【インタビュー】『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』野村周平「最後のどんでん返しに驚いて」石橋杏奈「疾走感やスリルを体感してほしい」

2017年6月9日 / 16:02

 時効を迎えた連続殺人事件の殺人犯・曾根崎雅人が、事件の真相を語る告白本を出版。素顔をさらして記者会見に現れ、日本中の注目を集めていく。だが、果たしてその目的は…?そんなセンセーショナルな展開が待ち受ける新感覚サスペンスエンターテインメント『22年目の告白‐私が殺人犯です‐』が6月10日から公開される。事件当時の22年前と現代を行き来しつつ、二転三転する物語が疾走感あふれるタッチで繰り広げられる本作。藤原竜也、伊藤英明ら豪華キャストがそろう中、過去編の重要人物を演じた野村周平と石橋杏奈に、撮影の舞台裏を聞いた。

石橋杏奈(左)と野村周平

石橋杏奈(左)と野村周平

-最初に台本を読んだ時と、出来上がった映画をご覧になった時の感想をお聞かせください。

野村 台本を読んだ時も面白かったんですけど、出来上がった映画を見たら、「あぁ、こうなっているんだ」と改めて思いました。こういう心をえぐるような映画は最近なかったので、「早く見てほしい」という気持ちになりました。

石橋 私はサスペンスが大好きなので、台本を頂いた時は、続きが気になって一気に読んでしまいました。そして出来上がった映画はゾクゾクするような音の使い方や疾走感がすごくて、脚本以上に面白くなっていたので、客観的に夢中で見てしまい、本当にあっという間に見終わってしまいました。

-物語の背景として、1995年に発生した阪神・淡路大震災が描かれています。幼かったお二人に当時の記憶はないと思いますが、演技の上で苦労などはありましたか。

石橋 私は福岡に住んでいたので、大きな震災を体験した方は周りにほとんどいません。仕事でお会いする方からお話を聞いたことはありますが、リアルには想像できないところがありました。自分で体験したことがあるのは、一番大きくても震度5ぐらいで、その時の恐怖よりもさらにすごいものであったことをひたすら想像して臨みました。

野村 当時の事は覚えていなくても、東京も東日本大震災でかなりすごいことになりましたよね。僕は高校2年生でしたが、あの時の衝撃は本当に大きかったです。今でも復興作業を進めているぐらいですし…。あと、僕は神戸出身なので、がれきが崩れた場所など、震災の跡が今でも残っているので、それも思い出しました。

-そういうことを踏まえた上で、石橋さんは震災で心に傷を負った役、野村さんはそれを支える恋人役ということで、どんなことを心がけて演じましたか。

石橋 感情の流れがすごく複雑なので、とにかく一つ一つ丁寧にということを心掛けました。ひたすら夢中になって撮っていたという感じで、ハードなシーンも多かったですが、だからこそすごくやりがいを感じる役柄でした。

野村 石橋さんの心に傷を負っているお芝居が本当に素晴らしかったので、そこにいるだけで感情移入できました。むしろ、石橋さんのお芝居を邪魔してはいけないという緊張感があったおかげで、その場面に緊張感が出ました。

-断片的に描かれる過去編は、それぞれの場面で表現する感情が全く異なりますよね。

石橋 バックボーンが壮絶な割に、描かれている部分はそんなに多くないので、毎回、撮影の前にその状況を想像する作業がとても大変でした。それが画面に出ていない時には、監督が「もっと!」と指示を出してくださったり、その時の状況を細かく説明して下さったりしました。

野村 前半は好青年でいようと思いながら、しっかり彼女を支える彼氏役を演じていました。後半は感情が乱れる場面が多かったですが、いろいろと想像を膨らませて感情をマックスまで持って行くことができました。簡単ではありませんが、演じていて面白かったです。

-当時を再現した美術も見事でした。演技の上で役に立ちましたか。

野村 衣装も髪形も、当時を意識したこだわりがすごく感じられたので、演じる上でも助かりました。上京するって、当時はこういうことだったんだなということなども分かって、世界観に入り込みやすかったです。

石橋 私は外見から役に入るタイプなので、今回は時代設定もきちんとしていて、演じやすかったです。メークさんに髪を整えていただいたんですが、その当時の前髪がとても薄いんですよね(笑)。あと、伊藤英明さんが演じる兄のアパートのセットは、私が片付けるということで、ものすごく汚くしてあったんです。それもすごく時代感が出ていて新鮮でした。

-入江悠監督の印象はいかがでしょう。

野村 入江監督の作品に出演するのはこれで3回目になりますが、信頼関係ができているので、やりやすかったです。言葉数が少なくて、本当に重要なことを言うだけで、あとは任せてくれます。

石橋 私は入江監督とは初めてご一緒させていただきましたが、野村くんも言っていたように、本当に重要なことしか言いません。事前に長い説明をされることもなく、カメラを回してみて違うと思ったら、重要なところだけ指示されます。言葉数が少なくてびっくりしたのですが、自分のビジョンがはっきりされている方です。NGの時は「もう1回!」というのも早いですし、オーケーの時は「うーん、オーケー…」ではなく「オーケー!」という感じだったので、演じていて気持ちが良かったです。安心して撮影できました。

-その他、撮影時の思い出などあれば。

野村 現代編の前に過去編をまとめて撮影していただいたおかげで、間が空くことがなかったのでありがたかったです。過去編は16ミリフィルムで撮影したので、「フィルムの交換は、こんなに時間がかかるんだ」などと分かったのも面白かったです。

石橋 フィルムはNGを出すとその分が無駄になってしまうので、緊張感が生まれて背筋がビシッと伸びますよね。あと、私は撮影初日が誕生日だったので、お祝いしていただいたのですが、「初日からすみません」という気分になりました(笑)。でも撮影当日が誕生日だったのは初めてで、とてもうれしかったですし、また忘れられない現場になりました。

-観客には、どんなところを見てほしいですか。

石橋 もう素直に、全部が面白かったので、その疾走感やスリル、ハラハラドキドキする感じを体感していただきたいです。

野村 始めから終わりまで、一瞬たりとも見逃せません。いい意味での裏切りがたくさんあるので、目をそらさずに見ていただいて、最後のどんでん返しに驚いて帰ってほしいです。

(取材・文/井上健一)

(C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

(C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】アメリカ映画の底力を感じさせる『バリー・シール アメリカをはめた男』

映画2017年10月21日

 1970年代、大手航空会社のパイロットとして活躍し、その後、CIAから極秘密輸作戦のパイロットにスカウトされ、麻薬の密輸で巨万の富を得た男。その数奇な人生を、実話を基に映画化した『バリー・シール アメリカをはめた男』が公開された。  トム … 続きを読む

【芸能コラム】クランクアップの現場で感じた作品を取り巻く数々の愛 「おんな城主 直虎」

ドラマ2017年10月16日

 「愛を感じながら撮影することができて、とてもうれしく思っています」  これは、主演の柴咲コウが10月11日、静岡県浜松市内でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のクランクアップを迎えた際にあいさつで語った言葉だ。季節外れの夏日となったこの … 続きを読む

「正信はものの考え方が柔軟で、半分亡霊みたいな人」六角精児(本多正信)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月15日

 草履番としての働きを家康(阿部サダヲ)に認められた万千代(菅田将暉)の下に、後釜として“ノブ”と名乗る中年男がやってきた。自分が小姓になるためには、一人前の草履番に育ってもらわなければと、動きの鈍いノブにいら立つ万千代。だがこの男こそ、か … 続きを読む

「万千代が直政になる過程に、直虎がどう関わっていくのかが楽しみ」柴咲コウ(井伊直虎)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

ドラマ2017年10月8日

 井伊谷が徳川領となり、直虎は農民として暮らす一方、“井伊万千代”と名を改めた虎松(菅田将暉)は、徳川家康(阿部サダヲ)に仕えることとなった。ところがそれは、万千代の養家・松下家を裏切る結果となり、直虎は事態収拾に奔走することに。果たして直 … 続きを読む

【映画コラム】果たして前後篇にする必要があったのか…『あゝ、荒野』前篇

映画2017年10月7日

 寺山修司の長編小説の舞台を、1960年代後半の新宿から2021年に移して映画化した『あゝ、荒野』 前篇が公開された。(後篇は21日公開)。  共に孤独な日々を送る新次(菅田将暉)と建二(ヤン・イクチュン)が出会い、プロボクサーの新宿新次と … 続きを読む

page top