべて異なるキャストでまったく違ったアプローチの「髑髏城の七人」を上演する。

 この日は40分間のプレスコールとなり、4つに区切られたステージの転換にあわせて客席が回転し、キャストが移動する様子とスクリーンに映し出した映像で効果的に場面転換を見せる新しい演出がお披露目された。

 2011年に上演された「髑髏城の七人」でも捨之介を演じ、6年ぶりの劇団☆新感線参加となる小栗は「なかなか大変な舞台なので、ケガをしないように気を付けたいと思います」と気を引き締め、「お客様は絶対に楽しめると思うので、期待を裏切らないように頑張ります」と意気込んだ。

 新劇場については「とにかく大きすぎて、大変な劇場ですね」と印象述べ、山本も「客席が回転することもさることながら、スクリーンの効果で間口が狭くなったり広くなったりいろいろな表現ができる。新しい髑髏城を作り上げたいという気持ちが強くなりました」と興味津々に語った。

 一方、古田は「広すぎる。おいらたちはセットの外を移動しているので、1周300メートルくらいあるんじゃないかな」と苦労も明かしつつ、「事故なく、つつがなく終わりたいです。面白い面白くないは別にして、なんかすげーなここ、と思いますよ」とメッセージを寄せた。

 舞台は3月30日~6月12日まで上演。

dokuro2_7241


芸能ニュースNEWS

水江建太「積み重ねたものを全力でぶつける」 MANKAI STAGE『A3!』秋組公演開幕

舞台・ミュージカル2020年1月18日

 MANKAI STAGE『A3!』~AUTUMN 2020~初日前日会見が17日、東京都内で行われ、出演者の水江建太、中村太郎、赤澤遼太郎、稲垣成弥、藤田玲、里中将道が登壇した。  本作は、ダウンロード数650万部突破のイケメン役者育成ゲ … 続きを読む

ミルクボーイ内海「東京進出は考えていない」 NSC東京で未来の芸人に特別授業

トレンド2020年1月17日

 「NSC東京 ミルクボーイ特別授業」が17日、東京都内で行われ、M-1グランプリ2019王者のミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が登場した。 続きを読む

シシド・カフカ「不運な探偵役は新鮮」 「これまで平々凡々に生きてきたので」

ドラマ2020年1月17日

 ドラマ10「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」の試写会が17日、東京都内で行われ、出演者のシシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほかが出席した。  本作は、若竹七海氏の人気作『女探偵・葉村晶』を初ドラマ化したもの。訳ありの転職、転居を繰 … 続きを読む

稲垣吾郎“貴重な楽譜”のプレゼントに感激 「世界の皆さまに自慢をさせていただきたい」

舞台・ミュージカル2020年1月17日

 「ウォルト・ディズニー・アーカイブス コンサート」ワールドプレミアプレス向けセレモニーが16日、千葉県浦安市の舞浜アンフィシアターで行われ、コンサートのナビゲーターを務める稲垣吾郎が出席した。  コンサートは、貴重な映像や資料を保有する「 … 続きを読む

長谷川博己、過酷な撮影の舞台裏を告白 迫力満点の殺陣で「酸欠状態になった」

ドラマ2020年1月16日

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の初回完成試写会が16日、東京都内の同局で行われ、上映後、主人公・明智光秀を演じる長谷川博己、演出の大原拓氏、制作統括の落合将氏が会見に応じた。  本作は「本能寺の変」を引き起こした武将・明智光秀 … 続きを読む

page top