【インタビュー 】『ワンダーウーマン』乃木坂46 高山一実「今回は強い感じを心掛けました」 松村沙友理が闘う相手は三期生の大園桃子!

2017年8月29日 / 13:41

 1941年に誕生したDCコミック初の女性スーパーヒーローの活躍を描いた映画『ワンダーウーマン』。そのイメージソングを歌う乃木坂46の松村沙友理と高山一実が、初のアメコミ体験や本作に携われた喜び、理想の女性像やライバルについて語った。

松村沙友理(左)と高山一実

-本作は、女性だけが暮らす孤島のプリンセスであり戦士のダイアナ(ワンダーウーマン)が、不時着したパイロットのスティーブを救うことで外の世界に飛び出し、世界を救うために奮闘するさまを描いていますが、鑑賞後の感想は?

松村 女性がメーンのヒーロー作品ってどんな感じなんだろうと不思議でしたが、ダイアナが女性らしさを持ちつつ格好良くて、アクションもすごくて、同じ女性として憧れました。現代とは違う昔(舞台は、第1次世界大戦末期)の世界観も新鮮で、見ていて楽しかったです。

高山 実は2回見たんですけど、2回とも楽しめました。(ダイアナ役の)ガル・ガドットさんが本当に美しく、コスチュームもかわいくて、戦闘シーンのハラハラドキドキする感じもすてきでした。あと、(スティーブ役の)クリス・パインさんとダイアナとの関係にも感動しました。

-もともとアメコミが好きなのでしょうか。

高山 アメコミは見たことがなくて、この作品で知ったのですが、これをきっかけに他のアメコミ映画も見たいと思いました。

松村 私も漫画やアニメは大好きですけど、アメコミは見たことがなく、アメコミ映画も今回が初めてでした。私も他の作品を見てみたいです。

-本作のイメージソングは「乃木坂46はワンダーウーマンが象徴しているものと同じものを持っている」として、パティ・ジェンキンス監督から直々のオファーを受けて歌うことになったそうですね。話を聞いた時はどう思いましたか。

高山 すごくうれしかったですし、日本でも『ワンダーウーマン』を盛り上げるために頑張らなきゃと思いました。

松村 世界中で大ヒットしている作品なので、すごくびっくりしたけど光栄です。乃木坂は女の子だけのグループで、ダイアナも女性ばかりの島で生まれ育っているから、共通する部分もありますよね。

-イメージソング「女は一人じゃ眠れない」は本作のための書き下ろしですが、実際に歌ってみての感触は?

高山 イントロにバンバーンって激しい音が入っていてびっくりしたけど、それだけで闘っているシーンが浮かびました。そういう曲は今までになかったので新しいと思ったし、いつもはかわいい感じで歌うことが多いけど、今回は強い感じを心掛けました。あと、わたしは声が低い方なので、キーが低めのこの曲はすごく歌いやすいです。

松村 今までの乃木坂にはない重低音や、闘っている感じを表現しているダンスが格好良くて大好きです。歌っていて気持ちいいし、ワンダーウーマンになった感じがします!

-そのワンダーウーマンは美しく、強く、聡明で、誰もが憧れるような女性ですが、お二人が理想とする女性像とは?

松村 私は臆病で、周りについて行ったり、動かなきゃいけない時に動けなかったりするタイプなので、ダイアナみたいに心が強くて、自ら行動できる女性に憧れます。

高山 昔からきれいな人への憧れが強いので、心と見た目が美しい人になりたいです。以前お会いしたことがある佐藤栞さんは本当に優しくて、心の美しさがにじみ出ていたので、ああいう人になりたいと最近すごく思っています。

-高山さんはロサンゼルスでガドットさんにインタビューをされたそうですが、どのような印象を持たれましたか。

高山 会った瞬間にほほ笑みかけてくれたんですが、それが心からの笑顔で、包み込むように受け入れてもくれたので、それまでの緊張が一瞬でハッピーに変わりました。美の秘訣(ひけつ)を聞いたら、「水を飲むこと」と教えてくれたので、少しでもこうなれるなら…と、今は苦手な水を飲むように心掛けています。

-効果は表れていますか。

高山 今のところはまだ…。1カ月に(ボトル)1本くらいしか飲んでいないので、まだ出てないです(苦笑)。

-お二人もまた、女性からの憧れの的になっていると思いますが。

高山 めちゃめちゃうれしいです。

松村 私は女の子が好きで、女性に憧れることも多いので、自分が憧れられる立場になるのは光栄だし、とてもうれしいです。

-映画のタイトルにちなんで、最近のワンダーな出来事を教えてもらえますか。

高山 この間、初めて40度ぐらいの熱を出したんです。でも、人ってすごいですよね。あんなにつらかったのに2日ぐらいたったら元気になって、人間って面白い作りでできているなぁと思いました。

-今、女戦士のように闘いたい相手やライバルなどはいますか。

松村 ガチのライバルは(三期生の大園)桃子ちゃん(笑)。すごい、まいちゃん(白石麻衣)に懐いている…。お母さんを取られたお姉ちゃんみたいな気持ちで、嫉妬しているんです。最近は、どうやってまいちゃんに甘えようか考えています(笑)。

(取材・文・写真/錦怜那)

 本作は、アメコミの女性スーパーヒーロー「ワンダーウーマン(プリンセス・ダイアナ)」が活躍するアクション映画。ダイアナは、自身が住む女性だけの島で助けたアメリカ人パイロットのスティーブから外の世界で起きていることを知り、悪に立ち向かうことを決意する。25日(金)より公開されたが、ワンダーウーマンとスティーブのラブストーリーが描かれており、女性からの支持が高い。ワンダーウーマンのまっすぐで強い姿に、感動した、泣けたという感動の声が上がっている。8月25日より大ヒット公開中。

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「禁門の変で来島又兵衛を討ち取る場面は、大事に演じさせていただきました」泉澤祐希(川路利良)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年7月22日

 ついに明治維新へ向けて動き出した大河ドラマ「西郷どん」。第27回では長州軍と幕府軍が京の町で激突する“禁門の変”が勃発した。その激戦の最中、長州軍を率いる来島又兵衛(長州力)を得意の銃で討ち取ったのが、薩摩藩士・川路利良。以後、西郷吉之助 … 続きを読む

【映画コラム】家族の絆について改めて考えてみたくなる『未来のミライ』

映画2018年7月21日

 細田守監督のアニメーション映画最新作『未来のミライ』が公開された。  4歳の男の子くんちゃん(声=上白石萌歌)に妹ができる。ところが、両親(星野源、麻生久美子)の愛情を妹に奪われたと感じたくんちゃんは、ミライと名付けられた妹の存在を素直に … 続きを読む

“恋愛素人”が朝ドラヒロインのピュアな結婚相手役に「国民に愛されるようになりたい」間宮祥太朗(森山涼次)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年7月21日

 唯一無二の特別な関係だった律(佐藤健)に変わって、鈴愛(永野芽郁)の新たな人生のパートナーとなった森山涼次役の間宮祥太朗。朝ドラヒロインの結婚相手という大役に抜てきされた間宮だが、これまでに出演した作品ではピュアな恋愛をした経験がほとんど … 続きを読む

【2.5次元インタビュー】鳥越裕貴、「すごく新鮮で不思議な感覚」歌手デビューへの思い

アイドル2018年7月20日

 ミュージカル『刀剣乱舞』やLive Musical『SHOW BY ROCK!!』で人気を博す鳥越裕貴が、2.5次元ミュージカルや舞台で活躍する俳優とヤマハミュージックコミュニケーションズによる新しい音楽プロジェクト「Bogland Mu … 続きを読む

【芸能コラム】いよいよ幕末の動乱へ!豪華キャスト総出演の第26回から探る“革命編”の見どころ 「西郷どん」

ドラマ2018年7月17日

 二度の島流しを経験した西郷吉之助(鈴木亮平)が薩摩に呼び戻され、通称“革命編”と呼ばれる新章に突入した大河ドラマ「西郷どん」。次回「禁門の変」の予告には、軍装をした吉之助や、これまでなかった大規模な合戦シーンが登場。美しい風景の中で苦境に … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top