「未熟な直虎が、冷静さや客観性を身に着けて成長していく姿を見てほしい」柴咲コウ(井伊直虎)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

2017年3月26日 / 20:45

 おんな城主・直虎がついに誕生。出家して僧侶として井伊家を支えてきた次郎法師だが、度重なる悲劇によって危機にひんする家を守るため、井伊直虎と名を改め、当主の座に就いた。しかし、その行く手は前途多難。果たして直虎は、次々と訪れる危機をどう乗り越えて行くのか。主演の柴咲コウが、城主となった直虎役に懸ける意気込み、撮影の舞台裏などを語った。

 

井伊直虎役の柴咲コウ

井伊直虎役の柴咲コウ

-ついに城主となりましたが、屋敷の中央、当主の席に初めて座った時のお気持ちはいかがでしたか。

 やった!という感じです(笑)。私は普段から何かをコントロールしたい、プロデュースしたいと思っていて、物事を客観的に見たいという意識があるので、あの席はすごくいいです(笑)。

-あの席に座るまで少し時間が掛かりましたが、待ち遠しかったですか。

 そんなことはありませんが、実際に座ってみたら、見える景色が思い描いていたものとは全然違うと感じました。座る前は、自分がそこに君臨して、他の人を下に見るような意識になるのかなと思っていました。でも実際はそうではなく、いろいろな人の気持ちをくんでバランスを取りながら、探ったり、調整したりする席だということが分かりました。直虎も、最初は怒りを爆発させたりして、自分の気持ちが出過ぎるのですが、徐々に当主の座にふさわしい人物に成長していくといいですね。

-次郎法師から直虎になった時、演技や意識に変化はありましたか。

 直親(三浦春馬)の死を大きな転換期と捉えて、生まれ変わったつもりで演じています。それと、これは皆さん同じだと思うのですが、意識していなくても、装いによって振る舞いが変わるところはあります。次郎法師の時代は、墨染めの身で僧侶の格好をしていました。そのため、修行期間中という感じで、人のために奔走したり、言いたいことをきちんと言うような、核となる部分は変わらないものの、自分の中で考え込んだり、物事を静観することが多かった気がします。城主になった後は、はかま姿で政(まつりごと)を動かしたり、会議に出るようになったりするので、キリッとした気持ちが出てきます。

-大きな転機となった直親との別れの場面は、どのような気持ちで演じましたか。

 無言の帰宅をした直親と対面しても立場上、さめざめと泣くこともできず、独りぼっちでそれをかみ締めざるを得ないという状況でした。ワンシーンで終わる場面ではなかったのですが、人を亡くすという大きな悲しみは他に代え難いものがあるので、場面ごとに気持ちを込めて向き合いました。そこに、怒りというか、なぜこんなことになってしまったんだという憤りが加わって奮起していくのですが、私の中ではすごく納得しながら演じていました。

-城主となった直虎には、次々と難問が降りかかりますが、人の上に立つ難しさは感じますか。

 立場は違いますが、今の自分とすごくリンクします。今まで私は、誰かの相手役のような立ち位置が多く、どう自分がなじんでいくか、どう自分のやるべきことを全うするかというように、自分に重きを置いていたところがあります。でも今は、物語が新たな展開を迎えるに当たって、私自身が出演者やスタッフみんなを盛り上げたいという気持ちが芽生えています。とはいえ、一人っ子気質が出てしまって、どうしたらいいのかと悩んでいるところです(笑)。

-直虎の苦労を実感しているといったところでしょうか。

 直虎も、何も分からない状態で「さて、何をすればいいのじゃ?」と聞くようなところから始まります。とはいえ、一から丁寧に教えてくれるお世話係がいるわけではないので、少しずつ模索していくことになります。みんなのテンションを高めて、楽しくやっていくように先導できればいいですね。

-幼なじみの小野政次(高橋一生)との関係も変化していきますが、そのあたりはいかがでしょう。

 未熟な直虎は、賢い政次に付け入られて「なぜそれを先に言ってくれないのか」というようなことが続きますが、次第に上手だと認めざるを得なくなります。そういったことを重ねて直虎が成長していく一方、政次も拭い去れない宿命を背負って独りで生きている。でも、少したつと2人の関係が大きな変化を迎えることになります。そこは、政次役の高橋一生さんと、魂をぶつけ合って体当たりのお芝居ができたと思うので、楽しみにしてほしいです。

-撮影が始まって半年以上が経過しましたが、今のお気持ちはいかがですか。

 あっという間でした。始まる前は、1年という今まで体験したことのない期間で作品に取り組むことに心配はあったのですが、本当に楽しく、和気あいあいとやっています。それが画面からも伝わるといいですね。

-去っていく出演者もいれば、新たに加わる出演者もいますが、そのあたりはどのように感じていますか。

 長期間やっていると、中だるみとまではいかなくとも、どうしても自分の中で慣れが生じる部分があります。でも、新しい人が来ると新しい風を運んできてくれるので、また新しい緊張感が生まれます。そうすると、また私もいろいろ表現したいなと感化されるので、いい感じになっています。

-それでは最後に、城主になった直虎のどんなところを視聴者の方に見てもらいたいですか。

 まだまだ未熟ですが、ただやみくもに突き進む人ではなく、その中でひらめきや打開策を見いだす力はある人なので、少しずつ冷静さや客観性を身に着けて成長していく姿を見てほしいです。それと、直親の現身(うつしみ)として、井伊のため、みんなのために生きるんだという思い。最初から変わらないその気持ちを貫いていくところでしょうか。

(取材・文/井上健一)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【2.5次元インタビュー】西銘駿、舞台「ダンガンロンパ3」主演に「ワクワクが大きい」

アイドル2018年7月16日

 「ダンガンロンパTHE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜」(初演14、再演16)、「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE〜さよなら絶望学園」(初演15、再演17)に続く、舞台化シリーズ第3弾となる「ダンガンロンパ3 THE … 続きを読む

「僕と小栗さんの関係が、西郷さんと坂本龍馬に似ていると思いながら演じています」鈴木亮平(西郷吉之助)【「西郷どん」インタビュー】

ドラマ2018年7月15日

 吉之助が島から召還され、物語が大きく動き始めた大河ドラマ「西郷どん」。京に上った吉之助は、坂本龍馬(小栗旬)、勝海舟(遠藤憲一)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)、桂小五郎(玉山鉄二)といった英傑たちと出会い、明治維新に向かって突き進んでいく。通称 … 続きを読む

【映画コラム】オリジナルへの回帰的な側面もある『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

映画2018年7月14日

 前作『ジュラシック・ワールド』(15)から3年後を舞台した『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が公開された。  恐竜たちが放置されたままのイスラ・ヌブラル島の火山が噴火の兆候を示し始める。恐竜たちを見捨てるのか、保護するのかの議論が行われ … 続きを読む

【2.5次元インタビュー】佐奈宏紀&長江崚行、バカリズムが描く「ひらがな男子」は「新しい波の中にある作品」

アイドル2018年7月13日

 日本テレビで放送中のバラエティー番組「アイキャラ」で、バカリズムの原案によって生まれた、ひらがなを擬人化したキャラクター「ひらがな男子」。ゲームアプリ、そして劇場版上映とメディアミックスで展開される中、7月20日からは舞台版が上演される。 … 続きを読む

劇中映画も自ら撮影!映画監督役に感じる「大きな必然」斎藤工(元住吉祥平)【「半分、青い。」インタビュー】

ドラマ2018年7月9日

 漫画家の夢破れた鈴愛(永野芽郁)の新たな人生を描く「人生・怒涛 編」で、鈴愛が出会う“魅惑のだめんず”の一人で、いっこうに新作が撮れない芸術家肌の映画監督・元住吉祥平を演じる斎藤工。今年公開された初の長編監督映画『blank13』で映画監 … 続きを読む

page top