「本当に私でいいのかな…」有村架純(谷田部みね子)憧れの“朝ドラヒロイン”直接オファーに驚きと不安 【ひよっこ インタビュー】

2017年3月27日 / 05:28

 NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロイン役に、直々のオファーで臨む有村架純。2013年放送の「あまちゃん」で、ヒロインの母の少女時代を1980年代アイドルの風貌で好演してブレークし、今では日本アカデミー賞など数々の映画賞を受賞する実力派女優に成長した。そんな有村が、異例の大抜てきで挑む本作に込めた思いや撮影エピソードを語った。

 本作は、東京オリンピックが開催された64年から始まる物語。高度成長期の中、集団就職で上京した“金の卵”(若年労働者)のヒロイン谷田部みね子が、仲間との絆、切ない恋、人々との出会いと別れを生きる力に変え、自らの殻を破って成長する、波瀾(はらん)万丈の青春記だ。

 

主人公の谷田部みね子を演じる有村架純

主人公の谷田部みね子を演じる有村架純

-“朝ドラ”のヒロインはオーディション選考が通例ですが、直接オファーを受けた時の心境は?

 すごくびっくりしました。朝ドラのヒロインに憧れていましたが、こういう形で出演できるとは想像していなかったので信じられなかったし、本当に私でいいのかな…、「えっ?」と思う方もいるだろうな…と思うと不安は大きかったです。

-その不安をどう払拭しましたか。

 徐々に主演することを実感していき、(プロデューサーの)菓子(浩)さんや監督とお話しする中で不安が取れて、やるからには絶対に良い作品にしたいという思いがこみ上げてきました。どの作品も(役としての)第一声でキャラクターのイメージが決まるので、最初のシーンは毎回緊張しますが、今回は第一声からみね子の感じが出せたので、今はそれを信じて前向きに毎日楽しくやっています。

-みね子は農家で生まれ育ち、集団就職で上京してたくましく生きていく女性ですが、役づくりはどのようにしましたか。

 農家の娘役なので、普段は低糖質の食事ですが、クランクインの2カ月ほど前からお米を食べていました。米が持つ力とおいしさでパワーがあふれ、みね子もこうやって生活しているんだな…と感じました。今は、みね子の年齢によって体形を変えたいので、分からないかもしれないけど減量しています(笑)。

-性格に関する役づくりもされましたか。

 素直で少し抜けているところは、計算ではなくて一生懸命故の空回りだと思うので、考え過ぎずに感じるまま、(劇中の)家族や仲間からもらう気持ちを大事に(せりふの)キャッチボールをしています。それと、みね子は受け身で、他の方のせりふを受けて反応することが多いので、目の演技だけでなく顔や体を使って、少しオーバーにリアクションするように心掛けています。

-「あまちゃん」では岩手弁、本作では茨城弁を使っていますが、方言を話す上で苦労はありますか。

 「茨城弁は抑揚があると東北なまりになるので平板に」と指導を受けています。でも、語尾を上げるか上げないか、濁点が付くか付かないかの違いがいまだに分からなくて…。ただ、感情を優先して輪郭を付けずに流れるように話すようにしています。

-父・実役の沢村一樹さん、母・美代子役の木村佳乃さんとの家族のシーンで印象的なものを教えてください。

 最初に撮影した稲刈りのシーンは、初めて家族として演じたのにやりづらさが全くなく、その瞬間から家族になっていました。佳乃さんはいるだけで現場が明るくなって、みね子が大好きな美代子そのもの。理想の母親像です。

-上京して働くトランジスタラジオ工場での仲間とのシーンはいかがですか。

 茨城編から東京編に舞台が変わる時は雰囲気がつかめなくて不安でしたが、今は乙女寮(工場の女子寮)の6人(佐久間由衣、松本穂香、藤野涼子、小島藤子、八木優希、和久井映見)がほっこりしてかわいいし、一緒にいられるのが楽しくて、ずっと乙女寮のシーンだったら…と思います(笑)。

-ご自身も兵庫から上京されていますが、上京前後での変化や殻を破る瞬間などはありましたか。

 東京に知り合いがいなかったので緊張や不安はありましたが、それよりも仕事や新しい事が始まることにワクワクしました。上京後は、人との出会いが影響して自分と向き合うようになり、ポジティブにもなりました。殻を破ったのは二十歳になった瞬間。お芝居に対してこれじゃ駄目だと思っていたので、さらに頑張る覚悟を決めた年齢でした。

-友人であり朝ドラのヒロイン経験者の高畑充希さん(「とと姉ちゃん」)、土屋太鳳さん(「まれ」)からアドバイスはもらいましたか。

 充希は「とと姉ちゃん」がクランクアップした時に「お疲れさま」と連絡したら、「疲れたし大変だったけど、終わった後に見られる景色はすごく美しいよ。だから無理せず楽しんで」と言ってくれました。10カ月を乗り切った彼女の言葉には説得力があるし、私も終わった後の景色を目指して頑張ろうと勇気づけられました。太鳳ちゃんは、体調を管理するよう言ってくれて、「しんどくなったら太鳳がNHKに架純ちゃんを励ましに行くから、いつでも言ってね」という言葉をくれました(笑)。

(取材・文/錦怜那)


特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「東京オリンピックの聖火リレー最終ランナーという重要な役。プレッシャーを感じています」井之脇海(坂井義則)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年12月8日

 いよいよ大詰めを迎えた「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」。次回、最終回でついに田畑政治(阿部サダヲ)らの悲願であった1964年東京オリンピックが開幕する。その開会式の見せ場となる聖火リレー最終走者に抜てきされたのは、広島に原爆が … 続きを読む

【インタビュー】「本気のしるし」土村芳「オーディションに受かったときは驚きました」深田晃司監督「男をドキッとさせるようなせりふを、土村さんはナチュラルに言ってくれた」唯一無二のヒロイン誕生の舞台裏!

ドラマ2019年12月6日

 虚無的な日々を送る会社員の辻一路(森崎ウィン)はある日、葉山浮世という女性と出会う。だが浮世には、無意識のうちにうそやごまかしを繰り返し、男性を翻弄(ほんろう)する一面があった。そんな浮世にいら立ちながらも、なぜか放っておけない辻は、次第 … 続きを読む

【2.5次元】松岡充「華やかで優しくて男らしいステージをお届けしたい」 舞台「私のホストちゃん THE LAST LIVE」~最後まで愛をナメんなよ!~ インタビュー

舞台・ミュージカル2019年12月6日

 人気モバイルゲームからドラマ化、そして2013年には舞台化された「私のホストちゃん」。ホストのきらびやかで厳しい世界を、歌やダンス、実際に観客を口説くシーンなど、臨場感あふれる演出で描き、大きな話題を呼んだ作品だ。以降、シリーズ化され、こ … 続きを読む

【映画コラム】1980年代の車とヒット曲が彩る『ジョン・デロリアン』と『ラスト・クリスマス』

映画2019年12月3日

 1980年代の車とヒット曲が彩る2作が、今週末に相次いで公開される。まずは7日公開の『ジョン・デロリアン』から。  『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)でタイムマシンに改造されて登場し、世界的に有名になったデロリアン。この伝説的な車 … 続きを読む

【インタビュー】映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ジェイコブ・バタロン「ネッドを演じる上で大切にしていることは、ピーターとの関係を一番に思っているというところ」 

映画2019年12月3日

 『アベンジャーズ』シリーズのサノスとの最終決戦から8カ月後の世界を描いた『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』。本作でトム・ホランド演じるピーター・パーカーの同級生で、親友のネッドを演じているジェイコブ・バタロンに、世界中で人気のある … 続きを読む

page top